米中貿易戦争と南北対話を把握したかったんだけど・・・。

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も仕事帰りに野池に直行です。
ちょっと試して見たいリグがあったから。
10年くらい前に琵琶湖で使用されていた
「アラバマリグ」
ってご存知でしょうか?
金属製の蛸足にルアーを取り付けたリグ。
今回は、これを模倣して
「アラバマワッキー」を作成して見たんです。
ここで分かったんですが、普通にキャストすると絡まって
ダメでした。
有効なキャストは「テンプラ」です。
つまり、わざと高い位置までキャストして落とすのが、以外
と効果的なんです。
ちなみにワッキーに使用したワームはこちら↓




ワッキーの定番でしょう、ジャッカルのフリックシェイクって。

但し今回は、金属製のものはフック以外は使用してません。
中心のフックにハリス30cmとフックを取り付け、全てワッキー
にした状態で、テンプラ気味に投げると、綺麗に開くんです。
そしてそのまま着水して、後はフリックシェイクの艶かしい
動き・・・。
確かに釣れるんですけど、小物ばかり・・・。
しかもアタリがバスなのか、蛙なのか、アメリカザリガニ
なのか、ギルなのか、判断が難しいんです。
挙句の果てには、鯰まで釣れるし・・・。
しかも鯰の口の中には、小さめのウシガエルが食われている
し・・・。
このリグはお勧め出来ませんね。

ってな訳で、本日最初の記事はこちら↓
木星の「ブラウンバージ」くっきり、NASA探査機が撮影に成功
(AFP BB NEWS 2018年9月17日 11:47 配信)

これまた見事なブラウンバージの映像ですよね~。
確か木星の大気の主成分はアンモニアだと記憶しています
ので、アンモニアの雲が下降すると、ドップラー効果により
このような茶褐色に見える、って考えるのが自然だと思いま
すけどね。
例えばね、下降する根拠と言うと、このブラウンバージって
出現したり消滅したりするんです。
ここからは妄想なんですけど、これって地球で言う台風と同
じじゃないですか。
ってことは、木星の大気の主成分であるアンモニアによる
気候変動、って妄想するのが、一般的だと思うんですけどね。

でもヤッパリ米国であり、無人探査機「ジュノー」です。
中国にもロシアにも、現時点では「ムリ」ですから。

お次の記事はこちら↓
米からの輸入品600億ドルに追加関税 中国関税税則委
(人民網日本語版 2018年09月19日13:48 配信)

最初に一言だけ、
「貿易戦争しても大丈夫なん?」
です。
何だか「メンツ」に拘り過ぎて、自滅の道に行ってるよう
に思うのは、私だけ?

この記事で最初に気になった文言がこちら↓
「「中華人民共和国対外貿易法」や「中華人民共和国輸出入
関税条例」などの法律法規や国際法の基本原則に基づき」
これってね、中国の詳細な法律は提示してるんですけど、
「国際法の基本原則」に関しては、一切触れてないんです。
んじゃね、「国際法の基本原則」ってなんなん?
こんなもんは、至って単純明快なんですよ。
①世界中の国家には、各国家の法律が存在します。
②ここで文明国、って言う枠が発生。
③文明国は客観的に法律を作るが、それ以外の国家は主観的
 に法律を作る。
④法律に「主観」を入れてはいけない。
⑤自称「文明国家」の法律が、「主」となる。
⑥文明国家の「法律」の中で、各国の法律の内容を調査。
⑦その各国の「法律」の中でも、他国の法律に合致する
 ものを、ピックアップする。
⑧世界的に共通する「法律」と認める。
⑨国際法の出来上がり~。

でも南シナ海において、中国は国際法を無視!

ってことで、化けの皮が剥がれましたね~。

そして最後の文言こそ、トランプ大統領をブチ切れさせて
るんじゃないのかな↓
「中国は米国が貿易摩擦を停止し、中米双方が平等で、誠実
で、実務的な対話を通じ、相互に尊重し合い、相互利益・
ウィンウィンの二国間経済貿易関係の大局を共同で維持し、
自由貿易の原則と多国間貿易体制を共同で維持し、世界経済
の繁栄と発展を共同で促進することを願う」

米国が莫大な税金で培ってきた、これまでの、そしてこれか
らの技術を「盗むな!!!」
これだけなんじゃないんでしょうか?
税金投入しても技術以前に、最先端を学べない国家って、こ
のように生きる道を求めるしか、無いのかもしれません。

最後にこちらの記事↓
北朝鮮、核施設廃棄の用意=南北が実質「終戦」宣言―正恩氏、ソウル訪問へ
(時事通信ニュース 2018-09-19 21:35 配信)

最初にこの文言です
「韓国の文在寅大統領と金正恩朝鮮労働党委員長は19日、平壌
の百花園迎賓館で2日目の会談を行い、合意文書「平壌共同宣
言」に署名した。宣言は「朝鮮半島での戦争の危険除去や敵対
関係解消」をうたい、北朝鮮が北西部・東倉里のミサイル施設を
廃棄することを明記」

まず初めに、
「朝鮮半島での戦争の危険除去や敵対関係解消」
なんだそうです。
これって「米国」しかありえんでしょう。
このように南北に言わせているのは、「中国」としか思えな
いんですけど、間違ってる?

そして、この文言↓
「北朝鮮が北西部・東倉里のミサイル施設を廃棄することを
明記」
表面上はミサイル施設の放棄に移りますが、北朝鮮から見れ
ば、「どうでもよい」施設tってことになります。

極め付けは、この文言かな↓
「正恩氏は共同記者会見で「朝鮮半島を核兵器、核脅威のない
平和の地にするため積極的に努力することを確約した」と明言」

だって・・・。

この文言の中で何を言ってるか、考えて下さいね。
「積極的に努力することを確約した」
何じゃ、こりゃ~!


政治家は国民に対して「確約」して、初めて政治家としての
「価値」が生まれるんです。
「努力」なんて言ってる政治家に、「価値」なんて無いんで
すよ!

●●●追伸●●●
だってね、「努力」なんて、
「何もしません!」
って、言ってるのと同じじゃないですか!

普通に南北首脳会談を見て、聞いて下さい!

詳細は申し上げませんが、これって韓国のお花畑大統領が
操り人形になってるだけでしょ。

韓国っていう、世界的にも認められた国家なんだからね、
もう少し自国のことも、考えた方が良いんじゃない?

過去を見る限りにおいて、韓国の大統領って
「バカ」
しか存在しません。

もしも偉大な「韓国大統領」がいるんだったら、是非とも
教えて頂きたいものです。

これもまた、「価値観」の違い!

って言われて、お終いなんでしょうけどね。

この記事へのコメント