G20から「どこかの国」が見えてきませんか?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

昨日はルアーを作りながら、気分転換にこちらを見ていまし
た↓
G20 ブエノスアイレス首脳宣言
(外務省HP より)

いきなり妄想に入りますので、悪しからず・・・。

2がこの宣言の目標ってことになりますね。

3はパスして4へ。
強固な世界経済の成長をするためには、全ての政策手段を
用いることをG20は誓約したそうですね。
メインは「金融政策」と「財政政策」ってことなんでしょ
う。

5について。
ルールに基づく国際秩序改善のための取り組みを、新たに
コミットしたんだって。
どこかの国に対する「宣言」なんかな~?

そして6、7、8はセットですね。
つまり「雇用」と「貧困」と「教育」はセットってこと。
根本原因は「貧困」にあります。
だから「教育」を受けることも出来ずに、子供たちは労働す
るしかないんです。
しかも「雇用」ではない労働を・・・。
だからこそ、政府、民間及び多国間で資金を出し合って、こ
の状況を改善して行こうぜ!って、言ってるんでしょうね。

9は、零細・中小企業及び起業家こそが革新的なデジタル化
や新興技術を持っている、って言ってるんでしょうね。
そのためには、知的財産権の保護を確立させにゃアカン!
って言ってるんですよね。
ん~、これもどこかの国に対する「宣言」なんかな~?

10について。
インフラを投資対象にして、より多くの民間資本を集めんぞ
っていうコミットを再度確認したんですね。
しかもそのための「ロードマップ]まで作成して。
この「ロードマップ」に沿って、2019年にどれだけ「質の高
いインフラ」が行われているか、確認するんだそうです。
ん~、これもどこかの国に対する「宣言」なんかな~?

11はちょっと不思議な感じがしました。
食料安全保障を論じるんなら、もっと幅広く論じるべきなの
に、何故か農業に偏っているんです。
畜産業や漁業と比べると、農業ってグローバル化させ易いっ
てことなんかな~?
それにも増して、先進国が食料安全保障を脅かしてんねんぞ!
って言ってるように、見て取れます。

12は個人的にも同感するところです。
これまでの社会は、女性に対する処遇が酷過ぎました。
妊娠したら「ハイ、サヨナラ~」って、アホンダラ!
「妊娠」って「国の未来」を宿したことなんですよ!
特に国家が祝福しないとダメでしょうに。
頼むから「妊婦加算」なんかすんなって!!!
ただね、仕事に集中・熱中するあまり、妊娠に興味が無い
女性が増加しつつあるのも、これまた事実。
つまり、仕事に集中・熱中しても子供を生める環境作りこそ
大事なんだってことでしょうね。

13、14はパスします。
6~8と同じだから。

15は衛生面の話なんですが、非常に重要なんです。
特にこの文言↓
「薬剤耐性(AMR)に関する国別・地域別行動計画」
これを国際社会で確認しながら「やっていこうぜ!」ってこ
とでしょ。
大歓迎じゃないですか。
但しそのためには、「より強力な保険システムが必要になる
んだよ」ってこと。
そしてそのためには「資金」をもっと集めないと、ってこと。

16~18はパスします。

19、20はセットですね。
パリ協定を確実に実行しろよ!ってことでしょ。
確か、石炭発電所を売り込んでいる国がどこかにありました
よね。
ん~、これもどこかの国に対する「宣言」なんですかね?

21は米国に対する配慮だけでしょうね。

22は個人的には反対なんですよね。
だって日本をご覧下さい。
政府がどれだけの研究費を出していますか?
出してへんやん!
「財政赤字」という名の下に・・・。

23、24はセットですね。
久しぶりに見ました「パリクラブ」って言葉。
このパリクラブって、国家間同士の債務に関する調停を行う
ところなんです。
債務国の状況と債権国の状況を精査し、折り合いが付く条件
を調停する機関、って言ったらいいのかな。
あれ~?これもどこかの国に対する「宣言」なんですかね?

ちなみに余談なんですが、債権者が企業の場合は「ロンドン
クラブ」ってところが、調停に入ります。

そして25と26もセットになりますね。
簡単に言うと、各国の法律から逃れるように脱税したり、も
しくは税金を払わないで済むようにしようとしている「輩」
に対して、各国が{潰すぞ!」って一致団結してやって行こ
うよ、ってのが
「多国間税務行政執行共助条約」
なんです。
ただ税制基盤が弱い国々が狙われているのも事実なんです。
だから、
「開発途上国における税に関する能力構築の強化を支援する」
ってことになるんじゃない。

次に27なんです。
単純にWTOってグローバリズム機関でしょ。
だって貿易障壁を無くすために、日々加盟国の間で交渉を
行っている機関なんですから。
そこに付与されたのが、貿易問題が国家間の問題にならない
ように意味不明なシステムが組み込まれたことなんです。
つまりね、「ルールに基づいた調停を目指すシステム」って
のがあるんです。
でもね、結果をご覧下さい。
WTOって、結局何の役にも立ってませんよね。
だからWTO改革を支持するんでしょうね。

そして28です。
ここはこの文言のみで十分でしょ↓
「鉄鋼の過剰生産能力」
あれ~?これもどこかの国に対する「宣言」なんですかね?

次は29ですか・・・。
ここで気になった言葉がこちら↓
「国有企業」「公的部門」
なんです。
つまり世界的に見ても、これらの腐敗が非常に進んでいる、
ってことなんでしょう。
あれれ~?これもどこかの国に対する「宣言」なんですかね?

●●●追伸●●●
G20の宣言文が「どこかの国」に対するメッセージ、てな風に
考えるのは私だけなんかな?

でもね、妄想すればするほど「一方通行」になっちゃうし。

この辺が素人の限界なんでしょうね。

この記事へのコメント