「見えるもの」と「見えないもの」。科学も国家も同じやん!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はメッチャ帰りが遅くなってしまったので、スーパーは既に
閉まってる状態でした。
仕方なく0時まで開いてる薬局に行って来ました。
冷凍食品でいいや、って思って物色していると、何と20個入りの
冷凍たこ焼きが198円じゃないですか!
思わず2袋買って、今日の晩飯です。

ってことで、本日最初の記事はこちら↓
火山が原因の津波、既存警報システムでは不十分 専門家が警鐘
(AFP BB NEWS 2019年4月11日 15:48 配信)

地震を予測することは出来ませんし、火山噴火を予測することも
出来ません。
ただ状況証拠により、確率として算出することが可能なだけです。
科学者は理論を組み立てるとき。必ず基本的な「単純モデル」を
構築します。
そしてそのモデルにパラメータという形で、不確定要素を加えて
いき、複雑なモデルへと作り変えて行きます。
しかし地球内部では、この不確定要素が余りにも多過ぎる、って
ことなんでしょう。
だから十数年スパンで予測は出来ても、数ヶ月スパンでの予測は
出来ないんじゃないのかな。
この理由は、非常に単純なんです。
だって、
「地球内部を見ることが出来ない」
から。
単純モデルに推測や推定を使うならまだしも、憶測や妄想を使う
ようでは、近似式にもなりゃしません。
警告するのも警笛を鳴らすのも結構なんですが、もう少し精度を
上げていかないと、犬の遠吠えになっちゃうんじゃない。

今後の研究に期待したいと思います。

そして最後の記事は、こちら↓
ブラックホールの撮影に初成功 世界の8望遠鏡が連携
(BBC NEWS JAPAN 2019年4月11日 配信)

最初に「???」から入りますね。

「地球からは約5億キロメートル離れている」
って、どう意味何だろう?
文脈から見ると、どう考えてもブラックホールと地球との距離と
考えてしまうんですが、違うのかな。
もしくは「世界の8つの望遠鏡」の各々の距離の全ての和、って
ことなんでしょうか。
せめて、何に対する地球からの距離なのか、って説明は欲しいで
すよね。

次に
「重力は太陽の65億倍」
って言われても、太陽の重力なんか知らへんし・・・。
「重力」って言葉を使うんなら、せめて地球の重力の何倍、って
表現にして欲しいもんです。出来れば、
「質量は太陽の65億倍」
って記載されていたら、「うぉ~、凄いやんけ!」ってなるんで
すけどね。

この記事のポイントとなる文言が、こちら↓
「今回使用した望遠鏡は、ハワイやメキシコの火山の上や、米ア
リゾナ州、スペインのシエラネバダ山脈、チリのアタカマ砂漠、
南極に設置されているもの。
さまざまな国の天文学者たち約200人が1つのチームとなり、望遠
鏡をM87銀河に向けて10日間観測した。観測データはあまりに量
が大きく、インターネットで送ることができないため、何百もの
ハードディスクに保存して米ボストンとドイツ・ボンの処理セン
ターに集約した」

つまり、人類は地球内部を見ることが出来ませんが、地球外部は
非常に見える、ってことなんですよ。

国家も同じような気がします。

●●●追伸●●●
もしもホーキング博士が生きていたら、この発表をどのように
受け止めるんでしょうかね。
ホーキング博士の著書にあるような現象、とも思えるんです。
これでブラックホールが蒸発したら、「最高」なんですけど。
だってブラックホールの境界面で、量子力学の効果の結果が、
「正しかった」、ってことになるんですから。

しかもアインシュタインの「一般相対性理論」も、綻びが一切
見られないですし。

もしもですけど、この記事の望遠鏡を人類の視力に例えたら、
「視力10億」
とかになるんでしょうかね?

この記事へのコメント