宿題から温暖化まで、意味あんの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、パートさんたちと昼飯を一緒に食べていました。
何気無く、その会話を聞いてたんですが、どうも「宿題」に話題
が移ってしまったようでした。
「ウチの子なんか、ゲームばっかりで全然宿題せーへんねん!」
「ウチも一緒やで!」
「やっぱ、強制的にさせなアカンのとちゃう?」
「これも躾、ってやつ何やろな~」
「そや!そや!」
もはやこの時点で間違っています。
宿題をさせるのは、「躾」ではありませんでしょ。
「躾」とはやっていいことと、悪いことを分別させるためのもの
であって、「宿題」に善悪はありませんし・・・。
宿題の詳細は分かりませんが、いずれにしても「予習・復習」が
メインなんでしょうし。
そもそもね、予習なんて必要あんのかな?
日々の授業において、その内容を理解すればいいだけやん。
では復習は必要なんでしょうか?
日々の授業において、その内容を理解すればいいだけやん。
ってことは、宿題の意味はどこにあるの?ってことなんです。
生徒が理解出来るように授業するのが、「先生」の仕事でしょ。
理解出来ないような授業をするから、宿題を出して各生徒の理解
度を把握しようとするんです。
自身が理解出来ていないのに、他人に理解させることが出来る、
って思いますか?
ぶっちゃけね、この考え方は嫁さんに猛反対されました。
「塾」という存在は、予習しかしないことが多いんですけど、
学校の先生よりも、「理解させる」ことが出来る講師が多いの
も、これまた事実。
しかし学校の大半は、「暗記」に走っているように思えます。
「暗記」に「論理的思考」は、存在しません!
それ故、「暗記」に頼った生徒ほど数学から逃げて行く傾向が、
何となくですが強いんです。
ではね、「暗記」じゃなくて「論理的思考」を子供たちの学ばせ
るには、どうすりゃいいの?
答えは簡単です!
「習慣」
にさせればいいだけなんです。
例えば夏休みの宿題。
「最初の1週間で全部やっちゃって、後は遊び放題」
「最初に遊び放題で、最後の1週間で片付けた」
「毎日30分宿題をやり、その後は遊び放題」
どれが「習慣」になりやすいと思いますか?
日々実践するからこそ、「習慣」というものに変化するんじゃ
ないのかな?
私が言いたいのは、宿題って必ずやらなアカンの?ってこと。
宿題はあくまでも「勉強を習慣付ける道具」であるべきじゃ無
いの?ってことなんです。
だってね、その日の授業の内容を理解したんなら、宿題なんか
やる必要無いやん。
日々、授業内容を理解していけばいいだけなんですし・・・。
パートさんたちに
「あんた、どう思う?」
って聞かれて、上記のように話したんですが、
「ふ~~~ん・・・」
で終了。
ただね、その後の文句が私に来なかったので、「思案中」って
ところでしょうか。
っていうか、「習慣」って本当に大事だと思いますよ。
例え10分でも毎日やるだけで、記憶の隠し金庫に入ることは、
まず無いですからね。
つまりは、記憶が「持続」するんんです。
「持続」しないから「忘れる」んです。
この「持続」させる方法こそが、「習慣」なんじゃない?

ってことで、本日最初で最後の記事はこちらから↓
気候変動でベーリング海のエトピリカが大量餓死 研究
(AFP BB NEWS 2019年5月30日 18:56 配信)

この記事を読んで、どう思いますか?
まずね、
「気候変動によって海洋生態系が深刻な打撃を受ける中で増加し
つつある大量死の一つだと結論付けた」
結論付けすんのは構わないんですが、
「研究チームは、2014年以降の大気温の上昇と冬季の海氷縮小に
より、ベーリング海ではエネルギー価の高い餌となる生物が減少
したと指摘している」
って何言ってんの?って思いませんか?
せめてね、記事にするんなら、
「エネルギー価の高い餌」
の正体くらいは記事にせんか、ってこと。
逆に言うとね、
「大気温の維持と冬季の海氷維持」
が、
「ベーリング海ではエネルギー価の高い餌となる生物」
を維持させる、ってことでしょ。
その根拠が全く見当たらないんですよね。

さらにこんな文言まで、
「論文の共同執筆者ジュリア・パリシュ(Julia Parrish)氏は
「(体内に)脂肪は全くなく、筋肉組織は文字通り崩壊してい
た」とAFPに語った」
死んでるんやから、こんな状態になんのは当たり前やん。
海水の中に何日間漂っていたの?
この記事で、最も必要とする事実は
「死後、何日なんですか?」
ってこと。

そしてこちらの文言↓
「エトピリカは通常、羽毛の生え変わる時期には西方や南方の餌
の豊富な海域に「渡り」を済ませているはずだという」
単純に、「仮説」ってことですよね~

んでもって、こんな文言が↓
「つまり、これらは鳥たちが十分に餌を取れず、渡りの時期が遅
れ、まさに『ガス欠』状態に陥ったことを示唆している」
「仮説」が「仮説」を生んだ結果が、これ???

こんな研究結果、納得出来ますか?

●●●追伸●●●
今一度、遥か昔に習ったものを思い出して頂きたいんです。
それこそ、
①大陸性気候
②海洋性気候
ってこと。

ここで「サウナ」を考えてみて下さい。
90度の空気の中にいても人間は平気なんです。
しかし90度の熱湯の中にいると、人間はほぼ「即死」です。

「水」ってこれだけの熱量を保持する物質なんです。
そして日本は、この水に囲まれた国家。
空気の温度よりも海水の温度に影響される、って考える方が
自然でしょう。

①は、大気の温度にモロに影響を受けます。
しかし②は、周囲が海水で囲まれているため、大気の温度に
は影響されにくいんです。

正直に申し上げますが、「地球温暖化」は欧米諸国のでっち上
げだと思います。

異常気象は、人類が発展のために差し出した「代償」ってこと。

植物は伐採するは、土をコンクリートに変えるは・・・。

二酸化炭素を悪者にするのは、そろそろ止めませんか?

このようなデマが持続すると、冗談抜きで世界中がこの考え方
を習慣にしてしまいます。

アカンやろ!

この記事へのコメント