中国は世界の経済を支える存在、なの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も帰宅時にスーパーに立ち寄ったんですが、入った瞬間に目に
付いたのが、キャベツ1玉88円!
残り3玉しか無かったので、速攻で買いポジです。
ここからキャベツで何を作ろうか悩んじゃいました。
粉物は普段から食べてるから、たまには別のものも食べたいしね。
ってことで店内を徘徊していたら、何と賞味期限明日までのブロッ
クベーコンが7割引の198円!
これも買いポジですよね。
最初はベーコンキャベツ炒めで食べようと考えていたんですけど、
途中から考えが変わりました。
ブロックベーコンを入れたロールキャベツにしよう、って。
ってことで帰宅して、コンソメでコトコトロールキャベツを煮込ん
でいたんですが、ここで悪魔のささやきが・・・。
「カレールーを入れてみたら?」
ってことで、ロールキャベツを十分煮込んだ後でカレールーを入れ
てみました。
和風だしで作るカレーと違って、かなりインパクトのあるカレーに
なりますね。
私のような薄口が好きな人間には、かなり「濃い!」って感じちゃ
います。
ただね、カレーライスとして食べる分には美味しいですね。
特に副神漬けよりも、らっきょの方が合いそう。
って、何やってんだろう、私は・・・。
ちなみにブロックベーコンロールキャベツは、メッチャ美味しい
ですよ。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
中国 WTO加盟国に貿易制限の回避求める
(SPUTNIK日本 2020年02月12日 13:40 配信)

この文言のみが重要↓
「中国は世界の経済を支える存在で、過剰な反応が広がればその副
作用は避けられない」
360度パノラマで「泣き」が入ってるやん!
それだけ「深刻」ってことなんでしょう。
でもね、そんな中国に付き合う必要なんか、全くありませんから。
各国は、各国の国民の命と財産と経済を守ればいいだけです。
「犬の遠吠え」
みたいな感覚でね。

お次は、こちらの記事を↓
新型ウイルス、北朝鮮で「3人死亡・18人感染」の情報
(ParsToday 2月 12, 2020 21:02 配信)

北朝鮮も先月22日に人、28日に物の受け入れを中止していますが、
まあ~、間違いなく感染は広がっているものと考えるべきだと、
個人的には思っています。
だって中国と同じく、軍事力に注力するあまり、公衆衛生や防疫
に力を入れて来たとは、到底考えられないからです。
そして何より、
「貿易の9割以上を中国に依存する北朝鮮は、このままだと国が持
たない状況となりうる」
と、イラン側も見ている訳ですので、当然ながら十分な治療が行え
るはずもなく、新型肺炎かどうかを調べる物資も不足しているはず
でしょうからね。
さらに、
「北朝鮮当局は、経済制裁の影響に乱れた治安を抑え込むため、一
昨年の末から公開処刑を活発化させています」
とありますが、この公開処刑の大半は脱北しようとした人々でしょ
う。
ただイランも経済制裁による貧困でデモが発生しましたが、武力に
よる殺戮で封じ込めようとしましたから、同じようなもんだと思い
ますけどね。
ただ北朝鮮の場合、中国よりもインフラが整備されていないので、
感染拡大の速度は緩やかなのかもしれません。

そんな中で、こんな記事↓
ボルボ・カーと吉利汽車、合併の検討開始
(AFP BB NEWS 2020年2月13日 18:30 配信)

ボルボも地に墜ちましたね~。
グローバリズムは1%の富裕層と99%の貧困層を生み出しました。
当然ながら、高級ブランドに手が届く人口が減少するのは当然の
ことでしょ。
だって60ヶ月ローンしてまでボルボに乗りたいと思いますか?
日本の優秀な軽自動車で十分でしょ。
結局は、中国の市場頼みになっちゃっているんです。
だから最初の記事で取り上げたように、
「中国は世界の経済を支える存在」
って、中国も強気に出て来ることが出来るんです。

他にも上海でテスラやその他企業が、操業再開しつつありますが、
それだけ中国経済に頼る企業が世界中にある、ってことなんやろ
な~。
だから中国は、
「中国は世界の経済を支える存在」
って言えるんです。

最後もAFPから↓
フランス、ファーウェイを5G網から排除しないと明言
(AFP BB NEWS 2020年2月13日 19:30 配信)

正確には「排除しない」、じゃなくて「排除出来ない」ってこと
でしょう。
それだけファーウェイがフランスに浸透しているってこと。
米国は嫌いだしロシアの脅威にも怯えるEUとしては、中国ベッタ
リにならざるを得ないのかもしれません。
これはドイツも同じでしょうね。
だから中国は、
「中国は世界の経済を支える存在」
って言えるんです。

本当にマジで、世界が「脱中国」のいい機会なのに・・・。

●●●追伸●●●
そりゃま~、米国も「アメリカ・ファースト」ですから、他国に
対して米国利益優先の政策をするのは、当然のことです。
しかし少なくとも領土を奪ったりはしません。
ウィグルやチベットやモンゴルのように、極端な弾圧もしません。
米国と中国、どちらが覇権国家ってな問題じゃなくて、どちらの
方が、よりマシですか?ってことだと思うんです。

本来、こんな時こそ日本がリーダーシップを執れるチャンスなん
ですけど、ね~・・・。

この記事へのコメント