米露首脳会談は日本には順風、中国には逆風、EUには無風かな

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

いや~、暑いですね~・・・。
ってな訳で、お仕事終えて釣り仲間とホテルの屋上にあるビアガー
デンに行って来ました。
しかし、お客はまばら。
おかげで注文しても、すぐに出て来るので、こちらとしては嬉しい
限りなんですけどね。
勿論、釣りの話がメインなんですが、ひょんなことから
「日本も核武装すべきか?」
って話題になっちゃいました。
色々と意見が飛び交いましたが、個人的な結論としては、賛成と
か反対、って言うより「無理」なんじゃない?ってことです。
だってミサイル防衛すら出来ていないんだから、陸地に核なんて
配置出来る訳がありません。
当然ながら空中なんてもっと無理なんだから、保有するなら海中
しか無いんです。
でも海上自衛隊に核ミサイル搭載可能な潜水艦ってありました?
例え存在したとしても、海上自衛隊はその潜水艦を全力で護衛し
ないといけないんですよ。
現在の自衛隊の予算で、そこまで維持することは不可能なんです。
だから「無理」ってことになるんです。
このことを話してからは、収集がつかなくなっちゃいました。
余計なことを言っちゃったかも・・・。
でもね、こんな白熱する議論ってこれはこれで楽しんですよ!

本日最初の、色々な意味でワクワクする記事がこちら↓
はやぶさ2、小惑星リュウグウに到達。鮮明な姿が明らかに
(HUFFPOST 2018年06月27日 12時49分 配信)

確かに世界中がサッカーで盛り上がっていますが、個人的には
この記事の方が遥かに盛り上がっています。
とにかく岩石を採取して、無事に戻って来て欲しい。
より確実性を担保するのであれば、予備探索機の打ち上げって
ことも考えて頂きたいものです。
それだけ貴重な「サンプル」なんですよ、これって。
ってなことを考えていたら、私の中の暗黒面の囁きが・・・。
「予備探査機に推進ロケットを搭載しちゃえ!」
核なんか比較にならないくらいの兵器が誕生しちゃうんです。
但し、小惑星の軌道を確実に制御出来れば、のお話です・・・。
これって暴想を通り越して、頭が変になりつつある領域なんです
が、地球周回軌道に乗るまで制御出来れば、その後は周回軌道
から外れないように制御すればいいんです。
ここまで暴想して、我に返りました。
「おまえはSF作家か!」
違うやん!!!
でもね、とある国家なんかこのような構想を持っているかもしれま
せんよ。

お次も非常に考えさせられる記事なんです↓
「欧州にとって悪夢」 独メディア、トランプ・プーチン両大統領の取引可能性の評価掲載
(SPUTNIK日本 2018年06月28日 14:58 配信)

EUの帝国と言われているドイツの新聞社が、如何にも書きそう
な記事内容になっていると思いませんか?
初めにこの文言↓
「米国のこのような決定は米国の軍事機構を弱体化させる可能性
がある」
NATOって米軍主体の条約機構なんです。
しかしEUは米国のイラン核合意離脱に反発し、今後も核合意を
継続する、って言っちゃってるんです。
こんなの、トランプ大統領がEUから離れていくのは当然じゃないん
ですかね?
何でここまで反発されてまで、NATOを継続させなアカンの?って
普通なら考えるでしょ。

そして現在のEUの弱体化を如実に表している文言がこちら↓
「両指導者の交渉の結果、対ロシア制裁が緩和されることになれ
ば、欧州も経済的制限措置を解除しなければならなくなると主張し
ている」
結局ね、米国頼みってことじゃん、これって。
EUのみでは、
「ロシアを押さえ込むことは出来ません!」
って、宣言してんのと同じやん。

そして最後にこの文言↓
「ロシアのウシャコフ大統領補佐官が、露米両政府が第三国での
プーチン・トランプ両大統領の会談について合意したと発表した」
既に米国内でのロシアゲート疑惑は、もりかけと同じく何の証拠も
ありませんよ、ってことが明確になったんでしょうね。

このトランプ大統領の外交は「見事!」、の一言なんじゃない。
「俺に反発するんなら、何ぼでもかかってこいや~!」
そのものじゃないですか。

こんな国家郡のために米国の税金を使う理由がどこにあるの?
って考えてみると、トランプ大統領の意図も理解し易いんじゃな
いのかな。

「アメリカファースト=一方的に米国を頼るな!」
って、思えて仕方が無いんですけどね。

でもね、米露の大統領が何らかの合意を発表しようもんなら、
安倍首相の株は、益々上がるんじゃないんでしょうか。

中国の習近平氏にとっては、この米露合意自体が悪夢の始り
になるかもしれません。

最後にイランの思うところを見てみたいと思います↓
国連安保理の会合、核合意を巡ってアメリカが孤立
(ParsToday 2018年06月28日18時58分 配信)

