新型肺炎から見た大切なもの

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

昨日は久しぶりに釣り仲間と飲みに行ったんですが、どうも飲み過
ぎました。
話題はやはり新型肺炎と世界情勢になっちゃいますよね。
話のポイントは、「脱中国」がどれだけ進むか、ってところ。
まあ~結論としては、「喉元過ぎれば何とやら」で進まんやろな、
ってことでした。
本当にいい機会なんですけどね。

ってことで、本日最初の記事はこちら↓
批判の矢面に立つ日本 クルーズ船の検疫は効果があったのか? 日本人、外国人それぞれの見解
(SPUTNIK日本 2020年02月22日 00:35 配信)

初めに、こちらの文言↓
「マスコミは、検疫措置は「失敗」で3700人余りを乗せたクルーズ
船は「波間に浮かぶ監獄」、「ダイヤモンド製の罠」とこき下ろし
ていた」
ロシアから見ても、日本のマスコミってこんな風に見えてるんでしょ
うね~。
そして、こちらの文言↓
「この状況にさらに輪をかけたのが神戸大学感染症内科教授の岩田
健太郎氏が発信したビデオメッセージ「ものすごく悲惨な状態で、
心の底から怖い」の告発だった」
こんな教授は知りませんが、とにかく政府の要請を受けてこの客船
に入ったんじゃないの?
挙句がこれですよ!
こいつ、マジでチュチェ思想の塊なんじゃないのかな。
どんだけ偉いんか知りませんが、日本人としては「最低」ですね。
知識人たる教授が、国民に対して「恐怖」を煽ってどうすんの?
何やねん、コイツ!
しかも動画を削除してるし・・・。
本気で日本国民のために感染症を研究しているとは、到底思えない
のは、私だけ?

ここからが、チクチクと来ているから面白い記事なんです。
例えば、こちら↓
「マシュー・スミスさんは「米国政府は自分たちの行動で日本政府
の検疫プログラムに穴をあけている」とこれを非難した」
さりげなく、米国批判してますよね~。

さらに、こちらの文言↓
「致死率80%のウイルスであったら、無理矢理にでも船から脱出し
ようとしたでしょうが、今回程度のウイルスなら感染してもいいや
ぐらいの心境でした」
これって健康に自信がある人々の心境だと、個人的に思うんです。
この文言に対する国民の答えが、こちらなのかもしれません↓
「政府は多分何か隠しているかもしれないけれど、全力を尽くして
いるだろう」
「何か隠している」とは、日本国民に知れ渡るとヤバイ内容。
「全力を尽くしている」とは、それでも日本政府を信用してる。
個人の防疫なんて小さ過ぎなんですから、政府に頼るのは当然。

そして、この文言は個人的にも全く同感なんですが↓
「尾身氏の見解では日本が今、第1に取り組むべきことは感染拡大
のペースを緩めさせること、そして死亡率を下げることにある」
特に「死亡率」が重要です。

ここからは、非常識なことを妄想しますからね!

ハッキリと言いますが、ご老体が死亡されても何らかの疾患保有者
が殆どでしょうから、特別大きな記事になることは無いと思われま
すが、小さな子供や赤ちゃんが感染して死亡した場合は、別次元の
話にステップアップしちゃいます。
「高齢化問題」とは、「少子化問題」が存在するから出て来たんで
しょ。
「少子化問題」が存在しなければ、「高齢化問題」なんて、そもそ
も存在しない「問題!」なんです。
これって、今の私自身にも問いかけていることなんですが、
「今より消え行く光が大切ですか?」
「今より輝こうとしている光が大切ですか?」
「消え行く光も輝こうとしている光も大事ですか?」
私は、
「今より輝こうとしている光が大切ですか?」
なんです。
何故なら私自身が、
「今より消え行く光が大切ですか?」
の存在だから。
こんなん、大切にしたらアカンって!
「少子化問題」を解決しない限り、「高齢化問題」はどこまでも
付き纏う問題なんですから。
このことが理解出来ていないから、安倍さんは「アホ!」なんです。
そうでなければ、日本国首相ですら
「逆らえない」
存在がいる、ってことです。
こんなん、都市伝説なんでしょうけどね。

