アメリカファーストの真の狙いは、中国なのかも?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、っていうよりも、結局はこうなっちゃいましたね↓
韓国政府、「条件付き」GSOMIA終了通知の効力停止を決定…WTO提訴も停止
(中央日報日本語版 2019.11.22 18:14  配信)

まあ~、この記事は見出しだけで十分かな。
当然ながら米国の圧力も相当なものがあったと思いますが、韓国
にこのような決断をさせたのは、金さんの一言じゃないのかな。
釜山で開催されるASEANに対して、
「おら、行かね!」
って、言いましたからね。
男女の会話で例えると、こんな感じかな↓
文子「今度私の家でASEANを開催するの。来てよ」
金男「行かん!」
文子「私、GSOMIA破棄を決定したのよ」
金男「それだけじゃ、不十分だ」
文子「それに米男の駐留軍費増額も拒否したのよ!」
金男「それでも不十分だ。何故追い出さない?」
文子「私の力じゃ、追い出せないの!分かるでしょ!」
金男「分からん」
文子「増額拒否で、少しずつ米男の軍を追い出そうとしてたの」
金男「なら何故、米男の軍と仲良く訓練するんだ?」
文子「だから今の私じゃ、米男には逆らえないのよ!」
金男「俺たちが交わした約束を思い出せ!」
文子「覚えているわよ!だから必死にやってんじゃないの!」
金男「どこが必死なんだ?話にならん!」
ってな感じでしょうか。
意気消沈した文子は、ブチ切れ寸前の米男の言うことを、聞かざ
るを得ませんでした。
もっと金男と蜜月な関係を構築してからじゃ無いと、米男に立ち
向かえないですからね。
さすがに現状維持だと、本当に「八方塞」になっちゃいますから、
土壇場でこのような決定をしたんでしょう。
文子の「仕切り直し」といったところでしょうか。
今後が楽しみですね~。

ってことで、本日最初で最後の記事がこちら↓
李克強総理、より高いレベルの対外開放を強調 「1+6」円卓対話の共同記者会見で
(AFP BB NEWS 2019年11月22日 9:17 配信)

この記事にある各国際機関ってのは、既に「真っ赤」に染まって
いるんでしょうかね~。
そうだとしたら、トランプさんがケチをつけることも脱退を示唆
することも頷けてしまいます。

この記事の中では、やたらと
「安定、合理的、公開、透明、公正」
といった言葉が、散りばめられています。
つまりは、これまでその逆のことをやって来た、ってことを証言
しているようなもんです。

ってことは、こちらの文言↓
「中国経済の運営は今年に入り全体的に安定を維持しており」
は、維持出来ていない、ってことになります。

さらにこちらの文言↓
「外資の市場参入規制をさらに緩和」
外資に頼らざるを得ないほど、中国GDPにおける国内消費の割合
は低いんだろうな、ってことは想像出来ますよね。

最後にこちらの文言↓
「輸入を積極的に拡大することで、各方面との互恵ウィンウィンを
実現する」
こりゃあ~、米国に対するメッセージだと個人的には考えてます。

ここで考えて頂きたいのが、トランプさんの
「アメリカ・ファースト」
なんです。
グローバリズムは、利益に特化した経営を主体としますから、必然
的に低コストで運営できる国々に、工場を移転させて行きます。
つまり米国には、製造工場が極端に存在しないんです。
その多くは、中国からの輸入に頼っている状態とも言えます。
こんなんじゃ製造部門は、中国に牛耳られているのと、同じじゃな
いですか。
だから海外に出て行ってしまった米国工場を、米国内に呼び戻そう
としているんでしょ。
つまりは、
「米国内で部品から製品まで、一貫して製造させたい」
ってことなんだと思うんです。
故にグローバリストからは、徹底的に嫌われるんじゃないのかな。

さらに言うと、米国の中国に対する最大の弱点は、
「レアメタル」
なんじゃないのかな。
何てたって中国が保有する、核兵器以上の「武器」ですからね!
これが無いと、最新技術は成立しませんから。

米国が中国と争う理由は、こういうものなのかもしれません。

アメリカ・ファーストは、グローバリズムによって出来た膿を出す
ことだと、個人的には考えています。

●●●追伸●●●
日本国内を見ても、同様の状況になっていますよね。
工場の海外への拠点移動・・・。
日本国内だと賃金が高いので、より安い賃金の国を求めて工場を
移転させてしまうためです。
グローバル企業にとっては、「利益」が全てです。
例え日本が中国の属国になっても、自社の利益が担保されるんな
ら、日本の存続なんてどうでもよいんだと思います。
だから外国人労働者を受け入れてしまうんです。

生産性さえ向上させれば、少人数の日本人でも十分に利益は出せま
すよ。
しかも生産性の向上は、技術を進歩させます。
今の日本に必要なものばかりじゃないですか?

何でドイツを反面教師にしないんだろう?

不思議でなりません。

この記事へのコメント