弁護士は日本を守れるの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

台風24号が我が物顔で日本を縦断しようとしています。
おかげで釣りにも行けません・・・。
本日はルアー作りに専念です。

ってことで台風の備えに関して、こんな記事が↓
台風への10の備えと非常時のローソクの使い方
(おたくま経済新聞 2018/9/28 17:44 配信)


関西電力の10のチェックリストが分かり易いですね。
断言は出来ませんけど、過去に停電の原因となった事象を、
なるべく単純に簡単に載せているものと想われます。
この記事を取り上げた理由は、
「ローソクの使い方」
なんです。
だってね、個人的には「常識」だったことが現在では説明
しないといけないことになっちゃっていますもん。

「過去の常識は、現在の非常識」
とか言われますけど、
「過去の常識は、現在も常識」
ってことも、まだまだあるんですよね。
先人達の知識をなめたらアカン!ってことです。

ってな訳kで、本日は弁護士についてちょこっと。

って言うか、釣り仲間に弁護士がいまして、これまたグチ
が多いんです。

最大のグチが「日弁連」に関して・・・。
とにかく日弁連に納める金額が半端無いみたいなんです。
日弁連以外にも、地域毎にそのような弁護士団体があるら
しく、全てを合計すると年間40万円程度、支払いをしてい
るそうなんです。
でも日弁連に加入しないと、弁護士として活動出来ないこ
と位は、私でも分かります。

この釣り仲間が、何故グチるのかというと、
「日弁連の主張が、自身の考えと合わないから」
なんだと、思います。

もしも時間があれば、こちらをご覧下さい↓
日本弁護士連合会
(日本弁護士連合会HPより)

特に「プレスリリース」をご覧下さい(過去も含めてね)。
マジで滅茶苦茶ですね~・・・。
個人的にピックアップすると、
①死刑制度廃止
②憲法9条改正反対
③安保関連法反対
④特定秘密保護法反対
⑤テロ等準備罪反対
⑥朝鮮学校補助金停止反対
⑦IR法案反対
って、続々と出て来るんですが、極め付けは
⑧内閣総理大臣の靖国神社参拝に反対

かな~。

こんな団体に所属して、しかも年会費も払わされて、さら
に脱退すると弁護士としての資格も剥奪される・・・。
釣り仲間がグチをこぼしたくなる気持ちは、良く分かります。

っていうか、特にこの日弁連って集団は、完全に日本が嫌い
な集団、ってことを改めて思い知らされました。

そのくせ、「日本人」って堂々と名乗るんでしょうしね。

日本を滅ぼして、その後、どうしたいんだろう?

反発しか出来ない集団に、「未来」を語ることは出来ません。

理由は単純で、「過去」に対しては事実を元に検証できるか
ら(しかも歪めてね)、なんです。
逆に「未来」に対しては、反発出来ないんです。
だって「未来」は自分達が作る物だから。

つまり、この日弁連っていう集団は「過去」しか見ていない、
もしくは、「過去」に縋り付いている「集団」ってことにな
ります。

本当に正直に申し上げますが、「法律」変えた方がいいんじゃ
ない?
って、思いませんか?

朝鮮学校補助金なんかより、日本の少子化対策に税金を使うべ
きでしょう?

本当にね、「日弁連」って何人なの?

●●●追伸●●●
色々と調べましたけど、釣り仲間の気持ちは痛いほど理解出
来ました。

だってね、強制的に加入しないと「弁護士」としての職業が
成立たないんですよ。
しかも日弁連の言うことは、全てが「滅茶苦茶」でしょ。
釣り仲間は「日本」が大好きで、「日本人」が大好き、だけ
なんです。

現在の「日弁連」のプレスリリースそのものが、「反日」に
なっちゃっていますよね。
その団体に所属しないと生活出来ない釣り仲間は、どのよう
な気持ちか、・・・。

「日弁連」の意見が、「我々弁護士全員の意見ではない!」

グチの根幹は、これしかないでしょ!

この記事へのコメント