米国中間選挙に関する暴想からの結果は、「韓国の儚い夢」・・・、何じゃこりゃ!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

今年最大の政治イベント「米国中間選挙」も、もうすぐです。
本日は、このことに関して暴想してみたいと想います。

本日最初の記事はこちらから↓
米中間選挙のポイント早分かり-結果予測と選挙後の市場見通し
(Bloomberg 2018年11月6日 9:44  配信)

それなりに参考になるポイントなので、ここで紹介させて
頂きました。
特に目に付いたのが、「ポイント4」なんです。
このポイントを読む限り、トランプ政権の支持と人気は、
米国経済が好調であることだと考えられます。
もしもこのことが正しいとすると、中間選挙前に暴落した
米国市場の株価を上げておく必要があります。
では株価が暴落した原因は?
米中貿易戦争って考えるのが、自然でしょ。
ここで米国と貿易摩擦を起こした国はどこ?
「日本」なんですよね(1980年代に)。
中国もこのことに関しては、相当研究しているはずだと思い
ますが、直に安倍首相の口から聞きたかったのかもしれません
し、トランプ大統領から安倍首相に依頼があったのかもしれま
せん。
ここは何とも言えないんですが、ただ中間選挙直前に安倍首相
が訪中したこと、そして米国がこの訪中に対して一切文句を言
わないことなどを考慮すると、トランプ大統領から依頼が合っ
たんじゃないのかな。
そして間違い無く、安倍首相は訪中から帰国後、トランプ大統
領に習近平国家主席の意向を報告していると考えられます。
そしてインド首相の訪日において、阿部首相からモディ首相に
この辺りの説明もあったものと思われます。
だからトランプ大統領は、習近平国家主席との電話会談を実施
したんだ、って考えられるんです。
恐らくなんですが、習近平国家主席から妥協するような言質を
安倍首相は持ち帰ったんじゃないんでしょうか。
このように暴想すると、この米中首脳の電話会談は米国の株価
を上昇させるためだけ、って結論になります。
理由は簡単で、「みせかけの妥協」でも「本気の妥協」でも、
トランプ大統領にとっては、どちらでもいいから。
とにかく株価暴落の原因を、中間選挙前に除去したかっただけ、
なんじゃない。

このように暴想するキッカケとなったのが、こちらの記事↓
貿易戦争に変化か 米中首脳が電話会談 中国側が低姿勢に
(大紀元時報日本 2018年11月03日 10時43分  配信)

これも個人的な勝手な暴想なんですが、この文言↓
「米中関係を改善・発展させるのに「善良な天使が必要だ」と
述べ」
を見た瞬間に、
「日本が仲介役をしてるかも」
って、思っちゃったんです。
だってね、1980年代に日米貿易摩擦で米国に「ボコボコ」に
された日本が、どのようにして再建したのかって、現在の中国
にとって最も欲しい情報の1つですよね。
米国にとっても、貿易戦争の内容を中国に伝えるには、以前に
同じ憂目に遭った日本が適任じゃないですか。
これって「善良な天使」じゃないんでしょうか。

そしてこの記事の最後の文言↓
「国内外で厳しい局面に立たされた中国共産党政権にとって米
中対立の解消は急務となった。トランプ米大統領は2日、米中
通商協議はこれまでに大きく進展したとした上で、両国は非常
に良好な通商協定を締結できるとの見通しを示した。同時に、
中国製品に追加関税をかける可能性がなくなったわけではない
とも述べた」

まずね、この文言↓
「米中通商協議はこれまでに大きく進展した」
これって中国から「妥協案」が提示された、って考えるのが、
極自然でしょ。

そしてこの文言↓
「2日、米中通商協議はこれまでに大きく進展したとした上
で、両国は非常に良好な通商協定を締結できるとの見通しを
示した」
中国の「妥協案」はあくまでも中国の「国益」に沿った案な
ので、米国による「修正を行いますよ」って言ってることで
しょ。
この米国による修正案を遵守するんなら、「締結できる見通
し」ってことになります。

最後にこの文言↓
「中国製品に追加関税をかける可能性がなくなったわけでは
ないとも述べた」
米国の修正案に同意しないんなら、今後も米中貿易戦争を続け
て行きまっせ!って宣言をしてるだけでしょ。

ちょっと中国は袋小路の状態になっちゃいましたかね。

●●●追伸●●●
よくトランプ大統領には「政治思想」が無い、っていう方が
いますが、本当にそうなんでしょうか?
「アメリカ・ファースト」こそが、トランプ大統領の政治思
想なんじゃないの?
「メキシコ国境に壁を作る」なんて当然でしょ。
だって自国に「不法移民」が入って来るんですから。
現在米国に向かいつつある「移民」と呼ばれている集団につ
いても同様です。
トランプ大統領は、「不法入国者は容赦しない」と言ってる
だけで、「合法入国者も容赦しない」なんて、一言も言って
ませんからね。

世界中のメディアが、トランプ大統領を非難する記事を報道
していますが、個人的には「プロパガンダ」としか見えない
のが本音です。

このプロパガンダという波に乗ってる国こそ、「韓国」だと
個人的には考えています。
お花畑大統領は北朝鮮との統一を、したくてしたくて仕方が
無いんです。
何で?
表向きは朝鮮民族の統一、って謳っていますが、本心は?

個人的には、「朝鮮半島核保有統一国家」なんだと思って
います。
だって米中に「へ~こら」する必要も無いですし、日本に
対しても、もっと強行路線を貫くことも可能になりますか
らね。
例え国政権を北朝鮮が保有するとしても・・・。

韓国の儚い「夢」なんでしょう。

しかし、最後の暴想の結果がこれとは・・・。

この記事へのコメント