台湾脱線事故を再度妄想したら意外な結論が(おまけはお花畑)

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はサッサと仕事を終わらせて、一目散に炊飯器を買いに
行って来ました。
3000円も出せばお釣りがくるやろ、って思ってたんですが、
電気店やホームセンター巡りをした結果、一番安いもので、
5980円!
これはイタイ!!!
でも無いと困るし・・・。
ってことで、勇気を振り絞って買いました。
早速使おうと思ったんですが、いろんな機能が付いていて、
結局、説明書を熟読するはめに。
そんな機能はいらんから、ボタン1つの格安炊飯器を製造し
てくれへんかな~。

ってことで、気になった記事がこちら↓
台湾・脱線事故 2年で25回、安全不備に批判
(産経新聞 2018.10.24 18:18 配信)

この事故の原因は、明らかに速度超過なんでしょう。
では速度超過になった原因は?
ってなりますよね。
そこでこの文言↓
「台鉄は24日の「総括会見」で、車両に事故につながる不
具合はなかったと説明した」
つまりハード面による事故じゃないんだよ、ってことです。
ってことは、ソフト面による事故ってことになります。
そこでこの文言↓
「台鉄はこの日、特急脱線は運転士の速度超過による「人的
過失」と幕引きを図る姿勢を見せた」
つまり、本当は「人的過失」じゃ無いんだよ、ってこと。
人的以外のソフト面って、ソフトウェアーしか無いでしょ。
そして、そのソフトウェアーは「EU製」ってことも報道され
ていますし、事実なんでしょう。

このように考えていくと、ソフトウェアに欠陥が存在したん
だと思ってしまうんですが、今回はチョット違うように思え
るんです。
例えば「電車でGo!」でも分かるように、電車ってレバーだ
けで加減速してるじゃないですか。
ってことは、人的なレバー操作以外は全てソフトウェアが担
当してる、ってことでしょ。
この運転手がレバーで減速しようとしても、減速せずに電車
がカーブに突っ込んだ可能性が、個人的には非常に高いと思
うんです。
VVVFを採用している電車である以上、
①空気圧ブレーキ
②モーターを発電機として使用することによるブレーキ
の2種類のブレーキが存在します。

①は、モーターが装備されていない車両に設置されてるんで
しょう。
②は、モーターが設置されている車両でしか機能しません。

この①と②が機能しない状況って、どのような状況なんで
しょうかね?
このブレーキの使い分けを制御しているのは、ソフトウェア
であることは間違いありません。
その制御を一切無効にする手段を、人的に行うことが出来る
構造になっていたんじゃないのかな?
いわゆる「フェールセーフの無力化」ってやつ。
フェールセーフの考え方は、
「人間は間違いを起こす」
という基本から構築されています。
かなり妄想になっちゃいますが、個人的にフェールセーフを
組み込むとしたら、
③空気圧が低いと「停止」もしくは「徐行」運転。
④モーターが発電した電気の行き場が無いときは、「停止」もし
 くは「徐行」運転。
⑤③及び④が同時発生したときのみ、人的な「手動」運転が
 可能。但し制限速度は「20km以下」。
といった考え方で、制御システムを構築しますけどね。
この点が抜け落ちていて、今回の脱線事故が発生したように
思えてなりません。

でもね、逆の考え方もしてみて下さい。
車両が「日本製」だったからこそ、今回の被害で済んだのか
もしれないんです。

何だかね、原因が明確にならないと鼻とお尻の穴がむず痒い
のは、私だけでしょうか?

最後は、こちらの記事↓
韓国外相「判決尊重」 河野氏「日韓の法的基盤損なわれた」
(聯合ニュース 2018/10/31 11:30 配信)

かなりすっきにとした記事になっていたので、取り上げてみ
ました。

最初にこの文言↓
「康長官は判決を尊重する考えを示す」
つまりね、これこそ
「お花畑国民の意志じゃ~!」
ってことです。

そして次の文言↓
「判決の綿密な検討に基づき」
お花畑の最高裁判所が、どのようなストーリーを作ってこの
判決に至ったかを、綿密に健闘するんだそうです。

そこで結論となる文言がこちら↓
「諸問題を総合的に考慮し対応策を講じる方針を説明した」
韓国の最高裁が作った「ストーリー」に基づいた対応策を
講じる方針なんだって・・・。
どんなストーリーかは知りませんが、そんなことを日本政府
に説明する必要があんの?
この「ストーリー」を基軸として、お花畑の外交戦略を構築
して行くんなら、日本政府はこう言うしかないやん↓
「日韓関係の法的基盤が根本から損なわれたことを非常に重
くみている」
外交上は、どうしてもこんな言い方になるんでしょうけど、
言いたいことは簡単で、
「法は遵守しないと、世界中から無視されまっせ!」
だけでしょ。

そして最後の文言がこちら↓
「両氏は両国関係の未来志向の発展のため、協力を続ける必要
性を強調したという」
単純に、以下のように読めませんか、
「未来志向の発展」=「自国の国益のため」
「協力を続ける必要性」=「これからも利用すんぞ」
ってことを、「強調」した、だけやん。

って言うか、日本にとってのメリットって「何にも無い」ん
ですよね。
日本国民まで「敵」に回してしまうと、取り返しが付かなく
ことすらも、お花畑国民は考慮・思慮しないんやろか?

本当に近所付き合いも、国家間だと大変ですね~。

●●●追伸●●●
お花畑はおまけなんで、どうでもいいんですが、台湾に関す
る脱線事故に対しては、チョコっと本気なんです。
日本の車両だけじゃなくて、日本のソフトウェアも導入して
欲しいから。

それにしても中国がこの事故に対して、物凄い
「プロパガンダ」
をやってくるもんと思ってたんですが、意外と拍子抜けでし
たね。

それだけ米国の中国に対する貿易制裁が効力を発揮している、
ってことの裏付けなんでしょう。
だから中国は日本に急接近してきているんです。

ってことは!
日本政府は「経団連」が進もうとしている、「間違った道」
に寄り添ってはアカンで!ってこと。

だってね、
●ここ数年で、日本の企業がどれだけ中国から撤退してるの
 か、知ってる?
●中国の経済成長率が年々下降してることを、知ってる?
●米国系企業が中国から撤退を模索してることを知ってる?
●米中貿易戦争で、中国がどれだけの被害を被ってるんか、
 知ってる?

もしも知らなければ、「経団連」は「バカ」の集団です。
知っているんなら、中国の「手先」です。

「経団連」は小沢一郎か!って言いたくなります。

この記事へのコメント