ファーウェイが中国に逆らうんかな?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は帰りが遅くなったので、スーパーに行ってお買い物。
見ると、荒挽きウィンナーが2パックで180円!
こりゃ「買いポジ」でしょ。
ってことでカゴに入れたんですが、
「どうやって食べよう?」
な状態に・・・。
店内をブラブラしていて、目に付いたのが「麻婆豆腐の素」
なんです。
だってレトルトですが、98円!なんですよ。
ってことで、麻婆豆腐ならぬ麻婆ウィンナーを作ってみま
した。
正直、両者は合わないですし、止めた方がいいと思います。
「麻婆の味」がして、次に「ウィンナーの味」がするだけ
で、コラボはしませんでした。
全く持ってお勧め出来ない料理です。
ただ、これを「美味しい」って思う人もいるかもしれない
ので、「個人的な意見」ということで。

本日、最初で最後の記事がこちら↓
Hua-wei(ホァーウェイ)を追い詰めると、日米にとって恐るべき事態が
(Newsweek日本語版 2018年12月7日(金)18時30分 配信)

何度読み直しても、頭の中が「???」になっちゃうんです。

まずはこの2つの文言↓
「ホァーウェイの頭脳であるハイシリコンは、その研究開発し
た半導体を、ホァーウェイにしか売らず、他社には売らない。
ましていわんや、中国政府になど提供したりは絶対にしないの
である」

「もし中国政府と癒着していたり、中国政府と関係が深かった
りするのであれば、習近平国家主席は中国共産党一党支配体制
の命運を賭けて国家戦略「中国製造2025」を推進しているのだ
から、中国政府にハイシリコンが研究開発した最先鋭の半導体
の成果を提供するだろう。
しかし、ハイシリコンもホァーウェイも、絶対にそうしていな
い」

いずれの文言にも「絶対」って言葉が使用されていますが、そ
の根拠が一切示されていないんです。
根拠も示さずに「納得」なんて出来る訳がありません。

例えば、こちらをご覧下さい↓
【アメリカ】2019 会計年度国防授権法
(国立国会図書館HP 外国の立法 No.277-2(2018.11) より)

特に2(2)をご覧下さい。
この文言↓
「連邦政府の各省庁は、中国政府の情報部門と関連があるとさ
れている、ファーウェイ・テクノロジー社(Huawei Technolog
ies Company)とZTE 社(ZTE Corporation)の2 社で製造された
情報通信機器や又はそれらを使用したサービスを調達等しては
ならない」
こんなもん、中国による「サイバー活動」をモロに危険視して
いるからでしょ。

例えば、こちらの記事も分かりやすいかな↓
広がるファーウェイ規制 NZ、豪州では5G整備から排除
(産経新聞 2018.12.6 17:33 配信)

ニュージーランドも豪州も、5G移動通信システムへのファー
ウェイ参入禁止を正式に禁止しているんです。
理由は、
「国家安全保障上の重大な危機」
だからなんです。
つまりこれらの国々は、ファーウェイの後ろに「中国」がい
ることを、気付いているってことでしょう。

各国ともに情報機関の報告を元に、このように判断してるん
です。
これらを否定出来る「絶対」を示さないと、誰も納得する訳
ありゃしません。

次に、この文言が気になるんです↓
「ZTEはアメリカのクァルコムからハイレベルの半導体を購入
してハイテク製品を製造していたのであり、今や世界中で、
ハイシリコン以上に、クァルコムに匹敵したハイレベルの半導
体を製造する半導体メーカーはいないからだ」

ちなみにハイシリコンの本社は、広東省にあるんですよ。
なのに何で米国のクアルコムから購入すんの?
って思いませんか?
ハイシリコン半導体より、クアルコム半導体の方が、何らかの
メリットがあったからでしょ。
つまり「匹敵」していないんですよ。

ここから先の内容については、意味不明です。
だから何回読み直しても、「???」になっちゃうんです。

だってね、冷静に考えてみて下さい。

そんなハイテク半導体を研究・製造・販売出来るんなら、何で
台湾の半導体技術者を高額で招き入れんの?
何で世界中から技術を「盗む」必要があんの?

このことに対する明確な回答は、この記事から得ることは出来
ませんでした。

っていうか、全く納得どころか理解も出来ませんでした。

意味不明~・・・。

●●●追伸●●●
この記事を読んで、皆様方はお気付きになられましたか?
とにかく「繰り返し」同じ「言葉」が出て来るんです。
「絶対」
「接頭語」
「危険」
そして最後にファーウェイだけ「特別扱い」・・・。
これってね、「ゲスの勘繰り」をしたくなりませんか?
どう考えても「印象操作」じゃないんですかね?

さらに最後には、中国の批判をしつつも、米国の戦略全てを
「でっち上げ」のように言い、何故か安倍首相は習近平氏に
「一帯一路構想」に「協力を強化する」って、「誓った」ん
だそうです。

なんじゃそりゃ?

このように妄想すると、ファーウェイを利用した中国の国家
戦略、ってなってまうやん!

つまりファーウェイも中国共産党の一部でしかない、ってこと
になっちゃうんです。

ファーウェイって、本当に「独立」した企業なんかな~?

この記事へのコメント