イランの操り人形たちが・・・

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は1日中、野池巡りをして来ました。
しかしスモールバスならぬスモールバサーが増えましたね~。
私がオーバーハングにスキッピングで自作ルアーを放り込んだり
すると、目の色変えて寄って来るんです。
「教えて~!」
って。
可愛いじゃないですか。
ってことで、スキッピング教室の始まりです。
しかも子供たちは、お弁当まで持参してるんです。
私も非常食で常備しているカップヌードルを大判振る舞いしちゃ
いました。
スピニングリールでは、直ぐに覚えてくれたんですが、問題は、
ベイトリールを使う子供たち。
如何に優れたベイトリールでも、ある程度のサミングは必要に
なっちゃうんです。
これだけは「感覚」で覚えて貰うしかありませんので、ひたすら
「練習」あるのみです。
ただね、個人的にはマグネットよりも遠心ブレーキの方がスキッ
ピングし易いかな、って思っています。
それでも1時間も経てば、皆がそれなりにスキッピングをマスター
してるし、「釣る」よりもこちらを楽しんでいましたね~。
本当に人間って何かを覚えると、それに集中しちゃうんだな~、
って、改めて思いました。
当然ですがフィールドはスキッピングで荒らされまくりましたの
で、釣れるはずもありませんけどね。
でも子供たちは満足だったようです。
私も年を取り過ぎたな~、って実感した次第です。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
イランが「民間ボート」でミサイル運搬 米当局者が「脅威」説明
(AFP BB NEWS 2019年5月17日 11:31 配信)

この記事で重要な文言は、こちら↓
「だが米国は、実際に脅威が存在する証拠を示していない」
こんなん当然でしょ!
イランの国内事情を理解すれば、直ぐに分かることなんですから。
イラン国内ではインフレが続いています。
このインフレの原因は、お金の刷りまくりなんです。
しかもその刷ったお金が国民に届かない。
何で?
殆ど全てが外交に使われているんです。
って考えると、インフレの説明になりますよね。
イラン国民も現政権の方針には、不満を持ってるんじゃない?

そしてこちらの文言↓
「同大使は「私はイランの軍事的な備えについて話す立場にない」
とした上で、「こうした疑惑はすべて、紛争のようなもの、あるい
は戦争のようなものに備えるためにイランに向けられた、偽りの疑
惑の一部だ」と述べた」
これこそね、イランの本音なんじゃないのかな。
「偽りの疑惑の一部」
ってことは、イランが直接的に米国と戦争なんかする気はありゃし
ません、ってことでしょ。
しかし間接的には、戦争しまっせ!って言ってんのと同じやん。

以前にも書きましたが、イランは米国と戦争は絶対にしません。
しても負けるからね。
だからイスラム武装組織を利用して、何とか活路を見出そうとして
るんでしょう。

そんな中で、こんな記事が↓
サウジ船攻撃、イラン革命防衛隊関与か ノルウェー保険会社が調査報告書
(Newsweek日本版 2019年5月18日(土)10時56分 配信)

イラン政府が直接関与、って記事じゃありませんが、
「イランの「イスラム革命防衛隊(IRGC)」が関与していた疑いが
「極めて強い」とする報告書をまとめていた」
って文言は、非常に重要ですよね。
当然ですが、
「イランは攻撃への関与を否定」
するに決まってるやん。

北朝鮮と異なり、イランには「ホルムズ海峡」という要所が
存在します。
ここを盾にして踏ん張れば、現政権も踏ん張れると思い込んで
いるようです。
ちょっと限界があるように思えます。

最後にこちらの記事を↓
アメリカの情報機関が、同国政府高官による反イランの主張の正当性を否定
(ParsToday 2019年05月18日17時47分 配信)

最後の、この文言だけですね↓
「イランの政府関係者は、「イランはいずれの国とも対決するつも
りはない。しかし、自国に対するあらゆる軍事攻撃には力で対抗し、
自国の利益を防衛していく」と表明しています」

北朝鮮と同じことを言ってますよね。
「国民の利益では無く、最高指導者と政府の利益を防衛する」って
宣言してるようなもんやん、これって。

狂信者集団をどれだけ使おうとも、国民の支持が無ければ国家何て
成り立ちません。

国民を豊かにしてこその、「国家」でしょ!
だから国民も「国家」を愛するんです。
その代表が「政府」なんでしょ!

このことを今一度理解し、腹に落とし込む必要があるんじゃない?

●●●追伸●●●
北朝鮮はICBMで脅して来ました。
イランはイスラム武装集団を使って来ているようです。

やればやるほど、自国の立場を危うくするのにね。

何度でも言いますが、イランと米国の
「直接戦争」
はありえません。
だってイランが望まないに決まってますから。
問題は「武装組織」を活用した「戦闘」ですかね。

ホルムズ海峡は、日本のエネルギーの生命線とも言える場所
だけに、見過ごすことは出来ません。

他人事ではありませんよ。

この記事へのコメント