今回の米朝首脳会談は「ショー」なの?「マジ」なの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は釣り仲間からお誘いがあったので、6人で飲みに行って来ま
した。
本日はホルモンでは無く焼肉・・・。
私も年のせいか、あまり「肉」が食べれなくなっちゃんですが、
メニューを見ると「生ハム」の文字が・・・。
ってことで、「3種の生ハム」ってのを注文しました。
店員さんが持って来たんですが、これまたビックリ!!!
生ハムの横に5mm幅程度の油揚げが添えられていて、この油揚げ
を生ハムで包んで食べるんだって。
しかも、この生ハムは店主が自身で作ってるんだって。
「へ~」って思いながら食べてみました。
これが意外と美味しいんです。
但し、油揚げにも何か味付けが施されているようで、この味付け
が何なのか、皆で考えたんですが判りませんでした。
店員さんに聞いても「企業秘密」なんだって。
で、皆で食べていたときに隣の席にカップルか夫婦か不明なんで
すが、2名様がお座りになりました。
このお客様も普通に注文して、普通に肉を焼いて食べていたんで
すが、突如としてバッグからオセロを取り出し、肉を食べながら
やり始めたんです。
我々6人は、思わず目が点になっちゃいました。
普通、焼肉屋でオセロやる~???
ってことで、本日の酒の肴は「オセロ」になっちゃいました。
オセロとは「挟み込んで陣地を広げる」ゲームですよね。
しかし無意味に広げても、後で奪われてしまう可能性がありま
す。
だから相手の陣地が広がらないように、次の一手を随時考えてい
くんです。
つまり、現時点で挟み込める箇所は数箇所存在するんです。
その中で、どの箇所を挟み込むのか、が「読み」となります。
ってことは、相手がこちらが予想もしない手を打ってくることが
勝敗を左右する、ってことになります。
これってオセロに限らず、仕事でも同じやな~、って結論になり
ました。

って訳で、本日最初の記事はこちらから↓
トランプ氏が米朝会談決裂の理由を明かす 自分の要求は完全非核化、金正恩氏は部分的
(SPUTNIK日本 2019年03月01日 14:20 配信)

完全な非核化 vs 部分的な非核化
ってことですよね。

お次はこちらの記事↓
北朝鮮政府使節団が中国を訪問
(ParsToday 2019年02月28日21時15分 配信)
イランとしては、米朝首脳会談よりもこちらの方が重要なんで
しょうかね。
中国に「結果報告」に行ったのか?
ベトナムの経済発展を目の当たりにした北朝鮮は、中国に対して
「ここまでの経済発展をさせてくれるんか?」って問い質しに行っ
たのか?
何とも言えませんけどね。

そんな中で、こちらの記事↓
正男氏の息子保護の団体、北朝鮮「亡命政府」樹立を宣言
(AFP BB NEWS 2019年3月1日 15:52 配信)

余りにもタイミングが良過ぎませんか?
確かにCCDって名前は知っていましたが、素性が全く不明な
団体なんです。

そして、こちらの記事を↓
席を立ったトランプ氏に与野党からは評価-米朝首脳会談物別れで
(Bloomberg 2019年3月1日 16:01 配信)

何か、米国議会は概ね今回の米朝首脳会談を評価しているよう
ですね。

さらにこちらの記事↓
中国は朝米対話の継続を希望
(人民網日本語版 2019年03月01日13:58 配信)

こりゃま~、米中通商協議に対する中国の本音なんでしょうね。
だってね、
「双方が引き続き対話を保ち、実施し、引き続き互いに誠意を示
し、互いの理にかなった懸念をしっかりと尊重し、これに配慮し」
なんですから。
だったら「尖閣諸島」に来るな!

