小学校もヤクザに?(ちょっぴり「台湾」も)

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、パートさんたちと一緒に昼飯を隅っこで食べていました。
話題は勿論ですが「京都アニメーション」!
私もアニメは大好きなんですが、正直なところ知りませんでした。
この後は、自身たちの子供の話に・・・。
「うちのお隣の子は、結局、●子ちゃんがいるところと仲良くして
るみたいやで~」
「うちの近所の同級生は、★子ちゃんとこと仲良くしてるそうや
ねん」
「うちの子は、今んところは、どことも仲良くはしてない見たい
なんやけど、その内、イジメられへんかな?」
「でも噂によると、・・・組の■ちゃんとこが、一番偉そうにし
てるそうやで」
「ウチの娘も同じこと言ってた~!」

って、何なん、この会話?
昼飯食べながら、妄想してしまいました。

最初にクラス内ですら、いくつかのグループが存在する、ってこ
とです。
しかもそこには同じクラス内でありながら、「敵対関係」の様な
ものが、実際に存在している、って考えられます。
そして「・・・組の■ちゃんとこが、一番偉そうにしてる」って
ことは、クラスだけではなく、学年全体に拡大している、ってこ
とだと思うんです。
いつから小学校は「ヤクザ」になったん?
って思いませんか?
私自身が小学生の時も、確かにグループに分かれていました。
ただね、このグループ分けは趣味とか興味といったことによる
グループだったんです。
ヘビメタ大好き、アニメ大好き、将棋大好き、ってな感じで。
だからヘビメタ大好きだった私も、気になるアニメがあればアニ
メ大好きグループによく聞きに行ったもんです。
しかし現在は、このようなグループ形成はされていない、ってこ
となんでしょうね~・・・。
何故「ヤクザ」って言葉を使ったかと言いますと、どうやら
「各グループ間の上下関係が、構築されつつある」
って思ったからなんです。
だから「イジメられへんかな?」って文言が出て来るんじゃ無い
のかな。
中学ならまだしも小学校ですら、こんな状況だとは・・・。
正直「驚き」でした。
こんな環境の小学校で、子供たちが取れる道は3つしか無いん
じゃないのかな↓
①上位のグループに所属する
②とにかくどこかのグループに所属する
③どのグループにも所属しない

①について。
これからの学校生活を子供目線で考えると、ここに集中して来る
可能性が高そうです。
例えばね、
「楽しくなくてもいいから、イジメられずに学校生活したい」
って、考えるんじゃない。

②について。
①のグループとは、どうしても相容れず、楽しさを感じない子供
たちが、結果的に取る手段だと思っています。
つまり、少しでも楽しさがある方向に向かって選択してる、こと。
楽しい・楽しくないは、あくまでも「自己価値基準」なんです。
グループには入るけど、そこに少しでも楽しさを見出したいって
表れだと思うんです。

③について。
グループに入らない、ってことは「一匹狼状態」ってこと。
このような生徒がどれだけいるのかが、重要となります。
何故なら、「自身の価値基準」を子供が最重要視しているから。
この「価値基準」を共有する友達を、徹底的に探すことが最も
重要であり、必要なんです。
多数の友達がいるのであればいいのですが、少数しかいないと
なると、「イジメ」が発生するリスクが高くなります。
だから③の子供たちは、自己防衛のために各グループに対して、
「八方美人」
を演じることになるんです。
こればっかりは、子供にとって「苦痛」以外の何者でも無いと
思います。

だ~か~ら~!
「親」の出番でしょ!
自身の子供がどこのグループにも属さず、楽しく学校生活を
送って行けるようにするのは、「親」の「義務」でもあり、
「責任」でもありますよね。

以前にも書きましたけど、私はイジメ張本人のお宅に行って、
「私の子供をイジメてる奴を、一緒に探してくれへんか?」
ってお願いしました。
この時は、これで収まったんで問題無かったんですが、さら
に続くようだと
教師→教頭→校長→教育委員会→警察→マスコミ→政治家
って道順を考えていました。
これでもどうしようも無いときは、弁護士とヤクザの力を借り
るつもりでいたんです。
「子供が辛い思いで学校生活送ってんのに、親が救わんと誰が
救うねん!」
って思いませんか?

パートさんたちの会話には、「本気」が見えなかったんです。
何か自身の子供とその周辺の話なのに、
「他人事」
みたいな感じで・・・。
これでも「親」か?
子供にとって最後の拠り所は、何だかんだ言っても家族であり
両親なんですよ!

子供を持つ方々は、ここだけは「絶対」に忘れてはいけないと
思うんです。

ってことで、最後にこの記事だけ↓
蔡総統、デマへの警戒呼び掛け 英紙が中国の台湾メディア統制指摘
(フォーカス台湾 2019/07/18 16:30  配信)

まずね↓
「英経済紙フィナンシャル・タイムズは17日付の報道で、台湾の
一部メディアが中国に統制されていると指摘した」
んです。
そしたら、その主要2社が↓
「「悪意をもって中傷するデマ」と報道内容を否定した」
んだそうんです。
これらの文言から、このような結論になりませんか↓
「中国に統制されている=悪意・中傷・デマ」
これって「左翼」がよく使う言葉なんですが、根拠が示されて
いないんです。
ただ「レッテル」を貼るだけで・・・。
この点を見透かしているからこそ、私の大好きな蔡総統は↓
「「操作された、あるいは誤った情報に対して、台湾社会はとりわ
け警戒してほしい」と述べ、デマや操作された情報の拡散防止に向
けて政府と一緒に努力してほしいとした」
この文言の中で、とりわけ重要な文言がこちら↓
「デマや操作された情報の拡散防止に向けて政府と一緒に努力して
ほしい」
中国共産党が金に物を言わせて、徹底的に蔡総統を潰しに来ている
のが、手に取るように分かります。

私個人的に「蔡総統」が大好きな理由が、実はここにあるんです。
冗談抜きで「台湾国民」を中国共産党の「洗脳と弾圧」から守る
ために、必死漕いで頑張ってるんです。

ここで中国共産党の視点から見ると、台湾総統選挙はあくまでも↓
「内政問題」
としてしか、存在してないんです。
ってことは、台湾総統選に外国がゴチャゴチャ言うと、中国共産党
から、
「内政干渉だ~!」
ってことになります。

「???」
ってなりませんか?

だって台湾って、未だに中国共産党の「自治区」になって無いんで
すよ。
勝手に「わしの領土や~!」って言ってるだけやん。

日本にも「赤」は蔓延ってますが、台湾にも「赤」が蔓延っている
ってことです。

特に「国民」よりも「企業とメディア」にね!

図式は同じなんです。


●●●追伸●●●
米国が何で台湾に武器輸出を許可したのか?
蔡総統の再選を確実視してるからなんじゃないの?
だってね、他の候補者って「中国大好き!」ばっかりやん!
ここには台湾国民のことは、全く存在していないんです。
あるのは「チャイナマネー」のみ・・・。

日本企業も同じなんですよね~。

何で日本の経営陣は、ここまで「バカ!」になっちゃったんで
しょうか?

理解が出来ません・・・。


この記事へのコメント