「例え」こそが、理解を深めるんです!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

ルアーの設計図が、何度シミュレーションしても完成出来ないん
です。
本体だけなら、何ら問題無く設計出来るんですが、フックを追加
した途端、ダメになっちゃいます。
何がダメなの?っていうと、スキッピング能力なんです。
何とかしてオーバーハングの奥まで、バイブレーションを投込み
たいんですが、フックを追加すると、どうしてもフックが邪魔を
してスキップ出来ないんです。
原因は、フックが水面に接触してしまうから。
つまり、石投げのような考え方では、アカン!ってことなんです
よね。
これは難しい!!!

ってことで、本日の記事はこちら↓
レーダー照射問題・国内向け嫌韓プロパガンダの結果「日本が失ったモノ」
(HARBOR BUSINES online 2019.02.09 配信)

そもそもなんですが、軍旗すら掲げていない軍艦を韓国が擁護す
ること自体、変な話です。
しかもこの記事では、いつのまにやら安倍首相の責任に摩り替っ
ているんです。
火器管制レーダの照射を「自称」韓国軍艦が実施したことに対し
て、日本政府の対応が何故か安倍首相に責任がある、ってことに
なっちゃってるんです。
詳細に分析しているように見えますが、実のところは
「結論ありき」
にしか見えませんね。
何が言いたいんだろう???
日本には諸外国に対する「文句」すら「言っちゃアカン!」って
ことなんでしょうかね???
もはや理解不能です。

正直に申し上げますが、「何じゃこりゃ!」なんです。

冗談抜きで、「怒り心頭!!!」状態です。

こんな状態では妄想すら出来ませんので、先程、スーパーに買い物
に行って考えたことをちょこっとだけ。

目に付いたのが「糖質70%オフ」って商品。
かと思えば、「糖類70%オフ」って商品もあるんです。
注目すべきは、
「糖類」
「糖質」
ってこと。
例えばね、「糖」を「人」に置き換えると、
「人類」
「人質」
になっちゃうんです。
ここから明らかなのは、「類」とは「同族」ってこと。
簡単に言うと、ブドウ糖もオリゴ糖も麦芽糖も「糖」である、って
こと。
日本人も米国人も台湾人も「人」ってことなんです。
では「質」はどのように・・・?
「人質」である以上、必ず何らかに「変換」」されます。
それは「お金」だったり「主義主張」だったり、様々なんですけど。
このように考えると、「糖質」とは必ず何らかの「糖」に変換される
物質、ってことになります。
360度パノラマで「炭水化物」しかないでしょ、これって。

つまりね、「質」とは必ず何らかに「変換」出来るもの、ってことに
なります。

漢字の難しさ、日本語の難しさ、ってのがここにあります。

でもね、「例え」を入れて考えると、意外と「簡単」に理解出来るこ
ともあるんですよ。

●●●追伸●●●
「類」と「質」の違いを理解出来ると、「民」と「部」の違いも理解
出来ると思うんですよね。
つまり、
「民族」
「部族」
の違いです。
だって「民族」、って変化しませんよね。
その土地に根付く「族」なんですから。
「部族」とは、その土地の一部にしか根付かない「族」なんです。

1万年以上前から日本には人類が存在していました。
「縄文人」
なんです。
この「縄文人」は、北海道から沖縄まで幅広く存在していたことが、
発掘資料・DNA鑑定からも明らかになっています。
ってことは、「縄文人」こそが「民族」ということが言えます。
ってことは、日本には「部族」は存在しても「民族」は存在しない、
とは言えないんじゃないのかな。

だってね、根っこは「一緒」でしょ!

この記事へのコメント