理性と感情をコントロールしないとね

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、パートさんたちと昼飯を食べていました。
相変わらずの新型肺炎ネタばかりですし、学校休校の愚痴ばかり。
そんな中で気になったパートさんの声が
「どうせピークを遅らせても、感染者の数は変わらんやろ」
ってもの。
恐らくメディアの受け売りだと思うんですが、全くの
「勘違い」
って奴ですね。
例えばですけど、総感染者数2000万人がピークとしたら、遅らせ
ても2000万人が結局はピーク、っていう考え方なんです。
通常は、以下のように考えるべきじゃないのかな↓
①ピークを遅らせる=感染者数を増加させない
②感染者数を増加させない=総感染者数を増加させない
よって、
③ピークを遅らせる=総感染者数を増加させない
つまりね、ピークを遅らせることは、総感染者数の減少にも繋が
るってことなんでじゃないの。
だから「ピークを遅らせる」べきなんです。
論理的というか理性で考えると、この結論になると思うんです。
ってことは、
「変わらんやろ」
っていう結論は、論理的でも理性でも無い考えから導き出された
ことになりますよね。
これって、
「感情」
しか無いんじゃないのかな。
論理的とか理性ってのは、必ず「未来」を見据えた考え方をしま
すが、感情は「今現在」しか見ない考え方しか出来ません。
よく
「感情的に・・・」
「感情に流されて・・・」
っていうことがありますが、これらなんか典型的な
「今現在」
しか見ずに判断した、ってことでしょ。
そしてこれらの文言は、何か失敗したときによく使われます。
つまり、
「感情だけで判断してはいけない」
ってことなんですが、論理的に理性だけで判断してしまうと、
「人間性が問われる」
状況に成りやすいことも、結構あります。
極端な例ですが、お年寄りの方に席を譲るのは理性ではなくて、
感情じゃないのかな。
そこにはご老人を敬う感情があるから、このような行動が取れ
るんだと、個人的には思うんです。
何故こんな例を出したかと言うと、人間は論理的に理性だけで
物事を判断しても、感情だけで物事を判断しても、
「結果が出ない」
ことが多いと思われるからなんです。
何が言いたいのかと言いますと、論理的な理性と感情の
「ほど良いバランス」
が必要なんじゃないのかな、ってこと。
では、この「ほど良いバランス」を獲得するためには、どうし
たらいいんでしょうか?
個人的には、
「経験」
しか無い、って考えています。
成功するも失敗するも、実際に行動した結果なんですから。
つまり、行動しないと成功なのか失敗なのかすら、判断出来な
いんですからね。
しかし個人の経験だけで政府や企業や地域の判断なんか、はっ
きり言って「不可能」です。
だから経験豊富な個人が重宝されて来たんです。
この考え方における、世界に類を見ない日本独自の制度こそ、
「年功序列」
だったんじゃないのかな。
現在の日本では、「死語」になっちゃってますけどね。
世界に誇れる日本の制度だっただけに、残念でなりません。

パートさんの一言でここまで妄想してしまうとは、私もマジで
「病気」なんやろか・・・。

●●●追伸●●●
ここで新型肺炎も、ちょこっとだけ↓
新型コロナウイルス、現在の感染者・死者数(12日午後6時時点)
(AFP BB NEWS 2020年3月12日 20:40 配信)

この記事で注目すべきは、
「イタリアが感染者数世界第2位」
ってことです。
イタリアは先進国って言われてるのに、何で?
パっと思い付く限りでは、
④カトリック京都がほとんどを占める
⑤実質的に膨らむ財政赤字
ってなところでしょうか。

④について。
韓国を見れば一目瞭然でしょ。

⑤について。
財政赤字が膨らんでいるってことは、EUから緊縮財政を求めら
れていることに間違いはありません。
ってことは日本と同様で、『医療費削減」が盛り込まれている
可能性は、極めて高いものと思われます。
患者負担を増加させるのと同時に、医療機関の縮小もやって来
たんじゃないのかな。
だってね、医療費削減ってことは医療関係者への収入が減少す
るってことでしょ。
緊縮財政なんだから・・・。
その穴埋めを政府がするはずもありません。

現在の日本も財務省主導の元、緊縮財政を続けていますよね。

国家が黒字になる以上、誰かが「赤字」になるんですよ。
その答えは、「国民」です。

「税金」という名の徴収によってね。

この記事へのコメント