今一度、皆様方もお考え頂きたいんです。
イラン核合意の内容を(2015年7月締結)・・・。
ざっとこんな感じかな↓
①核兵器に利用可能なウランやプルトニウムは、15年間生産しない
②これまで貯蔵していた濃縮ウランを3%台まで削減
③遠心分離機を10年間は、6千機程度に制限
皆様方も、今一度「イラン核合意」の内容を精査してください。
ある一定の期間が過ぎれば、イランは大手を振って核開発が出来ま
すよ、っていう合意文書なのは一目瞭然でしょ。
国際社会と国家という概念から考えてもね、一定期間だけ我慢すれ
ば、その後は核開発してもいいんだよ~、ってね、こんな合意が存在
する世界を束ねようとしている機関こそ、「国連」なんですよ。

この記事の中でも、どうでもいい文言がこちら↓
「2016年1月以来、IAEA国際原子力機関は11回の安保理への報告
の中で、イランが核合意を遵守していることを認めている」
当たり前やん、こんなの!
数年辛抱すれば、晴れて核開発が出来るんですから。

そしてこの文言↓
「アメリカのヘイリー国連大使は、証拠を提示せずに、イランは今も、
安保理決議2231への違反を続けていると主張しました」
これってね、イラン核合意の内容そのものが証拠でしょ。
この文言を見ても、国連がどれだけ腐敗しているか、ってこと。

次の文言が意味深ですよね~↓
「ロシアのネベンジャ国連大使は、ヘイリー大使の発言とグテーレ
ス事務総長の報告を受け、「この報告がアメリカの一方的な行動
の表面しか扱っていないことは大きな驚きだった」と語りました」
アメリカの一方的な行動=イラン核合意離脱
ってことなんだから、その「表面しか扱っていない」って文言は、一体
何を意味しているんでしょうかね?
ってことで、その答えが次の文言なのかな↓
「安保理決議2231の実施に関する報告が、アメリカ政府による対イ
ラン制裁の一方的な復活にまったく触れていないことは理解したが
い」
最後の日本語がちょっと間違っていますが、原文そのままで。
ロシアにとっても、米国の経済制裁は大打撃な訳で、暗に非難し
ているんでしょう。
そしてこの文言↓
「この問題は、アメリカの核合意における取り決め違反である上に、
安保理決議2231への違反でもある」
米国が遵守を約束するから「違反」なんであって、離脱しちゃえば
「違反」って言葉自体が存在しなくなるんです。
何となくですが、ロシアが援護射撃をしているように思えてならない
のは、気のせいなんでしょうか。
だって米露首脳会談が決定したんですから。

でもって、EU国連大使はっていうと↓
「ヨーロッパとその他のパートナー国は、核合意を維持するために
最大限の努力を行うとし、「ヨーロッパは、今後も、イランとの貿易を
続ける上で可能な方法を検討する。ヨーロッパは、イランとの貿易の
ための早急な解決策を見出そうとしている」と述べました」
出ましたね~、
最大限の努力!
検討する!
見出そうとしている!
なす術が無い、って言っちゃってますよ。
米国のイラン核合意離脱には反対するけど、だからといってEUは
何も出来ません、って言ってるだけやん、これって。

こんなことだから、中国の手玉に取られるんです。
最近は少し変わって来たみたいですけど・・・。

EUを見れば分かりますように、国家による共同体には限界があるん
じゃないのかな?
理由は単純で、「自国ファースト」が存在するから。
真のEUを目指すのであれば、「国」を捨てて「州」とか「県」になり、
その上でEUという「統一国家」を作らないとダメなんじゃない。

企業にグローバリズムは必要なのかもしれませんが、国家には不要
なものだと思います。

●●●追伸●●●
おまけにこの記事↓
来月16日に米ロ首脳会談=訪英後、フィンランド首都で
(時事通信ニュース 2018-06-28 21:55 配信)

シリア情勢って述べていますが、トランプ大統領の中東における
最大の関心事は「イラン」です。
ウクライナ問題って述べていますが、これはEUとロシアの問題で
あって、当時の米国もここに一枚絡んでいただけのこと。
しかしトランプ大統領はEUに寄り添うつもりは無さそうです。

ってな風に考えると、
中東においては、イラン潰しに協力しろよ!
ウクライナ問題は、ロシアとEUで解決しろよ!
その代わり、中国潰しに協力しろよ!
協力してくれるんだったら、経済制裁を緩めてもいいよ!
ってな感じになりそうです。

非常にポジティブな妄想であることは、十分に承知しているつも
りです。

でもね、こんな風に情勢が変化していくと、安倍首相が思い描く
「中国包囲網」の大半が、完成することになっちゃうんです。

そうなれば、中国の日本急接近が益々過激になりますよ。
習近平氏が作り笑顔を振り撒きながら・・・。

騙されちゃ~、ダメですからね。

この記事へのコメント