中東不安定を望むのは?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日はパートさんたちと昼飯を食べていました。
新型肺炎の話題から、いつのまにやらコンビニのスイーツの話に
なり、そこから何故か恵方巻きの話になり、最後は少子高齢化の
話題に大変身していました。
パートさんたちが心配する少子高齢化問題とは、簡単に言うと、
年金問題ってことです。
私からすれば、論点がメチャクチャなんですよね。
そもそも少子化と高齢化は、全くの別問題でしょ。
年金は保険制度と同じなんですから、給付金は減少しても、無く
なることはありませんし・・・。
だったら老後の生活設計をどうするかを考えるべきなのに、年金
に頼ろうとするから、年金問題なんて代物が出て来るんです。
こんなことを親が考えているようでは、子供に悪影響しか与えな
いと思うんですけどね。
今より輝こうとしている子供には、もっと未来や希望を与えるこ
とを教育しないと、ダメなんじゃないの。
親が未来や希望を持っていないから、子供にも持たせることが出
来ない、ってことでしょ。
何でもかんでも政治の責任にするのはどうかな~?
自己責任の範囲で未来や希望を持つべきだと思いますけどね。
以上のことを、パートさんに意見を求められたので話したんです
が、反応は、
「偉そうに!」
「何様のつもり!」
ってな感じ。
個人的な考え方ですので、説得する気も納得させる気も無いので、
これ以上は何も言いませんでしたが、私の考え方は「却下」され
てしまったようです。
子供に暗い未来と暗い希望を与える親なんか、マジで「最低」だ
と思うんですけどね。
暗い未来と暗い希望を持った子供が成長しても、日本には暗い未来
しかあり得ないのに・・・。

ってことで、本日最初の記事はこちら↓
トランプ氏、中東和平案を発表 パレスチナは反発
(BBC NEWS JAPAN 2020年01月29日 配信)

イスラエルとパレスチナでの最大の懸案事項は、
「エルサレムの領有権」
ですので、これがイスラエルのものになる以上、パレスチナが
反発するに決まっています。
どれだけ領土を拡大させても、この1点は譲ることは無いものと
思われます。
しかも米国は、エルサレムをイスラエルの首都ととして認めて
しまっていますし。
この時点で、米国がパレスチナ問題を解決すること自体、不可能
なんですよね~。
それでも和平案を出さないよりは、まだ出した方が遥かにマシで
すけどね。

それよりもイランの反応が興味深かったんです↓
ParsToday
(2020年1月30日現在)

イランの国会議長や外相、外務省報道官のコメント記事はあるのに、
ローハーニー大統領の記事は、何の意味も無い記事内容。
偶然なのかもしれませんが、何か気になりませんか?
昨年11月の訪日以来、何かすっかり存在感が無くなっているように
感じるんですけどね。
このように感じるのにも、理由があります。
恐らくイラン政府内は、極度に反米一色じゃないか、ってこと。
そしてその中で、穏健派といわれているローハーニー大統領が孤立
しているんじゃないか、ってことです。
さらに言うと、軍事や安全保障の権限はハーメネイ師にあります。
だからこれらの権限を持たないローハーニー大統領は、蚊帳の外
ということも、十分にありえることです。
逆に言うと、ローハーニー大統領がこの反米勢力を何とかして押さ
え込んでいた可能性すら、十分に考えられるんです。
このように妄想すると、イランの反米勢力の力がさらに強くなり、
ヘタをすると「イケイケ、ゴーゴー!」の状況にすらなるかもしれ
ません。
但し、まだ自制は利かせていると思われます。
それ故、米国本土でのテロや核開発といった類のことは、現段階で
はしないんじゃないのかな。
これをやっちゃうと、米国の本気度が一気に上昇しますので、中東
全体を巻き込んだ問題に発展してしまうからです。
もしかしたら中東戦争に発展する可能性だってありますから。
そして、この状況を待ち望んでいるのが「IS」だってことも、さす
がにイランは認識しているはずです。
だから核開発ではなく、あえて「ウラン濃縮」という形で、濃縮レ
ベルを引き上げていく、ってな言い回しをしたんじゃない。

そしてIS同様、中東の不安定化を待ち望んでいる国も存在します。
ロシア、トルコ、中国の3ヶ国です。
ロシア:米国が去った中東での影響力拡大を目指す
トルコ:ロシアと同じスタンス
中国 :一帯一路を活用した覇権拡大を目指す
ってなところでしょうか。
何が言いたいのかといいますと、これら3ヶ国にしてみればイラン
を支援することは「国益に適っている」、ってことなんです。

トルコは、かつてのオスマン・トルコ帝国復活を夢見ているのか
もしれませんが、ロシアと中国は間違い無く武器輸出を目的とし
ているように思えます。

今以上に中東が不安定にならないことを、祈るしかありません。

●●●追伸●●●
個人的に最も最悪のシナリオが、イランの「核開発宣言」を発表
してしまうことなんです。
こんな発表すると、確実にサウジアラビアも核開発に着手します。
こうなると、「俺も!」「俺も!」ってな状態になり、手が付け
られくなります。
この状況のときこそ、第3次世界大戦勃発の危険性があると考え
ているんですが、果たして・・・。

この記事へのコメント