国民性の重要性

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、帰宅時に渋滞に巻き込まれてしまいました。
普段は渋滞しないのにな~、って思いながらノロノロ運転しつつ、
何気無くファミレスの方に目を向けると、何と駐車場が満車に近
い状態。
「メッチャ繁盛しとんな~」
って思いながら店内を覗くと「ガラガラ・・・」。
これ、明らかに無断駐車であって「違法」でしょ。
何でファミレス側は、警察に通報しないんだろう?
だって本当に店に入りたいお客が入れない状態なんですよ!
これって「営業妨害」そのものじゃない?
すぐそばにコインパーキングがあるのに・・・。
デフレは日本人の精神すらも、低下させてしまったのかもしれま
せんね。
ちなみに渋滞の原因は、交通事故でした。
しかも対向車線で正面衝突・・・。
ホント、勘弁して欲しいものです。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
モビルスーツが巫女と宮司に!神社に奉納された美麗なガンプラ
(おたくま経済新聞 2019/1/19 18:21 配信)

ん~・・・、プラモデルも極めると芸術になるんですね~。
私の自作ルアーなんかより、遥かに芸術してますよ。
このようなプラモデルを製作して、オークションでもすれば、
ひょっとして購入する人もいるんじゃないんでしょうか?
それ位、完成度が高いと思いますよ。
デフレで日本人の精神が低下して来たとはいえ、まだまだ日本人
も捨てたもんじゃ無いんですね。

お次はこちらの記事↓
「日本人として恥ずかしい」本家ティラミスヒーローのインスタに応援コメント相次ぐ
(キャリコネニュース 2019.1.22 配信)

初めて知った記事なんですが、何と無くは理解出来そう。
つまり日本企業が商標登録しちゃったんで、この記事の写真にあ
る「変装した猫」のロゴが、元々の企業が使えなくなった、って
ことなんじゃないのかな。
「パクリ」と「盗み」は中国の十八番なんですが、もしもそれを
日本企業が行ったとしたら、その経営陣の精神も荒んでいますね。
国籍は日本でも、頭の中は「真っ赤」ってところかな。
「日本人として恥ずかしい」
って言われても、仕方が無いでしょうね。

最後に、こちらの記事を↓
独仏、新友好条約を締結=「エリゼ」以来56年ぶり
(時事通信ニュース 2019-01-22 20:48 配信)

ここでは、日本とドイツの相違点から見て行きます。
日本もドイツも先進国です。
但し、「先進」の道のりが異なります。
日本は「月月火水木金金」で働き、技術も現場の効率化に
惜しみなく導入して来ました。
結果的に、自動化の方向に「先進」していったんです。
しかしドイツは、技術を現場に導入しませんでした。
何故なら、安価な「移民」が存在したし、受け入れていたから。
つまり発想としては、「中国」と同じなんです。
中国は移民なんか受け入れる必要すらありません。
だって農民戸籍の国民が10億人もいるんですから。
思想としては、法治国家よりも独裁国家に近いものと思われるん
ですよ、ドイツは。
しかしドイツ銀行が不祥事をやらかし、その結果、金融危機にま
で陥ってるんですよね。
EUの中央銀行はECBですが、ドイツの主要銀行の1つはドイツ銀
行なんですよ。
そのドイツ銀行が、「パナマ文書」でマネーロンダリングをやっ
てるは、ロンドン銀行間取引金利で不正を行ってるは、銀行とし
ては、最下位の部類にランク付けされても仕方が無いでしょ。
だからドイツは中国に擦り寄っていったんです。
結果、盗まれ放題・・・。
気付いてんのかな~?
だから州議会選挙で、メルケル首相の政党及びその傘下の政党が
大敗するんです。

フランスは、国民が王朝を滅ぼした国家、なんです。
つまり、日本とは「思想」が全く異なっている、ってこと。
現在、大統領制は採っていますが、その国家運営は限りなく共産
主義に近いものがあります。
ルノー見てたら理解出来るでしょ。
企業経営に政府が「首を突っ込むな!」ってこと。
ドイツと異なり、フランスには技術力、っていうか開発力が無い
ものと思われます。
ひたすら日産と三菱を傘下に収めたい理由は、中国と同じく
「盗みたい!」
だけなんでしょうね。
っていうか、フランスがEUの中国に見えて来てしまいました。

何と無くなんですが、フランス版「黄巾の乱」はひょっとすると
マクロン大統領に「大ダメージ」を与えるかもしれません。
ただ「野党」が沈黙しているのが、ね~・・・。
ルペン氏も、この暴動には付いて行けないようですし・・・。

外交戦略を練るには、当事国の国民性を理解した方が早いんじゃ
ないのかな。
そのためには、当事国の歴史を学ばないと、ね・・・。

●●●追伸●●●
こんなドイツとフランスが
「新友好条約を締結」
して、何の意味があるんでしょうかね?

EU内の「覇権」を維持したいだけ?

やはりEUは、「国家の集合体」でしかなく、「共和国集合体」に
は成り得ないんでしょうね。
これが実現すれば、「EU共和国連邦」なんて国家も誕生するかも
しれないんですが、やはり元単位は「国家」ってこと。

国民性の前には、グローバリズムも勝てないのかもしれません。

この記事へのコメント