イラン・北朝鮮、米国の外交は一貫してんじゃない

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は仕事も定時で終わりましたので、さっさと野池に行って来ま
した。
しかし、忘れていました「夏休み!」。
子供バサーだらけ・・・。
しかも私より良い装備でね・・・。
ってことで、本日はウォッチングに徹したんですが、やっぱワームが
多いですよね。
プラグを使う子供バサーは、殆ど見掛けませんでした。
ベイトフィネスもそうなんですけど、最近の主流はワームなのかな?
プラグの方が、絶対に楽しいんです7けどね!

ってな訳で、本日最初の記事はこちら↓
東京都民が行ったことのない関東の県1位「茨城県」 群馬と栃木の位置を間違える人は3割以上に
(キャリコネニュース 2018.7.30  配信)

この記事のポイントは、この記事の東京都民が「生まれも育ちも」な
のかどうかじゃないのかな。
ここが違うと、この記事の内容も大きく変化しちゃいます。
つまり、この記事の内容が「東京都民の声」にならない、ってこと。
記事の内容そのものには、興味深いものがありますけどね。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
イラン、改革派のムサビ元首相らの軟禁を解除 家族証言
(AFP BB NEWS 2018年7月29日 20:31 配信)

確かにPars Todayを見ても、この記事は出ていませんでしたので、
あくまでも情報という括りになるんでしょう。
でもね、何でこの時期に、って思いませんか?
1つは、イラン国内情勢が悪化しつつあるんじゃないのかな?
つまり、イラン国民の不満が増大しつつあるんじゃない。
この国民の目を反らすため、ってな風に考えられます。
2つ目は、何となくなんですが、米国に向けたメッセージのように
思われます。
以下の表現が正しいのかどうかは分かりませんが↓
「イランは保守派尊重、改革派蔑視をやらない」
見たいなもんでしょうか。
イランにとって最も脅威なのは、「国民の怨嗟」です。
こればかりは、最高指導者であっても取り除くことは不可能。
しかもデモでも起こそうもんなら、米国は真っ先に仕掛けてくる
ことは、目に見えていますからね。
イランとしては、やはり経済状況の悪化がウィークポイントなんだ
ろう、って考えられます。

そしたらトランプ大統領は↓
トランプ氏、イラン指導部と「いつでも会う」 態度軟化?
(AFP BB NEWS 2018年7月31日 9:07  配信)

なんだって。
この記事の内容をお読み頂いて、どのように感じましたか?
個人的には「対北朝鮮」と同じ手法を使ってるやん!
ってのが、正直な印象です。
制裁をかけつつも揺さぶりをかけて会談に持ち込む・・・。
ここで米国とイランのトップ会談なんか行われた日にゃ~ね、
イラン核合意を支持してきたEUやロシアなんかのメンツは、まる
潰れの可能性すらあるんです。
ただ、この可能性は現在までのところ、低そうです。
イランがイスラエルと仲良くなれば別ですけどね・・・。

これまでの妄想の裏付けとなった記事がこちら↓
イラン通貨暴落止まらず=米制裁控え、ロウハニ政権窮地
(時事通信ニュース 2018-07-31 14:17 配信)

この暴落は半端ないでしょ!
下手するとハイパーインフレにまで陥る可能性すらあるんですよ。
しかも自国の政府が米国に喧嘩を売ったおかげで。
イラン国民全員が反米強硬派だったら、何の問題も無いんです。
でも違うでしょうに・・・。
国家のことを考えつつも、それでも家族の生活を第一に考えている
イラン国民の方が、圧倒的に多いんじゃないのかな。
しかもイランに関係する各国の企業も、この制裁の対象になる、って
な報道もされていますから、余計にイラン離れが加速するかもしれま
せんよね。

ここまで妄想すると、以外にイランの方が米国に圧倒されているよう
にも思えます。

ほんじゃ~ね、米国にとってイランと北朝鮮、どちらの国潰しが優先
順位が高いんでしょうか?

個人的には「北朝鮮」だと考えております。
理由は単純で、「核」と「ミサイル」を持っているから。
だってイランは核を持っていませんからね。

ってな訳で、今後のトランプ大統領の対北朝鮮外交の行方が、非常
に楽しみです。

●●●追伸●●●
最後に、ちょこっと気になった記事がこちら↓
日米豪、インド太平洋でインフラ整備=中国の「一帯一路」念頭
(時事通信ニュース 2018-07-31 10:41 配信)

この記事の不満な点は、日米豪で「どれだけの出資をすんねん?」
が、無いんです。
中国の出資額と比較して、余りにも少な過ぎれば「バカ」にされちゃ
いますよ。
ただね、中国も高速鉄道なんかのインフラ整備で「ボロ」を出してい
ますから、せめて「半分」でも出資できるようであれば、日米豪が進
めるインフラ整備に傾く可能性は、十分にあると思います。

個人的な暴想でしかありませんが、中国の「一帯一路」を受け入れ
る国々って、現状では
「アフリカ」
しか無いんじゃないのかな~?

高金利で多額の出資をした上に、相手国の国民ではなく中国国民
を送り込んで労働させてチャイナタウンを作り、中国のみが儲かる
仕組みを押し付けた挙句、利子が払えない相手国の領土を99年も
借りちゃうんですよ。

日本人は目覚めつつありますが、日本企業は盲目の企業ばかり、
特にトップの経団連なんかはね。

目先の利益のためなら、子供や孫が生活する状況がチベットや、
ウィグルになっていても「関係あらへんわ~」
って、言ってるのと同じでしょうに・・・。

グローバリズムは子孫を破壊するんです。

皆様方の御子孫の内、何人が日本人として・・・。

これ以上は、過激過ぎる表現になるのでやめますね。

この記事へのコメント