個人に対する「オタク」と、国家に対する「オタク」(結論は韓国でした)

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は持っていた米ドルを売って、ちょこっと利益を確定さ
せました。
ちょこっとでも、ルアー作成の資金には十分だったからなん
です。
昨年までは、寒さは「身に応える」だったんですが、最近は
「身に染みる」ようになってきました。
防寒着着て、テントの中でも出来るヘラ釣りも始めてみよう
か、とも考えています。

本日最初はつまらんのですが、こちらの記事から↓
韓国国防省、光州事件の性的暴行で公式謝罪
(AFP BB NEWS 2018年11月7日 17:50 配信)

韓国さんよ~、自国民に謝罪するよりベトナムに謝罪するん
が「筋」ってもんやろ!
こんなガキみたいなことやって、国際社会から失われた信用
が取り戻せる、とでも思ってるんでしょうか?
本当にお花畑を通り越して、妖精の国に行っちゃってますね。

お次はこちらの記事↓
まんが家ゆうきまさみが語る「オタク」の興味の掘り下げ方に共感続々
(おたくま経済新聞 2018/11/7 15:00 配信)

これって「研究」における基本中の基本ですよね。
研究目的が何であろうと、同じことでしょ。
しかしノーベル賞受賞者に対して、「オタク」とは言わんの
です。
何でなん?
社会的とか技術的な貢献とか発展が期待出来る・出来ないで
判断されてしまうんでしょうね~。
だとしたら、自作ルアーに没頭してる私は「オタク」ってこ
となるんやな~。

ってな訳で、本日最後の記事は妖精の国の記事から↓
米財務省の「恐怖の電話」で南北経済協力の窓を閉めた韓国の銀行
(中央日報日本語版 2018年11月05日07時57分 配信)

この記事の題名にある「恐怖の電話」の内容は、同じく
中央日報日本語版の10月17日に載せられています↓
「最近、各行の銀行長(頭取)が文在寅(ムン・ジェイン)
政府の理念に沿って南北経済協力の広報に熱を上げていたの
は事実だ。米財務省は韓国メディアで報じられていた記事を
一つずつ取り上げながら確認した。『金剛山(クムガンサン)
支店の開設準備は事実なのか』『開城(ケソン)工業団地支店
は再開を検討中なのか』『収益のうち一部を統一基金に寄付す
るという新しい金融商品を実際に販売するつもりか』などと尋
ねた。最後には非常に穏やかな声で『米国の対北制裁法は有効
であることをお知らせする』と言って電話を切った」

確かに、このように言われると「恐怖」を覚えますよね~。

このことを踏まえた上でこの文言↓
「匿名を求めた都市銀行の関係者は「今後、対北制裁が緩和さ
れれば、すぐにも(北に)入れるよう準備をした側面もあるが、
政府のコードに合わせたり表情を眺めながら形式的に参加した
銀行も少なくない」と話した」
少なくとも経営方針の1つではあったはずでしょ。
経営方針を策定するのに、「米国による制裁」を軽んじ過ぎて
いるように思えます。
だってね、「形式的に参加した銀行も少なくない」状況だった
ら、米財務省テロ金融情報局がここまでの恐怖電話をしてくる
はずが無いでしょうに。

普通に、常識的にこの「恐怖電話」の内容を読みますと、
「妖精の国大統領の政策を非難している」
って気付くんじゃない。
気付いたからこそ、韓国の銀行は「言い訳」ばっか始めたんで
しょうけどね。
だって韓国の銀行も「決済通貨」は米ドルなんですから。
しかも米韓・日韓スワップ協定も無いんです。
日米資本が引き上げたら、それこそ終了でしょう。
頼みの綱は中国なんですが、正式なスワップ協定は未締結のは
ずです。
っていうか、中国とスワップ協定を締結しても何の解決にもな
らないことくらいは、って言いたいんですが、妖精の国の方々
は理解していないかもしれません。

さらに極めつけが、
「最低裁判所の判決」
なんです(記事の上では最高裁判所ですからね)。
これにより、もはや韓国は日本に「甘え」ることも不可能にな
りました。

これも、妖精の国大統領の「朝鮮半島統一核保有国家」という
理想が招いた結果なんだと思いますよ。
だって韓国経済無視の理想ですからね。

最後にこの文言↓
「韓国政府の表情を眺めていた銀行が今では米国の顔色をうか
がっている」
この文言が、韓国の金融経済の全てを語っています。

●●●追伸●●●
確かに韓国の銀行も国家政策に沿った経営方針を策定するの
も当然なんですが、せめて経営陣はもう少し世界の情勢って
もんを、考慮すべきでしょう。
今はまだ経営陣も「お花畑」なんかもしれませんが、その内
「妖精の国」になっちゃいますよ!

妖精の国大統領は、自国の経済に興味があるようで無いんで
すよ。
これこそ「オタク」なんじゃないのかな。
何故なら「理想」のためなら、全てを犠牲にしてでも成し遂
げよう、とするから。
研究や興味は、そのことをもっと深く理解するために他分野
のことまで勉強しますよ。

この違いは「月とゴキブリ」位の差があるやろ。

何度でも言いますが、韓国に「打ち手」はありません!

もしも「ライダイハン」に関してベトナムに「謝罪」をして
来たんであれば、そして賠償をしたんであれば、日本は元よ
り世界の見る目が変わるかもしれません。

結論としては、韓国が「オタク」になっちゃいました。
しかも「有害」な・・・。

これって、個人に適用する「オタク」と国家に適用する「オ
タク」を別々に考えないとアカンってことやろな~。

この記事へのコメント