んでもって、こちらの記事↓
米朝首脳会談:大々的な宣伝の末に成果なし、試される金正恩リーダーシップ
(朝鮮日報日本語版  2019/03/01 11:01 配信)

かなり強烈に金正恩氏を批判していますよね。
この記事で、最も気になった文言がこちら↓
「首領の体面をひどく傷つけたことになり、誰かが責任を負わな
ければならない」
米朝の官僚が何ヶ月も掛けて、水面下で調整して来たんでしょ。
調整した結果が今回の「物別れ」だとしたら、北朝鮮の誰かが粛清
されることになりますし、そうでなければ、予めこのようなストー
リーが出来上がっていた、ってことも考えられます。

そしてさらにこちらの記事↓
(VOVWORLD) -グエン・フ・チョン党書記長・国家主席の招きに応じて、1日、朝鮮民主主義人民共和国の金正恩朝鮮労働党委員長はベトナム公式友好訪問を開始しました。
(VOV5 2019年3月1日 | 17:28:00 配信)

この記事のポイントとなる文言は、これのみ↓
「両国の指導者がそれぞれ国の状況を紹介し、二国関係の発展、
及び共に関心を持っている地域と国際問題について意見交換をする
チャンスである」
北朝鮮への援助国ってのは中ロです。
しかしベトナムには日米が援助していますよね(ざっくりと言えば
ですよ)。
結果的に、どちらの国が「経済発展」しましたか?
ってなことを「意見交換するチャンス」と言い換えているように
思えます。

さらにさらに、こちらの記事を↓
米朝会談に対する北朝鮮の立場表明会見 正恩氏の意思反映か
(聯合ニュース 2019.03.01 15:46 配信)

この記事でポイントとなる文言は、これしかありません↓
「米国との交渉に対する意欲を少し失ったのではないかという印
象」
んな訳があるわけないでしょうに。
だってね、何でこんな悲惨な状況に国民を追い込んでまで核開発
をしたの?
同じテーブルに付くためでしょ。
明らかに「印象操作」をしているように思えます。

やっと最後の記事です↓
ノーディール」で終わったハノイ核談判…韓国政府は非常事態に
(中央日報日本語版 2019年03月01日07時34分  配信)

この記事での注目すべき文言は2つあります。
1つ目は、
「対米談判をたたんで「非核化交渉以前」に回帰するのはリーダー
シップを傷つける問題」
これって、まさしくその通りです。
これだけは間違い無くやらない、って個人的にも思います。

2つ目は、
「トランプ大統領は25分間行われた文在寅(ムン・ジェイン)大
統領との帰国途中の機内電話会談で「文大統領が積極的に仲裁役割
を果たしてほしい」と頼み、これに対し文大統領は近いうちに直接
会って深い話し合いを続けていきたいとの意向を伝えた」
本当に魑魅魍魎大統領は、トランプ大統領の手のひらの上で踊らさ
れ、金正恩氏の手のひらの上で踊らされ、習近平氏の手のひらの上
で踊らされ、1国の大統領として「恥じ」という言葉を知らないん
ですかね~?

これらの記事を読んで妄想するとね、
「ショー」
「決裂」
の、2つの選択肢が出て来ちゃうんです。
一般国民に判るはずもありませんけどね。

●●●追伸●●●
ただね、どうしても引っ掛かる点があるんです。
だってね、先ほども申しましたが、
「米朝の官僚が何ヶ月も水面下で調整して来た」んですよ。
「完全な非核化 vs 部分的な非核化」
で決裂するんだったら、その前の調整段階で決裂しているはずなん
じゃないの?
って考えちゃうんです。
こういうのを「邪推」と言うのかもしれませんが、もしもそうだと
したら、この調整に加わった官僚は「無能」ってことになります。

このように妄想すると、CCDなる団体の声明が不気味なんです。
「米国側に付かないと、金王朝は無くなるよ!」
って言ってるように聞こえませんか?

この幻聴が正しければ、CCDのバックには米国がいるんでしょう。

次期米国大統領選に向けたトランプ大統領の「パフォーマンス」に
しか見えないんです。
その代償として、次期米国大統領にトランプ氏がなったとしたら、
一気に北朝鮮に対しての制裁を解除するかもしれませんね。

2回目米朝首脳会談の解答は、次期米国大統領選の結果に出てくる
かもしれません。

この記事へのコメント