本当に無題なんです。「うつ」ってなんなの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も会社帰りに近くの野池に行って来ました。
ただ見てビックリ!
水深が1m近くも下がってるんです。
歩いて一周出来そうな感じ。
ただ水がメッチャ温かい・・・。
これじゃ~、バスも熱中症になっちゃって、とてもじゃないけど動け
ないものと思われます。
とりあえずルアーを投げてみましたが、反応はゼロ・・・。
雨乞いでもやんないと、このままだとマズイですね~。

ってな訳で、本日最初の記事はこちら↓
「全世界の子供が思っている大人への不満」がグサグサ心にささる人続出
(おたくま経済新聞 2018/7/3 16:38 配信)

タイトルはちょこっと大袈裟かな~とも思いましたが、内容に関して
は思い当たる節が、確かにありますよね~・・・。
ある意味、モダスポーネンスなんじゃないのかな。
例えばザックリと記述するとこんな感じかな↓
大前提として、
「行動」=「同じ」
があります。その上で、
「子供の行動」=「否定」
「大人の行動」=「肯定」
「肯定」=「否定の逆」
故に↓
「大人の行動」=「子供の行動の逆」
だからこそ、まとめにある↓
「大人は人の事(子供の事)いえない!」
が、導かれているように思えちゃうんですけどね。
ただこの言い回しはモダスポーネンスにはなtっていませんけど。

この記事の重要なポイントはこれ↓
「「自分は大人だから」と見下ろすばかりでなく、子供の目線に立っ
てみて、「これは自分が言っても説得力ないわ」ってところに気が
付けるようになると」
これは家族だけじゃなくて、社会にも通用する考え方でしょ。
昔の日本って、周囲の大人が全員親みたいなもんだったんです。
そこには
「近所の大人に叱られる」=「愛情」
って図式が存在したから。
でも現代は、
「近所の大人に叱られる」=「嫌がらせ」
みたいな風潮になっちゃってますよね。
親自身が気付けない点を、近所の大人が「代わり」に叱っていた
のにね。

これが続くと、益々「和」の心を持つ日本の子供がいなくなっちゃ
いそうです。

お次の記事はこちら↓
生活保護受給世帯の子、大学・短大進学率は2割弱 受験勉強は「学校の教材利用しひとりで」が最多
(キャリコネニュース 2018.7.4 配信)

この記事を読まれて、どのように思われますか?
極端な例なんですけど、
「親父が死んじゃって、お袋も脳梗塞で体を動かせない」
ってな状況だと、生活保護も止むを得ませんよね。
でも現実問題として、どうなの?
「生活保護制度」自体は、何も問題無いと思いますが、でもね、
「抜け穴」が多過ぎるでしょうに・・・。
働きたくても働けない家族に給付するのは当然です。
しかし、何で外国人にまで給付するの?
現実にそぐわないでしょうに。
厚労省のこんなデータが、何の役に立つんでしょうか?

最後の記事はありません。
本日の他部署の出来事をちょこっとだけ・・・。

部署内配置変換で「うつ」になっちゃった方がいるそうなんです。
ほんでね、配置変換の理由がこれなんです↓
「怒鳴り散らす!」
だから、皆が嫌がっちゃたんです。
ってことで、部署内配置変換を実施した結果、「うつ」ってこと。
これをどのように考えますか?

個人的な意見を言わせて頂きますと、
「怒鳴る!」
ことで、ストレスを発散していたんじゃないのかな?
でも配置換えで、
「怒鳴る」
ことが出来なくなった。
結果として、ストレスが発散出来ずに「うつ」になった。
「うつ」になるってことは、配置変換された部署がメッチャ気に入ら
ない、ってことですよね。
もしくは、「自分の思い通りに事が運べない」ってことでしょ。

これって、子供の考え方なんです。

最初の記事jに出しましたように、大人の論理は子供に対しては、
意味を成さないんです。
しかし、大人が子供の論理で生きようとすると、必ず大人の論理
に阻まれます。
だから、「うつ」になるんです。
自分勝手な「自分ファースト」が出来ないから・・・。

この「自分勝手な自分ファースト」の申し子こそ、「子供」なんです。
そこには、「やった後の結果が見えない」ってこと。
「やった後の結果が見えない」から、目先だけの選択に頼ることに
なっちゃうんです。

個人的には、「因果関係の欠如」ってな風に考えています。

大人がこれじゃ、子供は育たないんじゃないのかな?

だって子供の大人が、子供を育てるんですよ!

●●●追伸●●●
申し訳ありませんが、ここからは個人的な妄想の世界に入ります。

「とにかく読書しろよ!」

ってのが、個人的な結論なんです。

理由は至って単純で↓
「事実・現実以外」の情報から、その本にしかない情報を元に考えを
思い描くことが出来るんですから。

読書でその世界に入り込んだ方々が、現実世界でも同じ思考を繰り
返しますかね?

この一線を越えた「うつ」の方々が、暴れているんじゃないのかな?

この記事へのコメント