日露から見た北方領土の存在

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、嫁さんが送ってくれたブルーレイをずっと見ていました。
「名探偵ホームズ」
なんですけど、ご存知でしょうか?
何十年前の作品かは覚えていませんが、とにかく「名作」と呼べ
るアニメの1つだと思います。
特に「ハドソン夫人」が、カリオストロの城の「クラリス」に見
えるのは私だけ?
また、このアニメの主題歌も「名曲」の1つだと思います。
ダ・カーポの「空からこぼれたストーリー」って曲なんですが、
宜しければ、一度聴いてみて下さい。
ほのぼのとしますよ。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
動画:米大寒波で21人死亡 週末は一転、春の陽気に
(AFP BB NEWS 2019年2月2日 16:26 配信)

注目すべきは、冒頭のこの文言↓
「大寒波は1日、海上へと抜け始め」
ってことは大寒波は「移動」してる、ってこと?
これが事実だとすると、ジェット気流の蛇行が変化した、って
ことなんでしょうか?
まあ~、科学的に解明出来ていないんで何とも言えませんが、
とにかく良かった、ってことです。
ただね、最後の
「風速冷却を加味した体感温度」
は無いんじゃない。
せめてね、気温・風速を記載した上で「体感温度」を記載すべ
きだと思うんですけどね。

お次は、遂に出てしまったこの味↓
ぐでたま食べちゃえ!?「マイクポップコーン 卵かけごはん味」登場
(おたくま経済新聞 2019/2/1 16:05 配信)

個人的にはポテチ系で出るかな、って思っていたんですが、ま
さかポップコーンとは。
私が知る限りでは、卵かけごはんには2種類が存在します。
1つは、醤油を使用する食べ方。
但し、旨味成分を補うために「味の素」を入れることが多いん
ですよね。
もう1つは、めんつゆを使用する食べ方。
こちらは「旨味成分」も含まれているので、これだけの使用。
ハッキリと申し上げますが、どちらも美味い!!!
さらに卵かけごはんをしっかりと混ぜ混ぜして、チャーハンに
しても、これまた美味い!!!
さて、このポップコーンのお味は如何でしょうか?
発売が楽しみですね。

本日、最後の記事はこちら↓
共同宣言とは何なのか?クリル諸島は歴史的に誰のものだったのか?係争の島に関するQ&A
(SPUTNIK日本 2019年02月02日 16:59 配信)

①「どの島のことなのか?」

事実を述べているだけですね。

②「どうしてロシアと日本には平和条約がないのか?
そして、島々は歴史上、誰のものだったのか?」

1855年の下田条約を厳密に言うと、
「択捉島(イトゥルプ島)と得撫島(ウルップ島)の間に日露
国境を設ける」
って言うもの。
ちなみに得撫島(ウルップ島)って、択捉島の右上にある島の
こと。
まあ~、1954年3月に日米和親条約もこの地で締結されたんですが、
これに焦ったロシアも1955年2月に和親条約を結んだんですよね。
つまりは江戸幕府が、米国に対して「開国」したんで、ロシアもこ
れに続け~!、ってなことなんでしょう。
ロシアが遅れた原因は、クリミア戦争中だったことでしょうね。

そして、この文言↓
「サハリンは共有とされた」
詳細は知りませんが、両国ともに「未開の土地」だったんじゃ無
いの?って考えられます。
「共有」ってことは「国境線が無い」ってことであり、単なる
「雑居地」
ってことなんですから。

次に1875年、サンクトペテルブルグ条約(樺太千島交換条約)が
締結されました。
既に明治政府の時代です。
この記事の地図を見れば分かりますように、サハリン(樺太)って
かなり大きな面積を有しています。
しかし明治政府はこれを放棄し、千島列島を選択しました。
何で?って思いませんか?
「雑居地」である以上、日露両国の国民が住んでいたものと考え
られます。
そして国境が無い以上、いずれの国の主権も及びませんから必然
敵に、両国民による争いが絶えなかった、と思われます。
当時の明治政府は貧乏でしたので、とてもじゃありませんがサハ
リンを治めることは出来なかったんじゃないのかな。
さらに、ロシアとの紛争も回避したい、ってこともあり、結果的
にサハリンを放棄し、千島列島を選択したものと思われます。

そして、この文言↓
「日露戦争後、クリル諸島全島に加えてサハリンの南半分が日本
のものになった」
何故か、言葉足らずの文言になっているんです。
日露戦争において、日本軍はサハリン全域を占領してるんです。
しかしポーツマス条約により、北緯50度以南のサハリンを日本に
割譲することになりました。
ポーツマス条約には、ロシアが触れたくない内容が事項がある、
ってことなんでしょうかね。
例えば、満州とかカムチャッカ周辺の漁業権とか、ね。

