日銀もデフレマインド突入なの?から日本語の偉大さ、・・・なんじゃこりゃ?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は久しぶりに野池に釣りに行って来ました。
相変わらず子供バサーの多いこと・・・。

しかも皆、ワームをネチネチと投げてるんです。
それじゃバスが来る前に、ギルに喰われちゃうって。

ってな訳で、久しぶりにこいつの出番です↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メガバス タイニーシグレ Megabass TINY SIGLETT
価格:1436円(税込、送料別) (2018/8/7時点)




皆様方、おなじみの「シグレ」です。

特に個人的には「アブラゼミ」を多用しています。
理由は単純で、アブラゼミってまだ関東圏内までが生息領域だっ
たと、記憶しているからなんです。
私流のシグレ動作パターンはこれだけ↓
①オーバーハングの下に投げます。
②約1分間放置
③5秒ほどシェイクします
④約1分間放置
⑤5秒ほどリトリーブします
⑥約1分間放置します
⑦③~⑥の繰り返し

一匹目は38cmのバスを釣って、気持ちよかったんですけど、
次が最悪・・・。
何と「ウシガエル」・・・・・。
とにかく重い!だけなんです。
しかもメッチャでかいし、口の中は血だらけだし・・・。
だってね、普通に後ろ足を閉じた状態で、20cm位あるんですよ!
でかくないですか!
しかも子供バサーには笑われるし・・・。
シグレってセミの季節限定のルアーなんですけど、落下昆虫を
捕食する野池では、必殺なんですよ。
メガバスのこの発想はすごいです。
難点は、落下昆虫を食べないバスには、見向きもされないって
ことかな~。

だって逃げてしまうんやから・・・。

ってことで、本日は最初で最後のこちら↓
金融政策
(日本銀行HP より)

特に2018年7月に発表された3つのPDFをご覧下さい。

はじめに注目すべきポイントはこちらでしょ↓
「長期金利の変動幅に
ついては、「イールドカーブ・コントロール」導入後の金利変動幅、
概ね±0.1%の幅から、上下その倍程度に変動し得ることを念頭
に置いています」
(総裁記者会見要旨 より)
簡単に言うと、「利上げ」も視野に入れている、ってことでしょ。
最大でも0.1から0.2なんですけどね。
何でこんな風に考えるかって言うと、こちら↓
「日本銀行が強力な金融緩和を進めるもとで、このところ、国債の
取引高は減少傾向にある」
(経済・物価情勢の展望 より)
これも単純明快であって、日銀は国債を買うんですけど売り手が
おらへんやん!ってことでしょ。
情勢に応じて、なんて言ってますけど、具体的には国債を買ってく
れる方々を増やしたいがための、「利上げ」なんじゃないのかな?
しれてますけど・・・。

次に驚いた文言がこちら↓
「ETFおよびJ-REITの買入れについては、これまでの年間約6
兆円、年間約900 億円という保有残高の増加ペースを維持すると
ともに、資産価格のプレミアムへの働きかけを適切に行う観点か
ら、市場の状況に応じて買入れ額は上下に変動し得るものとする、
との方針を決定しました」
(総裁記者会見要旨 より)
って言うかね、「買い入れ」しか言ってへんし・・・。

そしてこの文言が登場するんです↓
「ETFについて、TOPIXに連動するETFの買入れ額を拡大するこ
とを、合わせて決定しました」
これってね、最大のポイントじゃないのかな、って思います。
どれだけ拡大するのかは明確になっていませんが、少なくともね、
日銀が日経平均をそれなりに操作していることは、間違い無いで
しょ。
日銀がTOPIXに連動する株を買ってる、ってことなんだから、いつ
かは売りに出さないと、ダメ!ですよね。
この時の日経平均は、「え~!!!」って言う位に下がるはずで
すから、世界中から「空売り」注文が入りそうですよね。

そして個人的に気に入らない文言がこちら↓
「長期にわたる低成長やデフレの経験などから、賃金・物価が上
がり難いことを前提とした考え方や慣行が根強く残っていることな
どがあります」
(総裁記者会見要旨 より)

違うって!
お給料が上がらないから消費が落ち込んでいるんでしょ。
物価も下落するんでしょ。
賃金が上がらない社員が、高付加価値の自社製品を購入します
かね?
社員が自社製品を購入しなくなった企業なんて、「終了」です。
だってね、社員が自社製品に価値を見出せないんですから。

皆様方の企業においては、社員さんたちは自社製品を購入して
いますか?
社員の家族は購入していますか?
親戚一同は購入していますか?
親戚一同は、周囲に宣伝してくれていますか?
社員、その家族、そして血縁関係、これらを大切に思わない企業
ほど、グローバリズムに走っちゃうんです。
理由は単純で、目先の利益しか求めないから・・・。

だから「ギャップ」なんていう、日本語に訳せない意味不明な横文
字を使ってくるんです。
しかもね、あたかも「私は頭が良いんです」みたいな感じで。

そこまで日本語を蹴落としてどないすんの?

●●●追伸●●●
ここからは個人的な暴想に入っちゃいますけど、「日本語」っての
は、かなり優秀な言語だと考えています。
例えばね、英語で「ポリシー」ってあるじゃないですか。
英語においては、ポリシーだけなんです。
では「ポリシー」を日本語に訳してみると・・・。

これってね、立場によって異なることを承知の上で言わせて頂き
ますと、
「方針」とか「原則」になるんです。
ここまでは誰でも理解出来るんですけど、それじゃ
「何に対して」
ってことになりますよね。

「行動を起こすため」
なんじゃないのかな?

そして「行動」を起こすためには、何らかの理解が必要になります。
それこそ「ポリシー」なんじゃないのかな?

何が言いたいのかといいますと、横文字で日本語を語るな!
ってことです。

ポリシーって英語1つとっても、日本語ではあらゆる意味に受け止
めることができるんですから。

英語、英語ばっかり言ってると、本当に言語貧民になっちゃいます
よ。
日本語は、って言うより平仮名、カタカナ、漢字が世界中の事象を
日本人に教えてくれているじゃないですか。
だから「ノーベル賞受賞者」まで出るんですよ。

漢字を捨てた韓国に、「ノーベル賞受賞者」なんかいませんから。















この記事へのコメント