とにかくね、現在の日本政府がやるべきことは、感染者数の増大を
食い止めることも勿論なんですが、最優先は「死亡者数」を限りな
く「抑える」ことだと思うんです。
特に乳幼児と子供のね。

こんなことくらい、私のような一般人でも分かることなのに・・。
国民を犠牲にしてまで
「中国」
に媚を売る必要が、何処にあるんでしょうか?
中国相手でしか商売出来ない企業なんか、潰れりゃいいんです。
家族も含めると何万人規模かもしれませんが、それでも中国の属国
になるよりは、遥かに「マシ」ですよ。
日本政府も経済界も、国民の命より「中国」の方が大切なんでしょ
うね。

今回のSPUTNIK日本の記事って、日本人に対する問い掛けだと思い
ませんか?
「中国離れて、ロシアにおいで」
っていう、ね。

お次は、こちらの記事を↓
イラク北部の米軍基地にロケット攻撃
(ParsToday 2月 22, 2020 18:17  配信)

世界中に新型肺炎が蔓延しつつあるのに、何やってんだろう。

これこそ「信念」って奴でしょうかね?
こんな「信念」が必要ですか?
こんな「信仰」が必要ですか?
マルクスが資本論で
「宗教は麻薬だ」
って言った本質は、ここにあると思うんです。
だから中国共産党も全力で、宗教潰しをするんです。
私は赤色に染まってはいませんが、ここだけは同意します。
何故なら、その宗教観がその人にとって「絶対」になっちゃう
から。
私は、この世の中全て「相対的」だという考え方ですので、どうし
ても「絶対的」っていう考え方には反発しちゃいます。
宗教指導者がトップにいる国家には「絶対」しかありませんよ。
この「絶対」とは宗教上の「教え」ってことになるんでしょうが、
イラン国民の目がどこまでこの「教え」に向いてるの?
本当にソレイマーニー司令官は英雄なの?
私には、虐殺者としか見えないんですけどね。
「イランの終わりの始まり」
を、イラン自身が示しているようにしか思えません。
ローハーニ大統領をハーメネイ師が遠ざけるようであれば、この
妄想も真実味を帯びて来るものと思われます。
こんなことばっかやってると、新型肺炎がイランで流行したとき
には、瞬く間にパンデミックになるのにね。
国民の命よりも宗教の方が、「大切」なんでしょうね。

最後にこちらの記事を↓
新型ウイルス、韓国の感染者346人 死者2人に
(AFP BB NEWS 2020年2月22日 15:12 配信)

何かいつのまにやら日本を抜いて韓国は、感染者数第二位になった
ようですね。
米国のインフルエンザも教会での集団感染が流行の原因と言われて
ますが、全く同じですね。
何故今の時期に集団で行事を行うようなことをするのか、全く理解
出来ません。
そしてどうやら院内感染も発生しちゃったみたいです。
こうなると、感染拡大を止めることは難しい状況になりますね。
在韓米軍の即時撤退は無いでしょうけど、その家族の米国帰国は
時間の問題かもしれません。

韓国経済は益々悪くなるばかりですね。
国民の命よりもチュチェ思想の方が大切なんでしょうね。

中国についで韓国も「感染国」の仲間入り。
日本も今のままじゃ、仲間入りを果たしそうです。

●●●追伸●●●
陰性で下船した人も、帰宅後に発症しちゃったみたいですね。
これって、現在の検査は不十分ってことなんです。
恐らくなんですが、検査キット自体は100%能力を発揮しているんで
しょうから、問題は「検体」の採り方なんじゃないのかな。
どのような検体の採り方がよりいいのか、考えた方がいいんじゃない
のかな。

企業も自宅勤務が可能ならばさせるべきですし、公共交通機関による
通勤よりも、マイカー通勤させるべきです。

社員と社員の家族の命を企業利益よりも
「大切」
と考えているんならね。

この記事へのコメント