赤痢も重要だけど、安倍首相訪中はもっと重要(タラコ入り卵ご飯最高!)

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、一目散に帰宅してルアー作りです。
ルアー作りの日は、料理する時間が無いことが多いので、簡
単に済ませることが殆どです。
ってことで、溶き卵にタラコの中身だけを入れ、さらにめん
つゆを適量入れて掻き混ぜ、ご飯にぶっかけた
「タラコ入り卵ご飯」
で頂きました。
これがメチャクチャ美味いんです。
但し欠点は、タラコが高いので費用対効果を考えた時にどう
かな?ってとこかな。

ってな訳で、本日最初の記事はこちら↓
赤痢の集団発生に現役医師も注意喚起「感染力が強いので注意」
(おたくま経済新聞 2018/10/25 11:09 配信)

ちょっとビックリした記事です。
久しぶりに聞きました、「赤痢」。
この記事にもありますように、その殆どの発症者は東南アジ
アからの帰国者であるということ。
この記事のポイントとなる文言がこちら↓
「23日時点の感染者は21名、うち園児20名、職員1名(調理従
事者は感染なし)となっているそうです」
最も感染拡大の影響がある調理従業者は感染していない、って
こと。
そして何故か、「職員1名」なんです・・・。
かなり極端な妄想になりますが、以下のように考えてみて下さ
い↓
①職員1名だけが園児と接触することはありえません。
②つまり園児由来の感染であれば、他の職員も感染しているは
 ず。
③しかし職員同士が接触することは、かなり少ないと考えられ
 ます。
④結果として、確率的に考えると職員が感染者である可能性が
 高い。
って、個人的にはなっちゃうんです。
特に「職員1名」が、強烈に目に付いちゃいました。
コレラ何かもそうですが、皆様方も東南アジアに行った際に
は、十分に気を付けて下さいね。

お次の記事はこちら↓
「協調・協力」期に入る中日関係
(人民網日本語版 2018年10月25日15:35 配信)

何か安倍首相、熱烈な歓迎振りじゃないですか!
裏を返せば、それだけ中国共産党が「ヤバイ」状況だって
ことでしょ。
この記事での最重要ポイントとなる文言がこちら↓
「二国間関係の歴史と現在の位置付けを振り返り」
正直に申し上げますけど、
「何言うてんねん、アホンダラー!!!!!!」
って気持ちです。
歴史を捻じ曲げて難癖付けてきたのは、どこの国です?
現在の位置付けをするために、難癖付けてきたのはどこの
国ですか?
もしも「振り返る」んであれば、まずは「難癖」を取り下げ
無いと意味が無いでしょうに・・・。

全体的に読んで見た印象は、
「中国メディアの報道内容が一変した!」
ってことです。
これまで散々に日本と安倍首相を攻撃して来たくせに。

そしてこちらの文言↓
「安倍首相はインタビューで「日中両国は世界貿易機関(WT
O)など多角的自由貿易体制を強化するために協力を維持すべ
きだ」と表明した」
この文言こそ、中国共産党が対米戦略の一環として考えてい
ることなんだな~、思っちゃうんです。
特に「多角的」って言葉。
中国共産党に「多角的」って言葉は存在しません。
唯一存在するのは、「中国共産党のために」だけでしょ。
つまりこの「多角的」って言葉は、
「中国共産党のための色々な」
って読み取ることが出来ます。
こんな単純な文言に「ホイホイ」って乗っちゃう連中こそが、
「経団連」なんです。
何かネット上で、「最近メールを使うようになった」なんて
騒がれていますけど、その程度の能力の持ち主なんです。
経営ノウハウと国策をゴッチャ混ぜにされては、我々が被害
を被るだけでしょ!
安倍首相に対しても、「日本人、なめんなよ!」って言いた
いのは私だけ?

これに関連する、最後の記事がこちら↓
安倍首相、中国を7年ぶり公式訪問 習・李両氏と首脳会談へ
(AFP BB NEWS 2018年10月25日 20:09 配信)

この記事のポイントなる文言はこれ↓
「安倍首相は同日、まず李克強(Li Keqiang)首相と会談」

何となくなんですが、李克強首相の存在感が増しているように
思えるんです。
特に5月に訪日してから・・・。
李克強首相も習近平国家主席も、元は中国共産主義青年団の
出身ですから、序列を決定するのは「後ろ盾」ってこと。
もちろん、江沢民や胡錦濤の派閥はあるんでしょうけど、何よ
り大きいのは人民解放軍の掌握、じゃないのかな?
全ての軍区が「習近平さま~!」って訳じゃないですけどね。
ここまで考えて、妄想すべきは以下の点↓
「この2人が協調してるの?」
ってことなんです。
協調しているんなら、両首相の会談は習近平氏に影響を及ぼす
でしょうし、協調していないんなら、両首脳がタッグを組んで
習近平氏を追い込んでいくことも、可能だからなんです。

いずれにしても、日本の国策を「ハッキリ」と言える立場にあ
るのは、安倍首相だけなんですよ。

米国の関税措置でダメージを食らってるのは中国なんです。
何で米国は中国をターゲットにしてるんですか?
経団連の意のままに、安倍首相が中国と仲良くなっちゃうと、
日本にすら中国並みの貿易戦争を仕掛けられますよ。

素人が考えても分かることでしょうに・・・。

●●●追伸●●●
経団連っていうのは、あくまでも「過去の産物」っていうのが
個人的な妄想なんです。
だって時代の流れに付いて行くことが出来ない、「烏合の衆」
にしか見えないからなんです。
つまり「利益最優先」であって、日本国が無くなっても自社が
存続出来れば、問題無し!
ってな爺さんばかりでしょ!

現在の状況と環境と国際情勢に付いて来れない爺さんが蔓延る
経団連、って何なんだろう?

この記事へのコメント