人の評価は「コミュニケーション」と「背伸び」、から?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、他部署も交えての会議に出席。
これがまた、とんでもなく酷い会議・・・。
さすがに内容は言えませんが、例えば、
「我が部署では・・・ということもあり、」
ってところで、他部署の方が、
「それは違う!」
発言・・・。
やってはいけないことを、2つもやってるんです↓
①横槍
②全否定

①は相手の話を中断させること。
②は、そのまんま。

かと思えば、
「我が部署では、このような事情のため・・・」
ってところで、
「それはこちらの部署でも同じで、結局我が部署でも・・・」
って発言・・・。
これもやってはいけないことを、2つやっちゃってます↓
①横槍
③横取り(すり替えも含みます)

③は、相手の話の内容を自身の内容に移し変えてしまうこと。

さらに、
「我が部署では、このような状況下にあるため、必然的にこうし
た対応を取らざるを得ない、他にありますか?」
これもやってはいけないことを、3つやってるんです↓
④尻拭い
⑤独占
⑥自己満足

④は、相手に責任を押し付けること。
⑤は、自身の内容に集中させること。
⑥は、そのまんま。

出席していて、マジで
「こいつらアホか!」
ってなっちゃいました。

セミナーとか研修で「コミュニケーション」は学んで来たはず
なんですけどね~。

「コミュニケーション」の原則は、これのみ↓
「相手の話を最後までしっかりと聞き、腹に落とすこと」
腹に落とさずして、相手の内容を「理解」することなんか不可
能なんですから。
こんなにやっちゃいけないことをやってちゃ、意見も出ないし
会議もまとまらないし、結論も出ないし・・・。
ハッキリ言って「無駄」でしかありません。
「朝まで生テレビ」の見過ぎちゃうか?

ってことで、本日最初の記事はこちら↓
100点満点の小学校のテストで102点! 学力が伸びる担任の秘策が話題
(おたくま経済新聞 2019/2/22 16:54 配信)

これは非常に面白いアイデアだと、個人的にも思います。
この記事の内容には、個人的には2つの要素があります。
⑦発想力
⑧評価

⑦について。
例えば、算数の「つるかめ算」。
2次方程式を使えば、簡単に解けちゃいます。
しかし2次方程式を使うなと言われたら、発想力が必要でしょ。
「全てが鶴だったら足の本数が多過ぎてしまうので、その多い分
を亀に割り振ればいいんだ」
ってな感じでね。
つまりね、二次方程式を使えば誰でも解けてしまうんです。
これこそが「標準化」だと思いませんか?
ってことは、「標準化」が進めば進むほど「発想力」は減退して
いくことになります。
パートさんやアルバイトならこれで結構なんでしょうけど、社員
にまで適用するのは「どうかな~?」。

⑧について。
小学生のノルマは、期間内で教えられたことを勉強し、テストに
おいて満点を取ること、ですよね。
そしてこのノルマを達成した上で、まだ習っていない漢字を覚え
て使うことで、ボーナスを貰ってるんですよね。
何が言いたいのかといいますと、この記事の小学生は自身で出来
る範囲で「背伸び」をしてる、ってこと。
この表現がいいのかどうかは分かりませんが、「背伸び」っての
は両足を大地に着けてる状態でしょ。
ただ踵が大地から離れているだけ。
つまり、今の自身で出来る精一杯のことをやる、ってことでしょ。
この評価制度は、企業も導入する余地があるんじゃないのかな?
確かに企業は成長が目的ですから、「何ヵ年計画」が存在するし、
その計画達成に向けての目標もあるでしょう。
ただね、「背伸び」して着地出来る目標なんでしょうか?
ひょっとしたら、「ジャンプ」しないと到達出来ないかもしれな
いんです。
「背伸び」だと、個人の能力が「身長」ということになりますか
ら、次の「背伸び」も考え易いんですが、「ジャンプ」となると
個人の「跳躍力」が能力ということになりますので、これを正確
に判断するには、実際に「跳躍」させるしかありません。
このやりかたには、必ず「思い込み」が発生するんです。
「もっと飛べると思ったのに・・・」
「想像以上に飛びよんな」
ってな感じで。
こんなんで社員を評価してちゃ、その企業は衰退の一途を辿るだ
けなんです。

何で例えで「つるかめ算」にしたかと言うと、
鶴=ジャンプ
亀=背伸び
っていう考え方が、ふと思い浮かんだから。

社員に「ジャンプ」を強要するより、社員に「背伸び」を要請し
た方が、結果的には企業の発展に、より繋がるような気がするん
ですけどね。

最後にこちらの記事を↓
インドで、豚インフルエンザ感染者数百人が死亡
(ParsToday 2019年02月21日20時57分 配信)

記憶が確かなら、2009年近辺で米国中心にパンデミックに近い状況
になりましたよね。
この時に初めて、「人から人」にも感染するんだ、って理解したん
です。
でもね、既にワクチンは存在しているはずだし、予防接種を受けて
いれば、死に至る病気でも無かったと思うんですよね。
これも貧富の差が生み出した結果なんじゃない?

以前の日本は、強制的に子供達に予防接種を受けさせていました。
何故なら、子供達の「命」を守るためです。
しかし現在は、「任意」になっちゃいました。
これってね、
「自身の身は自身で守れ!」
ってことでしょ。

何で、そこまでして緊縮財政をやんの?

●●●追伸●●●
借金とは「お金を借りる」ことですよね。
「お金を借りる」以上、借りる「相手」が必要でしょ。
「相手」が中国とか韓国なら大問題ですので、緊縮財政も必要悪
かと思いますが、日本政府の借金は「円建て」であり、その殆ど
は「国民」からの「借金」でしょ。
「お金は何ぼでも貸してあげるから、その代わり国民を大事にし
てね」
ってことなんじゃないの。

日本国民なんですから税金は払いますけど、その税金の使い道が
国民のためじゃ無い、ってところが問題なんじゃないのかな。

日本国民からこれまで以上に借金してもいいから、日本国民のた
めの政治をすればいいだけ、って思うんですけどね。
国民を犠牲にして、国民からの借金を縮小させる意味が、本当に
あるんでしょうか。

「財務省はアホ」
「財務省は東大卒が多い」
=「東大卒の多くはアホ」

ってなモダスポーネンスを言われても、仕方が無いんじゃない。

この記事へのコメント