目的が無いとね~

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はパートさんたちと昼飯を一緒に食べていました。
って言っても、私なんか相手にもされませんけどね。
そんな中で話題になったのが「お小遣い」なんです。
話を聞いていると、
中学生6千円で、高校生1万円
が、相場のようなんです。
これが妥当かどうかは分かりませんが、この話題を聞いていて、
先日の、息子との飲みの席での話を思い出したんです。
我が家は「小遣い」ではく、「就労賃金製」だったそう。
嫁は子供たちに、一切お小遣いは出さなかったそうです。
その代わり、
風呂掃除100円とか、洗濯100円とか、細かく規定されていたそ
うなんです(初めて知った、この事実!)。
嫁に確認したら、
「あんた、知らんかったん?」
って言われるし・・・、さらに
「これって、お小遣いが欲しくなったときに、爆発的に効果を
発揮するんやで」
ってこと。
この文言で「なるほど」って理解しました。
つまり、「お小遣いが欲しい」ってことは、何らかの「目的」
があるってことでしょ。
ただ単にお金を貯めても「意味が無い」ってことを、子供たち
に教えていんじゃないのかな。
このことも嫁に確認したんですが、ニヤッって笑いながら、
「そんなん、分かる訳無いやん!」
って、まさしく確信犯じゃない?
だけど、間違ってはいないと思いましたね~。
つまり「明確な目的」の有無ってことです。
「明確な目的」があるからこそ、「爆発的な効果」が発揮され
るんであって、無ければ適当にやるだけになっちゃいますから
ね。
これって仕事でも人生でも同じでしょ。
仕事なら「目的」を持たないと、単なる「作業」になっちゃい
ますし、人生なら趣味、老後、自己啓発のためにお金を貯める
ってなところでしょうか。
ここまで考えて来て思ったんですが、最も最悪なのがこれじゃ
ないのかな↓
「生活を切り詰めてまでお金を貯めて、自身のため、家族のた
めに一切使うことなく、死んでいく」
死んで大金持ちなんて人生は、個人的には嫌ですね。
人生をたっぷり楽しんだ挙句、大金持ちでいたいもんです。
現実的には厳しいですが、これこそが個人的な目的です。

って妄想していると、急にパートさんたちから話を振られるん
ですよね~・・・。
「あんたんとこは、どうなん?」
「ウチはお手伝い賃金製なんです」
「お小遣い、やらへんの?」
「ウチには、お小遣い制度はありませんね~」
「子供、グレへん?」
「何か目的があると、子供たちは懸命にお手伝いしますよ」
「そんでもな、目的無くてもお小遣い欲しさに毎日やらん?」
「目的の有無で、お手伝いの結果が直ぐに分かるんです」
「あらへんと、適当ってこと?」
「そうなんです」
「ふ~~~~~~~ん」

ここで話は終了し、「何故か?」が理解出来ないんですけど、
イチゴスイーツの美味しいお店の話になっちゃうんです。

本当に、この方々の会話に加わるのは「不可能」だと、改め
て思いました。
パートさんたち、恐るべし!!!

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
茂木健一郎の受験勉強論「対策ドリルばかりだと、進学実績はのびない」「地頭をつくって、最小限の受験対策を」
(キャリコネニュース 2019.5.8 配信)

この記事は、途中までは「その通り」って読んでいたんです
が、東京大学って言葉が出た瞬間「怪しい」になっちゃいま
した。
官僚には東大卒がかなりいますよね。
本当に「地頭」があるんなら、もっと現実を見ますよね。
少なくとも、日本政府の借金なんて「言い方」はしませんよ。
最低限でも、日本政府の「負債」と「資産」を公開して国民の
理解を求めるはずでしょ。

この記事の内容が正しいとするんなら、「地頭」を洗脳してい
るんは、「東京大学」って結論になっちゃうんは私だけ?
本当に「地頭」を持ってる官僚だったら、
「机上の空論」
「理想主義」
が、どれだけ「国民」にダメージを与えるか、分かるはず。
この2つを「目的」にしちゃダメなんです。

