香港と台湾の気持ち、世界に伝わらないかな~

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はパートさんから蟹味噌を頂いたので、この蟹味噌を使って
晩飯を作ろう、って考えたんです。
ちょうど乾麺の讃岐うどんがあったので、こいつを茹でて水を切
り、そこにめんつゆをかけて蟹味噌を乗せて食べてみました。
味は悪く無いんですが、何か物足らない感じ。
ってことで、生卵を加えてみました。
生卵と蟹味噌との相性は、あんまり良くないようですね~。
仕方が無いし勿体無いので全部食べましたが、こりゃ、失敗作に
なるのかな~。
まだパスタとかグラタンとかの方が、相性は良さそうに思えます
ので、気が向いたら試してみようと思います。
本当はネットで検索すれば、いくらでもレシピなんか出てくると
思うんですが、それじゃ~、つまらないじゃないですか。
やっぱ自身で考えないと。

ってことで、本日最初の記事はこちら↓
中国 香港統治制度への「挑戦容認せず」 愛国心強化へ
(SPUTNIK日本 2019年11月02日 12:30 配信)

この記事で注目すべき文言が、こちら↓
「沈主任は、党幹部らが香港における統治制度をさらに改善して
いくことで一致したと説明」
香港は英国からの返還時に特別行政区となっており、香港独自の
法制度もあるんです。
その法制度では、集会・デモ・言論の自由がされているんですが、
これがまた中国共産党にとっては、大迷惑な代物。
この文言で言う「改善」とは、中国共産党に迷惑な法制度を少し
ずつ変えていく、ってことなんでしょうね。
この法制度がある限り、香港デモの参加者が暴徒にならないと、
警察権力を発動出来ませんからね。
そしてこのような香港市民を育てないためにも、
「国民意識や愛国心を高めていく」
ことが必要なんでしょう。
最悪の場合、香港も新疆ウィグルのような状態になってしまうか
もしれません。

そして、こちらの記事を↓
習近平国家主席「法に基づく暴力を制止し、香港市民の幸福を守る」
(人民網日本語版 2019年11月05日16:19 配信)

個人的にこの記事を読んで、
「林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は、生贄にされちゃった
のかも」
って感じてしまいました。
だってね、表面上は人民解放軍を出す訳にも行きませんし、そう
なると香港警察の力で、何とかこのデモを抑え込ませるしか無い
からなんです。
「暴力と混乱を制止し、秩序を回復することが今も香港にとって
最も重要な任務だ」
これが習さんの目的になります。
この目的のために、
「法に基づき暴力活動を制止し、懲罰すること」
を実行しろ、ってのが指示になります。
さらに中国共産党の考えとして、
「香港社会各界が『一国二制度』の方針と基本法を全面的かつ正
確に貫徹」
ってなるそうなんです。
ぶっちゃけ、香港の法制度を中国共産党の「方針」に照らし合せ
ながら、変更していくからな、って言ってるようなもんじゃない
の?これって。

この会談の結果、こんなことが発生してしまったんです↓
香港警察が実弾発砲、デモ参加者撃たれる 朝の衝突
(CNN 2019.11.11  14:35  配信)

反トランプ急先鋒のCNNでも、このように報道しているんですね。
っていうか、これはちょっとやり過ぎで、世界中で報道されてし
まっていますからね~。
しかも林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官よりも、その背後に
いる習さんの方に全世界の目が向いているはずだと思うんです。
習さんにもちょっと焦りが出始めてるのかもしれません。

って思ってたら、すかさずこんな記事が↓
蔡総統、北京と香港の政府に呼び掛け「民主主義の約束で応えるべき」/台湾
(フォーカス台湾 2019/11/11 17:55 配信)

さすがは蔡英文総統だと、改めて関心しちゃいました。

まずね、こちらの文言↓
「銃弾ではなく、民主主義や自由への約束で香港の人民に応える
べき」
言うまでもなく、
「銃弾」=「中国共産党の方針」
ですよね。
そして、
「民主主義や自由への約束」=「香港特別行政区基本法」
ってことなんで、「遵守せんか!」って言ってるんです。

そして、
「発砲は問題を悪化させるだけだ」
という事実を述べた後で、
「対話でこそ問題を解決できる」
って文言を使っているんです。
この文言って、中国共産党の外交部も含めた全員がしょっちゅう
使っている文言ですよね~。
「他人に言うなら、自身も対話に応じろよ!」
っていう皮肉なんじゃないのかな。

蔡さんと習さん・・・。
これだけでも、人間としての「質」と「格」の違いが歴然とし
ていると思いませんか?

●●●追伸●●●
香港デモの長期化は、少なからず台湾の世界派によい影響をもた
らすものと考えられます。
っていうか、台湾の親中派にとってはかなり悪いイメージが拭え
ない、って言う方が正解かもしれませんね。

このように中国共産党の支配の下では、「自由」が存在しないん
です。

香港市民の気持ち、台湾国民及び蔡英文総統の気持ち・・・。

世界に伝わらないかな~!!!

この記事へのコメント