トルコが本格的に動き出したかもね

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、ホームセンターに寄り道。
その途中にあった食堂に、「たぬき丼」「きつね丼」ってノボリが
立ってたんです。
普通に考えると、たぬきやきつねの肉は食べませんから、
たぬき=天かす
きつね=油揚げ
ですよね。
恐らくこれらを丼にしたものだと考えられるんですが、そのままで
ご飯の上に掛けても、さすがに食べ辛いでしょう。
但し、ふりかけ状にしていることは、十分に考えられます。
そうでないとしたら、基本は「たまご丼」が濃厚です。
うどんや蕎麦ではよく聞きますが、丼では聞かないですよね。
機会があったら、食べに行こうと思います。

ってことで、本日最初で最後の記事がこちら↓
トルコ、中国に「重い人権蹂躙に対する我々の抗議に注意を払うべき」
(TRT日本語版 2019年2月10日  配信)

いきなり妄想に入ります。

トルコ政府が「テロ集団」と認定している民族こそが、「クルド人」
ですよね。
特に、「クルド労働者党」が目の仇、でしょうかね。
そんな中、米軍はシリア撤退を決定しました。
そして、ISは「クルド人」及び「ロシア空軍の爆撃」により、ほぼ
壊滅に近い状態にまで追い込むことが出来ました。
つまり、トルコ軍による「クルド人弾圧」を開始する可能性が高い
のかも、ってことです。
ただあからさまにやっちゃうと、世界中から「非難ゴウゴウ!」の
状況になっちゃいますから、世界の目線を逸らす必要があります。
って考えると、どこかの国にも同じような状況があったよね~。
当然ですが、「中国」です。
つまり、「中国による新疆ウィグル地区への弾圧」に世界の目を向け
させたいんじゃないのかな?

しかしね、トルコも中国とは外相レベルの協議を模索したり、2017年
には上海協力機構の議長国までしているんですよね。
例えば、こちらの記事をご覧下さい↓
上海協力機構地域経済協力に5つの進展
(人民網日本語版 2018年06月06日11:24 配信)

この当時は、まだ中語経済も良かったので世界各国は、AIIB宜しく、
中国に接近して、その甘い蜜だけ「吸ったろう!」って考えていたん
でしょう。
しかし中国の「一帯一路」の本性が表面化するにつれて、各国からは
「ちょ、待てよ!」
に成りつつあります。
そんな中で、トランプ大統領は「対中関税」を発動させました。
中国も反撃しましたが、貿易額が違い過ぎたんですよね。
中国は「落とし所」を探るしかない状況になっています。
しかもペンス副大統領は、18年10月の演説で「新疆ウィグル地区」に
関する人権問題にも言及しています。
そしてロシアのプーチン大統領も、中国とは「経済面」では仲良しを
演じていますが、既に中ロ国境における中国人流入を厳しく監視して
います。
そんな中で、日中首脳会談が行われて、中国は日本に歩み寄りつつあ
ります。
さらに19年2月には、ドイツのメルケル首相が訪日して日独首脳会談を
行いました。
共同宣言には名指しこそしませんでしたが、「対中国」と思われる文
言が、そこら中に散りばめられていました。
しかもメルケル首相は、天皇陛下にも「表敬訪問」してるんです。
今でも「親中派」と思われるドイツのメルケル首相が、ここまで日本
に歩み寄って来たんです。

トルコのエルドアン大統領から見れば、どのように考えますかね?
「中国から甘い汁を吸おうと思ったけど、現状ではアカンかも」
ってなりませんかね。
つまり、「中国離れ」に向かう公算が大きい、ってことなんです。
だってロシアもEU(ドイツ)も中国との距離を置こうとしてるんで
すからね。

個人的な妄想の結論は、
「トルコはクルド人を一掃しようとしている」
ってことです。
時期は、米軍「完全」撤退後なんでしょうね。

●●●追伸●●●
数年前にも何回も書きましたが、ISは是非とも
「新疆ウィグル地区」
に行って頂きたい。
そしてムスリムの同胞たちを助けて頂きたい。
勿論なんですが、ISのみで中国の軍に勝てる訳がありません。
だから潜入工作して、徐々に解放を行えばいいんです。
そして小さな解放も積もれば、弾圧されているウィグル人を救助す
ることも出来るはず。
この救助した方々の声を、世界に発信すればいいんです。
ここまで来れば、ISは「ウィグル解放軍」になります。
そして、中国が行う「弾圧」を憎む国家から支援を向けることも、
可能になるかもしれません。
こうなればISは、一躍「解放軍」になりますが、「原理主義」のま
まだと、潰されちゃいます。
でもね、そん時は潰されりゃいいんです。
今のまま滅ぶよりも、歴史に名を残して滅ぶ方がまだ良くない?
個人的な希望としては、全ての「ムスリム」を愛する集団に生まれ
変わって欲しいもんです。

但し、中国は「核」を保有しています。
この「核」を使用するかどうか?

これこそが、「核抑止力」って奴なんでしょうね。

この記事へのコメント