紛争と虐殺から思うこと

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日の帰宅時に赤信号で停止してたときのことです。
歩道の再舗装工事をやってたんですが、意味不明な言葉が・・・↓
「そこ、もっとダンマせんか!」
「レミ、レミ持って来い!」
青信号になっちゃったんで、発進しちゃったんですが、
ダンマ?
レミ?
何これ?・・・業界用語なの?
メッチャ気になって仕方がありません。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」 トランプ氏発言、首相は否定せず
(CNN 2019.02.19 09:40 配信)

相変わらず安倍首相は、いい動きをしていますね~。
日米関係の「維持・強化」を、最優先課題にしている証拠です。
遠慮せずに、もっともっと「推薦」すりゃいいんです。
個人的に心配してるのは、日本の経済界が中国に急接近している
こと。
それにつられるように、安倍首相も中国に接近しつつあります。
このことが発端で、日米で揉め事が起きないかどうかなんです。
今の状況を理解していれば、中国抜きの経営を模索するはずなんで
すけどね。
マジで「バカ?」。

最後はこちらの記事です↓
紛争で年間10万人超の幼児が死亡、国際NGO報告
(AFP BB NEWS 2019年2月15日 16:00 配信)

この記事で注目すべき文言がこちら↓
「世界で最も紛争被害が深刻な上位10か国は、アフガニスタン、
中央アフリカ、コンゴ民主共和国、イラク、マリ、ナイジェリア、
ソマリア、南スーダン、シリア、イエメンとなっている」

いずれの国も「国家の体」を成していない、ってことです。
つまり何十年も前に「植民地」から「独立」したのに、その独立に
よる「権力争い」を未だに続けてるだけなんじゃないの。
この記事で妄想したのは、以下の2点↓
①単純に戦闘による虐殺
②他国による空爆
ここまで被害を増大させる要因は、これ以外は無いんじゃない。

②は単純にその他国が利益追求を求めた形、だと考えられます。

問題は①なんです。
個人的な妄想でしかないんですが、虐殺とは
「虐げ、殺す」
ってことでしょ。
虐げるとは、
「自身の考えと異なる考えを持つ者に対して行う、精神的肉体的
な苦痛を伴う行動」
になりませんか。
これって、「自己満足」という世界なんですよね。
ここで踏み止まれば、「弾圧」で済むんです。
しかし、「自己満足」がさらに行き過ぎた結果が「殺」、ってこ
とになっちゃうんだと思うんです。

例えば中国のような「独裁国家」は、この道を歩んでいます。
例えばイスラム過激派組織も、この道を歩んでいます。
例えば武装組織も、この道を歩んでいます。

何故なら、そこには「自己満足」しか無いからなんです。
この「自己満足」を、「理念」とか「宗教」とかに置き換えて
いるだけなんじゃないのかな?

で無ければ、「虐殺」なんか出来ませんよ。

●●●追伸●●●
この妄想は、大国間同士では通用しませんからね。
そんなことをしたら、マジで戦争になっちゃいますから。
「核戦争」で「終了」でしょ。

だから部族とか武装組織とか、小さな集団なんです。
もしくは「国」を持たない「民族」ってことになります。

目の前の赤ん坊を「平気」で殺せる人間は、「人間」じゃ
ありません。

人間が本来持つ「本能」を、「宗教」とか「理念」とか「思想」
とか「利益」とかで、「書き換えた」結果なんじゃないのかな?

何かアフリカ発の「世界大戦」になりそうで・・・。

この記事へのコメント