そして、こちらの文言になります↓
「第二次世界大戦中の8月6日、米国は広島に原爆を投下。 その
2日後の8日、ソ連は日本に対して宣戦布告した」
ソ連が宣戦布告した理由は、「ヤルタ会談」と「ポツダム会談」
の結果、なんだと思われます。
つまり「ソ連さん、連合軍に協力してくれたら、南サハリンと
クリル列島の所有権と領有権を認めるよ!」って会談。
記憶が正しければ、
「極東諸問題に関する三大国協定」
だったかな。
ロシアはこの協定を、多国間国際条約と位置付けています。
それ故、ソ連軍は9日には満州・サハリン・千島列島に進軍し、
さらには北方領土にも進軍して、9月上旬に全域を制圧しちゃい
ました。

ここで1951年に締結された、サンフランシスコ条約の登場です。
まずは1943年の「カイロ宣言」なんですが、この中に↓
「1914年以来、獲得したすべての領土を放棄すること」
って事項があるんです。
そして、1945年の「ポツダム宣言」により無条件降伏となるん
です。
これらの宣言を確実に履行するための条約が、「サンフランシ
スコ条約」だったんです。
しかしソ連にとっては「えっ!!!」って、なっちゃいました。
だって↓
「日本が放棄するこれらの領土が誰のものになるのかが記されて
いなかった」
からなんです。

それでも日ソの戦争状態を解消するために、1956年
「日ソ共同宣言」
に両国とも調印しました。
但し、何故か「平和条約」ではなく「共同宣言」なんですよ。
本来なら「平和条約」として調印するはずなんです。
どこからかの圧力が掛かった可能性が、極めて高そうです。
この圧力をかけた犯人を示した文言が、こちら↓
「1960年、日本はアメリカと安全保障条約を締結した」

③「日本の姿勢は?」
ここはロシアから見た、領土返還に伴う脅威を述べているだけ
であって、日本が
「そんなことする訳無いやん!」
って言ってんのも当然のこと。
日本の姿勢とは、こちら↓
北方領土問題とは
(内閣府HP より)

これが日本の姿勢、ってことです。

④「ロシアの姿勢は?」
冒頭の文言が全てですね↓
「ロシア外務省は、クリル諸島に対するロシアの主権には然る
べき国際法的文書があり、疑問を挟む余地はないと何度も述べ
てきた」

この「然るべき国際法的文書」って、何やろう?
ここから個人的な妄想に入ります。

1つは、ヤルタ会談における「極東諸問題に関する三大国協定」
なんじゃないのかな。
だって三大国による、具体的な義務・期間・手続きを明確に定
めた「多国間国際条約」、って位置付けをロシアはしているん
だから。
ここで「条約」ではなく、「協定」にした理由は何なんなの?
個人的には、「戦時中」という非常事態であったことが、最大
の理由だと考えています。
それ故、秘密保持の観点からも状況的には「条約」とは言えな
かったんじゃないのかな。

これが国際法的に合法かどうか、ってことです。

最後にこちらの文言↓
「プーチン大統領もまた、1956年の宣言に関する一連の問題点
に注意を喚起してきた。とりわけ、島が誰の主権下に置かれる
かについての記載がない点である」
日ソ共同宣言第9条の一部には、
「ソ連邦は、日本国の要望に応え、かつ日本国の利益を考慮し
て、歯舞群島及び色丹島を日本国に引き渡すことに同意する。
但し、これらの諸島は、日本国とソ連邦との間の平和条約が締
結された後に現実に引き渡されるものとする」
ってな文言があるんです。
訳文はそれほど間違っているとも思えないので、この訳文を
見る限りで妄想すると、ロシアから見れば、
「日本も北方領土はソ連の領土、って認めてるやんけ!」
って解釈してしまう内容になっています。
しかも「引き渡す」って言葉が重要なんです。
「引き渡す」ってことは、簡単に言うと「プレゼント」ってこ
とでしょ。
つまり、ロシアから見れば
「ロシアの領土なんだよ!その領土をプレゼントするんだよ」
ってことになります。
だから、
「共同宣言に基づく交渉には「真剣な追加作業が必要」だとロシ
ア大統領は述べている」
んです。
ここで「真剣な追加作業」とは、何なんでしょうか?
個人的には、
「日本のロシアに対する貢献・善意・協力をしてくれたお礼と
して、歯舞・色丹をプレゼントするよ。だからそのための作業
を真剣に考え、追加して条約としようよ」
ってことだと思っています。

何だか妄想すればするほど、ロシアが返還なんかする訳無い、
ってことになっちゃいました。

●●●追伸●●●
領土拡大って、占領するしか方法は無いんですよね。
一度所有した領土を、どこの国が
「御免ね!あんたの土地やったんか。ほな返すわ!」
って言いますか?
「実効支配」が国際的に全てです。
だから「竹島」は韓国領なんです。

実力行使が出来ない日本としては、「交渉」しか無いんで
しょうけど、国民としてこんなんで良いの?

この記事へのコメント