「地頭」な人ほど、「洗脳」され易いんですかね・・・。

お次はこちらの記事を↓
ウイグルの施設は「強制収容所」、米高官の非難を中国否定
(AFP BB NEWS 2019年5月7日 15:46 配信)

この記事で重要な文言がこちら↓
「国連(UN)の委員会が引用している推計によると、新疆ウイ
グル自治区の収容施設には、イスラム教徒の少数民族ウイグル人
や、同じくイスラム教徒が大半を占めるチュルク人(Turkic)ら
100万人超が拘束されているという」
事実かどうかは分かりませんが、少なくとも「情報」として国連
にも入ってるってことでしょ。

そしてこの文言↓
「耿報道官は「現在、新疆ウイグル自治区は政治的に安定してお
り、経済も発展している。そこでは社会の調和がとれている」と
話し、「人々は平和な生活を送り、働いている」と述べた」
だったら世界中に「公開」してるはずですよね・・・。

それが出来ない理由が、中国共産党にはあるんです。
こんな風に読んで見て下さい↓
「耿報道官は「現在、新疆ウイグル自治区は(中国共産党により)
政治的に安定しており、(中国共産党により)経済も発展してい
る。そこでは(中国共産党の為の)社会の調和がとれている」と
話し、「人々は(中国共産党により)平和な生活を送り、(中国
共産党のためだけに)働いている」と述べた」

だから中国共産党からすれば、立派な
「職業訓練センター」
なんであって、世界から見れば
「強制収容所」
って見えるに決まってるやん。

本来は国民なのに、その国民を「奴隷」のように扱う国家とね、
今後も「仲良くしようね~」って言ってる「経団連」ってのは、
正真正銘の「お花畑」の集団なんでしょうね~。
つまり、「お金」しか目が無い「貯蓄魔」ってこと。
こんなんじゃ~、日本経済も良くなる訳無いやん!

最後はこちらの記事を↓
自爆攻撃、10人死亡=パキスタン
(時事通信ニュース 2019-05-08 20:38 配信)

この記事で注目すべき文言は、これだけ↓
「現場は2010年にも40人以上が犠牲となる自爆攻撃の標的となっ
ており、それ以降厳重な警戒態勢が取られていた」

「厳重な警戒態勢が取られていた」にも関わらず、発生してるん
ですよね。
つまりね、これはパキスタンの国際向けの発信であって、実質的
には「何もしてませんでした」、って言ってんのと同じこと。
これってね、パキスタン政府に「明確な目的」が存在しないから
このような状況が、ズ~~~~~と続くんです。
つまり「国力」が無いから。

では「明確な目的」とは何なの?
これしか無いんじゃない↓
「国民を守ること」

パキスタンにとってタリバンは、対インド政策にとって欠かせな
い存在だったはず。
しかしパキスタンが米国に寄り添ったことによって、タリバンは
「反政府組織」になったんじゃないのかな?
その一方でパキスタンは、中国とも親密な関係を築いています。
でもね、あれ?って思いませんか?
親中路線に関して言えば、タリバンは何も行動を起こさないんで
すよ。
さらに言えば、パキスタンと中国のウィグル自治区では貿易すら
盛んに行われているんです。

勝手に「暴想」に入っちゃいますけど、タリバンの資金源って、
こういった「貿易」なんじゃないのかな?

資金も無いのに「反政府組織」を維持なんて出来る訳も無いです
しね~。

「中国様~!」ってとこかな。

●●●追伸●●●
幸いなことに、日本にはタリバンのような組織は、現在までの所
は存在していません。
あえて言うなら「オーム真理教」かな。

こういう組織の怖いところは、「目的」が存在しないことなんで
すよね。
組織自体には「目的」が存在するんだと思うんですけど、その目
的自体が「机上の空論」だったり「理想主義」だったりしちゃう
訳なんです。

現実を無視した「目的」は、決して
「自身のためになりません!」
ってことなんじゃないのかな?

お小遣いも同じじゃない?

この記事へのコメント