今こそ日本は台湾を見習うべきでしょ

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も会社帰りに、ちょっと足を延ばして2段野池に行って来ました。
下はマッディ、上はクリアな野池なんです。
ただこの2段野池にはギルが大量にいるもんですから、ソフトルアー
は使用出来ないんです。
ってことで、渓流用に製作したプチクランクで釣り開始。
下の池ではノーバイトだったんですが、上の池ではヒット!
でもバスじゃない・・・。
20cm近いギル・・・。
結局、この1匹だけで終了。
バスはどこにいるんだろう?
改めて作戦の練り直しです。

本日、最初の記事はこちらから↓
味噌汁に「意外と」あう食材は? 1位にまさかの「トマト」
(おたくま経済新聞 2018/5/25 16:19 配信)

早速試してみましたが、私の口には合いませんでした。
やっぱ味噌汁には根菜かキノコ類がが合うんじゃないのかな。
ちなみに個人的には、ナメコの味噌汁が大好物です。

お次の記事はこちら↓
日本の近畿地方で地震、「日本が必要とする支援を行う用意あり」
(TAIWAN TODAY 2018/06/19 配信)

いち早く台湾総統がメッセージを発信しているんですよ。
何で日本政府・企業は、これに応えないんでしょうか?

そしてこの記事↓
外交部、中国当局の海外の航空会社への圧力は「粗暴な干渉」
(TAIWAN TODAY 2018/05/28 配信)

本当に台湾はブレてないな~、って思う文言がこちら↓
「外交部は国際社会に対し、道徳、勇気、正義といった原則にのっと
り、政治力をもって国際的な商業、貿易行為や企業の経営に介入す
るという中国の悪しき行為に対抗するとともに、中国の道理のない要
求に軽々しく屈することがないよう強く呼びかける」
この呼びかけの中には、日本の航空各社も含まれてるんです。
台湾にここまで言われても、日本の航空各社は中国に媚を売るん
ですかね?
日本国があっての航空各社でしょうに・・・。
中国に日本が占領されたら、こんなことでは済まないでしょうに。
何でこんなことも分からないんだろう?

このことに関する証拠の記事がこちら↓
JALとANA、「中国台湾」と表記=中国大陸・香港向けサイト、外交部が抗議
(フォーカス台湾 2018/06/19 15:40 配信)

つまりJALとANAは、中国に媚を売っちゃった訳です。
親日国よりも、利益優先で反日国に媚を売るんですよ。
個人的には、これらの経営陣には「国家」という存在そのものが
欠落しているように思えて、仕方がありません。

それに比べて台湾はどうでしょうか?

親日国ではありますが、台湾の国益に反することに関しては、
しっかりと抗議をしています。
これって国策に対して、しっかりとしたスジが通っていることの、
表れでしょ!
台湾国民は、これらの発言を聞いてどのように感じると思います
か?
間違い無く、「台湾」という国を「誇り」に思うんじゃない。

ここからは妄想の領域になっちゃうんですが、米国は台湾のこの
ような礎ができつつあることを見越した上で、「台湾旅行法」を成立
させたんじゃないのかな。

台湾は戦前の日本から色々と学びました。
現在の日本は、台湾から学ぶべきことが多いんじゃ無いのかな。

●●●追伸●●●
JALもANAもなんですけど、「遵法」さえしていれば、反日行動に
出てもいいんでしょうか?
法律さえ守れば、反日的なことをやっても許させるの?
そうだとしたら、法律が「間違っている」んです。

何で気が付かないんだろう?

一方的過ぎかな・・・。

ただ台湾の外交部が、「中華民国」って表現をしていることは
賛成出来ませんけどね。
「台湾国」でしょうに。

この記事へのコメント