米露首脳会談から見た、日本の進むべき道

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

ここしばらくはこの言葉が続くんでしょうね~・・・。
「とにかく暑い!」
完全に夏バテ状態で、思考能力が極限まで落ち込んでいる、今日
この頃です。
何かね、考えが全くまとまらないんです・・・。
それでなくても「支離滅裂」なのに、さらに思考能力が落ち込むと、
「多支離多滅裂」ってな状況になっちゃいます(こんな日本語はあり
ませんけどね)。

ってな訳で、本日は気を取り直してこちらの記事から↓
トランプ氏がプーチン大統領をワシントンに招待 対話拡大が目的
(SPUTNIK日本 2018年07月20日 15:21 配信)

この記事のポイントはこちらでしょう↓
「トランプ氏はCNBCテレビからの取材に対しては、プーチン氏との
交渉後、関係改善ができなかった場合、自分はロシア大統領の「最
悪の敵」になる」

ここでさらに注意したい言葉が「関係改善」なんです。
当然、米露関係なのは当たり前ですが、さらにその奥にもう1つの
関係が含まれているように思われます。

この関係改善という言葉を読み解くヒントになりそうなのがこちら↓
トランプ氏の支持者にも衝撃 米ロ首脳会談
(BBCニュース 2018年07月17日 配信)

この記事の最大のポイントがこちらの文言↓
「トランプ氏たちにとって今回の首脳会談は、世界の2大核保有国が
関係を改善するため、より大きい取り組みの始まりとして位置づける
べきものなのだ」
この「より大きい取り組み」って何だろう?って思いませんか?

個人的に妄想している取り組みってのが、こちらになります↓
①核軍縮
②ロシアゲート
③ウクライナ
④シリア
⑤イラン
⑥中国・北朝鮮

そこで、初めにこの記事から↓
米露首脳、露の米大統領選干渉疑惑の捜査批判で足並み合わせる トランプ氏「魔女狩りだ」 プーチン氏「ばかげている」
(産経ニュース 2018.7.18 00:58 配信)

とにかくプーチン・トランプ両大統領ともに、「ロシアゲート事件」に
対しては、真っ向から否定しています。

そして「核軍縮」に対しては、今後も取り組むそうです。
つまり①と②は、「より大きい取り組みじゃないってこと。

ってことで、注目すべき文言がこちら↓
「ロシアによる14年のウクライナ南部クリミア半島併合に関しては、
双方の見解の相違は埋まらなかった」
つまりウクライナに関しては、取り組むべき事じゃないってこと。
これが「より大きな取り組み」になるかどうか?

お次はこちらの記事↓
米大統領選介入、ロシアに同調=トランプ氏「捜査は災難」―首脳会談で成果なし
(時事通信ニュース 2018-07-17 05:41 配信)

この記事のポイントがこちら↓
「シリア問題では、米ロ両軍の偶発的衝突の回避に向けて協力する
ことで一致しただけだった」「

これは当然の帰結でしょうね。
だってね、
ロシア=アサド支持
米国=反アサド支持
なんですから。
ってことで、これも「より大きな取り組み」になるかどうか?

そして⑤に関しては、EU、ロシア、中国などが米国に猛反発7して
いる状況でしょ。

ここまで考えてみると、「より大きな取り組み」って⑥しか無い、って
思いませんか?

確かにロシアは核保有国のトップ3に入りますが、GDPだけで見れ
ば、韓国にも劣る国家なんです。
ロシアとしては、自国のGDPを増やしたいのは当たり前。

ってことは・・・。

トランプ大統領とロシアとして許せる範囲で、同調することができ
れば、「制裁措置」の緩和に持っていける可能性が十分にあるっ
てことになります。
これはロシアにとっては、非常に「メリット」に成りえます。

結論から申し上げますと、米露首脳会談の真の目的は、
「中国・北朝鮮潰し」
なんじゃないのかな、ってこと。
これこそ「より大きな取り組み」なんじゃないの。

トランプ氏もプーチン氏が中国潰しに協力してくれるんなら、極端
な話ですけど、シリア、ウクライナ、イランの問題は多めに見ても
構わんぞ!ってな勢いがあるように感じます。
単純位考えて下さい↓
中国潰す→北朝鮮も潰せる→イランへの北朝鮮からの武器供与・
技術供与も無くなる
最も理に適った外交政策なんですよね。

プーチン大統領は我が道を行けるんでしょうか?

今後は、目が馳せませんよ。

●●●追伸●●●
トランプ大統領の「中国潰し」は、「ガチ」って考えて間違っては
ないと思います。

んじゃ、日本はどうすりゃいいの?
って思いませんか?

このような場合は、中国の立場に立って考えると、非常に理解し易
いと思います。
中国にとって、ジャマになる関係を潰していくことしか無いやん。
日米同盟
でしょ!
まあ~、ここには日露関係も含まれると思いますけど・・・。
間違っても、日韓関係は含まれないでしょうね。
だってね、中国ベッタリの韓国に関係修復をしてどないすんの?
北朝鮮からは、米国に媚びを売る国家、とか言われてるんですよ。

日本が行く道は、米露との関係をさらに強固なものにしていくこと!
しか、無いんじゃないのかな。

対中政策においては、
「中国が嫌がること」
「中国が容易に動けなくする状況」
を、しっかりと構築すること、なんじゃない。

憲法8条を改正すれば、日本は戦争に向かいますか?
断言しますけど、「戦争」に向かう日本国民なんか、一人もいま
せんよ!

だったら中国が日本に攻めて来てもいいの?

日本国民は何にもしないの?

中国のやるがままなの?

その結果、チベットやウィグルみたいな虐待を受けるの?
そして虐待を受けたく無いから、中国に願えるの?

日本の先人とまでは言いませんけど、せめてね、祖父とか祖母
が必死に守ってきた日本を、孫が守らんでどうすんの!

個人的な感想であり妄想なんですが、米露首脳会談は「成功」
だったと思いますよ。

日本外交の行くべき道を、非常に端的に示してくれてるやん。

この記事へのコメント