トランプ大統領って「理解不能」なの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

一昨日から昨日にかけて出張しておりました。
同僚と二人で行ったんですが、とある居酒屋に入りました。
その店のメニューに、「とうもろこしの刺身」ってのがありまし
て、思わず注文したんです。
何のことは無い、とうもろこしが1本運ばれて来て、そのままで
「かぶりつけ!」って一品。
確かに生でも甘いし、柔らかくて美味しいんですが、やっぱり
茹でた方が美味しいですよね~。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
韓国、トランプ大統領からの圧力受けWTO途上国地位を放棄へ―中国メディア
(RecordChina 2019年9月6日(金) 14時30分 配信)

そもそもWTOって、米国が米国の貿易を有利に進める(つまり
は、米ドルを貿易における基軸通貨にする)ための、国際機関
だったはず。
ところが現在は、その役割を果たしていません。
何故か?
WTOに中国が進出して来たからです。
だからトランプ大統領はツイッターで、
「WTOは破壊されている」
ってな発言をしているんです。
日本語に訳すと、
「WTOは「赤」に染まっている」
ってな感じでしょうか。
ひょっとしたらトランプ大統領は、新しいWTOを立ち上げよう
としているのかもしれません。
だって、こちらの文言↓
「米通商代表部(USTR)に対し、10月23日までに対処するよう
求めたことを明らかにした」
この文言で言う「対処」とは、一体何なの?って考えると、赤
に染まった現在のWTOではなく、米国が作る「新WTO」に賛同
してくれる国々を「探し出せ!」、ってことなんじゃないのか
な~・・・。
韓国の反応は、どうでもいいんです。

お次はこちらの記事を↓
日本製品の購入制限条例可決 「戦犯企業」を規定=ソウル市議会
(聯合ニュース 2019.09.06 17:33 配信)

この記事のポイントとなる言葉は、これだけ↓
「努力」
つまりね、官民一体となって「不買運動を努力しようぜ!」って
言ってるだけの決議・・・。
韓国政府自体の、このことに対する発言が無いってことは、無言
で「容認」している、ってことなんでしょうね。
これってね、南北統一を果たしたときの外交問題を、今のうちに
解決しとけ!って思いませんか?
日米ではなく、中ロ側に「付きますよ!」って宣言しているよう
に思えてならないんですけどね。

で、米国の動きを見ると↓
米、イエメンのフーシ派と内戦終結めぐり協議 4年ぶりの接触
(AFP BB NEWS 2019年9月6日 13:02 配信)

米国とイランの対話の「第一歩」が開かれた!って記事です。
ここで日本も何らかの形で関与することが出来れば、文句無し!
何ですけどね~・・・。

ってことで、米国がこの情勢をより有利にするために取った行動
がこちら↓
米が宇宙軍設立 太平洋軍などと同等に位置付け
(AFP BB NEWS 2019年8月30日 10:17 配信)

この記事のポイントとなる文言は、これのみ↓
「現代の戦争に欠かせない衛星や高高度航空機などを主とした重
点的な戦闘領域へと宇宙空間を格上げする」
この記事には出て来ない言葉なんですが、
「NCW(Network Centric Warfare )」
が、この宇宙軍創設となった「きっかけ」だと思います。
このように考える理由は、
イラン=火力による物理的な戦争
中国 =ネットワークを中心とした非火力的な戦争
じゃないか、って考えているからなんです。
なんだかんだ言っても、現在のところは、まだ米国が宇宙空間を
制圧しています。
だってね、米国の強さはこのNCWが示す通り、軍事衛星を中心と
した陸海空軍の情報共有が、迅速に出来る点にあります。
つまり、軍事衛星は米軍にとっての「目」ってこと。
そしてこの技術は、米国が最高水準なんです。
だ~か~ら、中国やロシアはこれに対抗するために、衛星破壊
などを目的とした兵器の開発に「躍起」なんです。
そしてこの技術を中国なんかに「盗まれた」日にゃ、米国の優位
性は「あっ!」という間に終了しちゃいます。
だから現在の米国の軍事力を背景に、中国を徹底的に潰しに来て
いるんです。

だって米国の「目」を中ロは潰しに来てるんですから。

●●●追伸●●●
私の周囲でも、
「トランプがやってることは理解不能」
って言う方々が多いんですが、個人的には非常に分かり易い、
って言うか、大統領選で「公約」したことを実行してるだけの
ように見えるんですよね~。

何が「理解不能」なんだろう?

この記事へのコメント