中国に対する北朝鮮の反発の狼煙が上がるかも?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も同僚たちと昼飯を食べていました。
相変わらず、せっかくの昼飯なのに仕事の話ばっか・・・。
そんな中で「働き方改革」が話題になりました。
どうにも皆さん、不満に思っているようです。
結論としては、残業代込みの生活設計をしているようなんです。
こんな世の中じゃ、日本の未来も暗いですよね。
個人的には「働き方改革」自体は、間違った方向に向かっている
とは、考えていません。
だってね、「働き方改革」って「長時間労働」を見直すためのも
のでしょ。
では何で「長時間労働」を見直すの?
①未婚化
②晩婚化
③少子化
④過労
⑤児童虐待
⑥いじめ
などの根本原因が、この長時間労働と考えられるからです。

①、②について。
長時間労働してちゃ、相手を探す暇もありゃしません、って。
だから社内結婚が多い企業ほど、長時間労働者が多いかもしれま
せんよ。

③については、①②が原因。
結婚しない、もしくは年取ってから結婚するんですから、子作り
なんか、出来る訳もありません。

④について。
過労による死亡も自殺も、長時間労働そのものが原因でしょ。

⑤について。
長時間労働で疲れ果てた両親が、心に余裕を持てるはずがありま
せん。
結果的に子供の存在が「邪魔」、って意識に変化しちゃうんです。
ただこの場合は、まだ救いようがあるように思えます。
両親のいずれかが長時間労働を止めればいいだけですから。
それが出来ないのであれば、休日に一緒にいるときに、目一杯、
子供に愛情を注ぐことです。

⑥も⑤に関係しているように思えます。
両親から愛情を注がれない子供が、他人に対して愛情を注げる訳
がありません。
ってことは、必然的に攻撃的な子供に育ってしまう危険性の方が
高い、ってことになります。

先ほども申しましたとおり、残業代込み生活設計をしていること
自体が、最大の問題なんじゃないのかな。
この最大の問題の発生源こそが、「企業」なんだと思います。
だって、社員の給料を上げずに内部留保に回してしまっているん
でしょ。
つまり基本賃金では、子育てが出来ない、ってことでしょ。

日本の企業も社員と「ウィン・ウィン」の関係を構築しないと、
本当に日本は「最悪国家」に成り下がってしまうように思えて
なりません。

もちろん、口にはしませんでしたけどね。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
カレー大好き台湾人が選んだ、本当に美味しい日本のレトルトカレー
(TRIP EDITOR 2019/04/24 配信)

この記事で思い出したのが、そういえばレトルトカレーだと、
「カリー屋カレー 辛口/ハウス食品株式会社」
が断トツで多いな~、ってことです。
以前は「カレーマルシェ」が大好きだったんですが、いつのま
にやら変化している自身に、改めて気付きました。
やっぱ、価格なんかな~・・・。 
しかも美味しいし・・・。
単身赴任の味方です。

お次は、こちらの記事を↓
金正恩氏がウラジオ到着 25日にプーチン氏と会談
(聯合ニュース 2019.04.24 17:53 配信)

まずね、「北朝鮮非核化」って言葉がありますが、北朝鮮は
核を手放すことは有り得ない、って思うんです。
だってね、核があるから米国との会談も出来たんだし、ロシア
との会談も実現するんだし。
ってことは、金正恩氏は経済制裁覚悟でプーチン大統領と、会談
する気満々ってことでしょ。
北朝鮮が最も欲しいのが「エネルギー」。
ここからは瞬間的に爆想しますね。
例えばですけど、
金:「北朝鮮の核は、全て北京に向いているんです」
プーチン:「マジか!でもどうやってそのことを証明するん?」
金:「証明するためにも、ロシアと米国の協力が必要なんです」
プーチン:「そりゃま~、協力は惜しまんけどな~・・・」
金:「皆が恐れてるんは、北朝鮮の核拡散なんでしょ」
金:「経済援助さえしてくれれば、核拡散なんかしません」
プーチン:「それもまた、どうやって証明すんの?」
金:「再度、トランプ大統領との会談を行うから」
プーチン:「でも米朝首脳会談で、そんなこと話せんの?」
金:「北朝鮮の核は、北京に向けられていることを伝えれば」
プーチン:「長年の関係国の中国に喧嘩売っちゃうよ!」
金:「属国扱いの中国には、ウンザリなんです!」

ってな感じ。
中国は決して「北朝鮮の非核化」とは言いません。
あくまでも、「朝鮮半島の非核化」と言います。
国境は存在しますが中国から見れば、北朝鮮もウィグルやチベッ
トと同じ扱いなのかもしれません。

独立国家の党首としては、歯痒いもんがあってもおかしく無いん
じゃないのかな?

このように感じたのが、こちらの記事なんです↓
金正恩氏:ずっと前からロシア訪問を夢見ていた【動画】
(SPUTNIK日本 2019年04月24日 17:18 配信)

この記事で注目すべき文言は、これだけ↓
「金氏は、朝鮮半島問題の解決や北朝鮮とロシアの関係について
ロシアのプーチン大統領と「具体的」に議論できることに期待を
表した」

「具体的」に議論するんですから、暴想の会話程度はして頂かな
いと・・・。

中国の言う「朝鮮半島の非核化」とは、在韓米軍のことでしょ。
では、北朝鮮の言う「朝鮮半島の非核化」とは何ぞや?
米ロ両国が最も警戒している「中国」に核を向けることで、それ
以外の拡散はしません、って風に考えられませんか?
北京にのみ北朝鮮の核が向けられてるんだったら、世界からすれ
ば十分な「非核化」って呼べるんじゃない?
さらに「核拡散しません!」って、言質を取っちゃえばね。

この会談は、非常に楽しみなんです。
果てさて、どんな結末になることやら・・・。

●●●追伸●●●
最近なんですが金正恩氏の記事を読んでると、以前の自身の考え
方と異なる考え方をしつつある自身に気付いたんです。
特に現在の中国のやり方を目の当りにすれば、当然でしょ。

しかも秘密主義の北朝鮮が「具体的」って言葉を使うんですか
らね~。

この会談でどこまで「具体的」を示すことが出来るか、金正恩氏
の試金石になりそうです。

このプーチン大統領との会談が成功に終われば、3回目の
「米朝首脳会談」
もあるかもしれません。

いや~、楽しみですね。

この記事へのコメント