徘徊する朝鮮半島

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

昨日から車中泊で、久しぶりに海釣りに行って来ました。
いや~、想像以上に「寒い!」ってのが実感です。
自作のスプーンの釣果も兼ねてだったんですが、シーバスの
食いが非常に良かったんです。
ただ小さいシーバスばっかでしたけどね。
場所を移動して、日が暮れた頃から自作グラスミノーにチェン
ジです。
市販のサビキのフックを全てオフセットフックに交換して、そ
こにグラスミノーを取り付け、カゴの代わりに5gの重りを装着
して、岩場をネチネチと攻めたんですが、これまた大ヒット!!
メバルとかソイが食うわ食うわ・・・。
ただ小さいんです・・・。
そんな中で釣り人と出合いました。
地元の方のようで、
「今晩は~! 釣れますか?」
「あんたメッチャ釣ってるやん!」
「でも小っちゃい奴ばっかなんです」
「そやな~、人間も魚もそうやけど小っちゃいのイジメたら
あかんもんな」
って話しながら、この方のクーラーボックスを見せて貰ったん
ですが、40cmアップのチヌが4匹も・・・。
「凄いですね~!!!」
「本日の晩飯や!」
「仕掛けを見せて貰ってもいいですか?」
ってことで見せて貰ったんですが、浮き、フック、噛み潰し重り
だけ。
そして餌は、シジミ・・・?
理由を聞いてみると、
「アケミを使う人が多いんやけど、チヌ狙うんやったらシジミが
一番やで」
ってことでした。
確かに餌のシジミを見ると、値引きシールが何枚も貼られていま
した(スーパーでの買い物ですね)。
さらに質問をしたんですが、この方自身も何でチヌにシジミなの
かは、全く分かってないそうなんです。
ただ偶然ですが、シジミを使って釣りをしてみたところ、チヌの
食いが、一番良かったらしいんです。

この方とはここでお別れしましたが、やっぱね、常識に囚われな
い発想って大事だな~、って思っちゃいました。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
露朝首脳会談は朝鮮半島問題の解決に資する
(人民網日本語版 2019年04月26日16:20 配信)

現在の中国共産党の実情を、如実に物語っている記事に見えるん
ですよね。

初めにこの文言↓
「露朝の上層部交流の強化及び二国間協力の深化を歓迎する」
「歓迎する」ってことは、裏を返せば中国は米国による経済戦争
で手一杯、ってことでしょ。
そこにロシアが出て来てくれたんだから、中国としても歓迎する
に決まってますよね。

だから、こちらの文言になるんです↓
「地域の平和・安定にも資すると信じる」
「会談によって朝鮮半島問題の解決に新たな弾みがつくとわれわ
れは信じる」
この2つの文言のいずれも、「信じる」で終わってるんです。
「信じる」ってことは、「出来れば、こうあって欲しい」ってこ
とでしょ。
この2つの文言から妄想すると、中国は北朝鮮に対する重要度を
かなり下げてしまった可能性が考えられます。
だってね、韓国を見れば「一目瞭然」じゃないですか。
米韓首脳会談はたったの「2分」ですよ。
あの場所で韓国の魑魅魍魎が「北朝鮮の経済制裁・・・」なんて
トランプ大統領に言い出したら、
「マジで潰すぞ!!!」
って言われるだけでしょ。
さすがの中国も、これは敏感に感じ取っているはず。
今ここで北朝鮮を援助すると、さらなる経済制裁を米国が仕掛け
て来ること、確実だからなんです。

但し、北朝鮮に対する主役の座は譲りたく無いんでしょうね。
だから↓
「中露両国が朝鮮半島問題について緊密な意思疎通と調整を保ち
続けていることも述べておきたい」
ってな文言が出てくるんです。

そんな中国は「一帯一路」を虎視眈々と続けていますね↓
「一帯一路」国際会議が閉幕、7兆円超の事業で参加国が合意 中国
(AFP BB NEWS 2019年4月28日 13:11 配信)

この記事でポイントとなる文言は2つ。
1つ目は
「「オープンでクリーン、かつグリーンな開発を支持し、保護貿易
主義を拒絶する」ことを確認したと述べ、一帯一路構想事業は環境
に配慮し、持続可能な財政計画の下で行われると強調した」
はい! この文言の頭に「中国のみのための」を付け加えてもう
一度読んで下さい。
これこそ中国共産党の戦略、ってことが分かりますよね。

2つ目は
「中南米のジャマイカ、ペルー、バルバドス」
明らかに一帯一路構想とは真逆の地域の国家なんです。
中南米にも中国資本を投入することにより、南米の反米感情を
盛り上げていくこと、及び日本主導のTPP乗っ取り、ってな
ところを企んでいるように思えます。

そしてこちらの記事をご覧下さい↓
米誌、露米「仲直り」案を提言
(SPUTNIK日本 2019年04月28日 17:20 配信)

この記事って、非常に分かりやすい内容ですよね。
だって、この文言が全てでしょ↓
「ロシアは国境をめぐる安全保障上の挑戦が終われば、欧米との
対立に根本的には利益がない」
って、ただ単に「クリミア」のことを言ってるだけやん。
ここだけ認めてくれたら、こうなんねん↓
「歴史的観点からも、ロシアは中国より欧米により近い」
スプートニクが報じるくらいですから、これこそロシアって
言うか、プーチン大統領の本音なんかもしれません。

同じくスプートニクの記事から↓
朝鮮半島正常化の新プランは話し合わなかった=プーチン大統領
(SPUTNIK日本 2019年04月28日 01:12 配信)

ポイントはこの文言のみ↓
「新プランは必要なく、既存の計画を遂行する必要があると続けた」
「新プラン」ってロシア援助の北朝鮮問題解決ってことでしょ。
これが「必要ない」って言ってるんです。
つまり、ロシアは北朝鮮への関与を下げますよ、って言ってるのも
同じなんです。
金さんは、これで頼りに出来る兄貴分を、全て失ったかもしれま
せんね。
だってね、普通に素直に単純に考えてみて下さい。
360度パノラマで中国もロシアも、「西」に政策を集中しているん
ですよ。
しかも両国とも、米国による経済戦争と制裁を加えられた上で。
こんな状況で中国もロシアも北朝鮮を援助する訳無いやん。

北朝鮮って言うか、金正恩氏が徘徊し始めるかもしれません。

●●●追伸●●●
上記の記事が、露朝首脳会談の全てを物語っているように思えま
せんか。
表面上は中国もロシアも北朝鮮を援護しますが、
「援助はしません!」
って言ってるように思うんですよね。
密かに北朝鮮に援助していた韓国は、日本の偵察機に見付かって
しまうし・・・。
挙句の果てに逆切れして、日本を攻めた挙句、トランプ大統領と
は会談すらさせて貰えない状況にまでなってるし。

本当に朝鮮半島は、徘徊してますよね。

この記事へのコメント