政府と企業が「自殺者」を増やしてるんですよ!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は一人で昼飯を食べながら、香港デモでの若者の自殺につい
て妄想していました。
確かに自暴自棄になったとか、絶望したとか、理由は色々と考え
られますが、根本的な原因は、
「香港の中国化の阻止」
だったと、思うんです。
本当だったらそれでも生きて、香港政府及び世界に訴えかけるべ
きなんですが、香港の若者の中には、
「ダメだこりゃ・・・」
っていう、絶望感を持ってしまったと考えるべきでしょうね。
この香港の若者やチベットの僧侶たちは、少なくとも自国という
か、自国の文化や伝統などを守るための手段として、自殺してい
るように思われます。
翻って日本人の自殺に関しては、どうでしょうか?

警察庁から、こんな資料が発表されています↓
平成30年中における自殺の状況
(警察庁HP より)

PDFなので、あしからず・・・。

バブルが弾けて本格的なデフレ状況に突入した1995年辺りから、
急速に自殺者が増加していることが見て取れます。
ただ現在まで、徐々にではありますが減少傾向にある、とも言え
ますね。

ここで個人的に気になった点が、P6のグラフを見て頂ければ分か
りますように、「10~19歳」だけ減少傾向に無いんです。
特にP25の表5をご覧下さい。
19歳以下では、
①家庭問題
②学校問題
③健康問題
だけで、全体の3/4を占めているんです。

①について。
こんなんね、親子、又は両親の関係の「不和」しか無いでしょう。
だって毎日毎日こんな「不和」を見てたら、精神も病みますよ!

②について。
人間は一人では生きて行けない生物ですから、必然的に「群れ」を
作る習性があります。
そして動物と同じく、「群れ」の中に必ず「リーダー」が存在しま
す。
動物であれば「リーダー」は、「群れ」の安全を最優先するんです
が、人間の場合は「地位」「権力」などを最優先します。
だから自身の考えに賛同しない人間は「排除」する行動を取ってし
まうんです。
つまりね、自身の「地位」や「権力」を守るために、何らかの標的
が必要なんです。
だから「イジメ」が発生するんじゃないのかな、ってのが個人的な
妄想の結論なんです。
これだけでも精神が病んじゃうのに、さらに教師や教育委員会まで
もが、「事無き主義」を貫くんですよ。
両親に相談出来ず、公共にも相談出来ない子供の精神は、ますます
病んで行くことになります。

③について。
だ~か~ら~、精神疾患になっちゃうんです。
この状態で「正常な判断をしろ!」って言っても、
「無理でしょ!」

つまり自殺とは、
「個人レベルの問題」
じゃなくて、
「社会レベルの問題」
ってことなんです。

普通に素直に単純に考えてみて下さい。
「何でこの世に生を受けて誕生したのに、自らの命を絶たないと
アカンの?」

普通に素直に単純に、原因を考えてみて下さい。
「現在の日本の社会が異常だから!」
って結論になりませんか?

確かに自殺者の「性格」とか「精神」とかが関連していることは
事実なんですが、この「性格」とか「精神」を育てたのは、
「社会」
でしょ!

つまりね、未成年者の自殺が減少しないのは、
「未成年者が現在の社会に違和感を持っている」
ってことじゃないのかな~?

ここで言う「違和感」とは、
「現代社会は生きにくい」
って感じ。

こんな日本社会を形成したのは、「我々」なんですよね~。

未だに日本はデフレとか言ってる方々がいますが、目の前の
必要品の価格をしっかりと見て下さい。
普通に「値上げ」されてますよね。
ってことは、物価は上昇してるってことでしょ。
しかしデフレなんです・・・、何で?
給料が物価上昇に追随していないから。
ってことは、現在の日本はデフレでは無くて、
「スタグフレーション」
の状況、ってことになります。

安倍政権は「リフレ派政策」を採りました。
しかし日本国民に行き渡るはずのお金が、全て企業の
「内部留保」
という、キャッシュフローに置き換わってしまったんです。

この原因の根本こそが、「グローバリズム」なんじゃない?
だってね、日本独自の「年功型」も「終身雇用」も潰したのが
「グローバリズム」
でしょ。
マジで「リーマンブラザーズ」みたいな企業が、出来上がりつ
つあるんじゃないの!
「簡単に切って捨てる」
企業が・・・。

本当に日本の経営陣って、先が読めない
「今だけ主義」
が多いですよね。

こいつらって、「企業の老後」を考えないのかな?
確かに「雇われ経営者」が多いので、そこまで考えないのも、
当然と言えば当然なんでしょうけどね。

企業と社員の「ウィンウィン」はどこに・・・。

●●●追伸●●●
他にも紹介したい記事がありましたが、長くなったのでここ
までに致します。

最後にこれだけは言わせて下さい!

グローバリズムが蔓延する以前の日本にね、
「勝ち組」
「負け組」
って概念はありましたか?

この記事へのコメント