思い込みが印象操作を招いているんです。

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は仕事が早く終わったので、野池に釣りに行って来まし
た。
辺りは真っ暗なので、久しぶりにショッピングモールの近く
にある野池へ。
やっぱ、明るいですね~。
ってことで、自作のラバー製バイブレーションで釣り開始。
7投目で何と「ヒット~!」
しかもかなりの大物!!!!
但しバスとは引きが違うんです(超協力な引き)。
「何じゃ?」と思って引き寄せてみたら、ナマズ・・・。
しかもアメリカナマズじゃないですか。
誰やねん、放流したんは・・・。
ちなみに60cm級のサイズでした。
食べると美味しいらしいんですが、野池じゃね~。
せっかくなんで、近くにいた野良猫の餌にしました。
本日はこの一匹だけ・・・。
ルアーは使い物にならない状態だし、最悪でした。

ってな訳で、最初の記事はこちらから↓
絶滅危惧のウミガメ、保護され何とかふ化も前途多難 ミャンマー
(AFP BB NEWS 2018年11月15日 15:25 配信)

個人的にはトロール漁業は、廃止すべきだと考えています。
だって底引網漁なんだから、何でもかんでも捕獲しちゃう
でしょ。
そして不必要な獲物は廃棄する(死んだ状態でね)。
海洋生物資源の観点からみれば、海洋を砂漠化してんのと
同じやん!って思うからなんです。
唯一の例外は、目的の獲物の魚群に対して行う場合のみ!
それ以外は「禁止」すべきなんじゃないのかな。
っていうか、ウミガメの赤ちゃんを食べる蟹は、食べれな
いのかな?
それにしても絶滅危惧だから、その卵の値段も高騰するん
でしょうね。
「利」しか頭に無い人間が、地球上の生物を消滅させてい
く、典型的な例なんじゃないのかな。
これに歯止めをかけるのが立法であり、政府でしょ。
「海洋生物資源」が永遠に存在する、っていう人間の勝手
な「思い込み」としか考えられません。

お次はこちらの記事↓
韓国の文在寅大統領、米副大統領に待たされうっかり居眠り―中国メディア
(RecordChina 2018年11月15日(木) 17時50分 配信)

何なんでしょうね~、この記事・・・。
っていうか、妖精の国大統領が居眠りしてたスクープを
どこから仕入れて来たんでしょうね。
事実であろうと無かろうとどちらでもいいんですが、この
記事のポイントは
「居眠り」
のみです。
だって本来であれば、ペンス米副大統領との会談に備えて
準備をするはずが、「居眠り」してた、ってなりゃ、少なか
らず何らかの「意図」を感じるでしょ。
この「意図」こそが「印象操作」の正体だと思いませんか。
「居眠り」するくらい、妖精の国大統領の目は米国を向いて
いない、っていう「印象操作」を。
こうやって読者を「思い込ませる」んです。
さすがは中国ですね。

最後はこの記事↓
米国防戦略に専門家が警告、中ロとの戦争で敗北のリスク
(CNN 2018.11.15 12:44  配信)

個人的には「戦争」って言うと、3つの戦争が存在するもの
と考えています↓
①情報戦争
②経済戦争
③武力戦争

この記事の内容は、明らかに③のみですよね。
ってことは、軍産複合体が後ろに存在していても不思議では無
いんです。
だって③を回避するために、①と②の戦争を仕掛けてるんで
しょ。
①だと、ロシアのクリミア併合とか、中国のウィグル弾圧。
②だと、経済制裁発動。

この①と②を無視して③のみを強調する・・・。
③のみを「意図」した記事だと思いませんか。
しかも
「ロシアと中国の軍事力増強にも言及し、「米軍は容認しがた
いほど高い犠牲者を出す可能性がある」「中国やロシアに対す
る戦争で苦戦を強いられたり、あるいは敗北したりする可能性
がある」と警告。「特に2つ以上の戦線で同時に戦うことを強
いられれば、米国が圧倒される危険がある」としている」
この文言って、メッチャ煽ってますよね。
つまり、この記事もまた「印象操作」、ってことなんです。

事実のみを伝えるメディアは、もはや世界に存在しないのか
もしれません。

●●●追伸●●●
ひょっとしたら私自身も「印象操作」の影響を受けて、これら
の記事を「印象操作」と決め付けているだけ、って可能性も
否定出来ないんです。
つまりは「思い込み」ってこと。

「ブロックチェーン」ならぬ「印象操作チェーン」・・・。

ある意味、「恐るべし」です。

だって「印象操作」を受けている「自覚」が無いんだから。

この記事へのコメント