新型肺炎と国民主権

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も診察のために病院に行って来ました。
目的は顔面の抜糸のためです。
ってことで、待合室で備え付けテレビを何気無く見ていました。
当然ですが内容は「緊急事態宣言」のみ、ってこと。
「宣言すんのが遅過ぎるんじゃ~!」
「強制力の無い自粛に何の意味があるんじゃ~!」
「検査数が少な過ぎるんじゃ~!」
ってな論評が、数多く見られました。
例えば「宣言するのが遅過ぎる」と言うのは簡単ですが、これを
言うんだったら、いつの時点で宣言するのが適正だったのかを、
個人レベルで構いませんので言うべきでしょう。
「自粛に強制力を持たせる」のは、次の一手の話です。
国民レベルの自粛において、感染拡大が阻止出来なかったときに
打つべき手法なんじゃないのかな。
しかも感染拡大の原因が、「自粛無視」だったときのね。
緊急事態宣言とは、国民に対する「警告」でしょ。
だから「ご協力お願いします」ってなるんです。
ここで国民が協力せず、結果的に感染が拡大する自体に陥れば、
次は法的な強制力を持った「戒厳令」に移行するでしょう。
これってね、結局のところ警察官を総動員するしか無いんじゃ
ないのかな。
こんな状況を作り出したら、日本の警察力が著しく弱くなるこ
とは、目に見えていますよ。
そして「検査数が少ない」という論評なんですが、現在の日本の
新型肺炎による死亡者数を見て下さい。
世界に誇れるくらい低いんですよ。
検査数を増やしたら、死亡者数がもっと減少する、という根拠を
示すのであればともかく、ただ単に「少な過ぎる」、じゃ説得力
が余りにも無さ過ぎます。
ってことで、改めてこちらをご覧下さい↓
安倍内閣総理大臣記者会見
(首相官邸HPより 令和2年4月7日)

緊急事態宣言の目的は、
「死亡者を出さないこと」
でしょ。
この目的を達成するためには、
「医療崩壊を起こさせない」
という目標が、最優先となります。
この目標を達成するために、
「感染拡大の阻止」
「医療現場の維持・拡充」
ってな目標になります。
後は、これらの目標を達成するために、より細かい具体的な目標
を立てて、実施していくことになります。
安倍さんも冒頭で、以下のように言ってます↓
「全国各地の医師、看護師、看護助手、病院スタッフの皆さん、
そしてクラスター対策に携わる保健所や専門家、臨床検査技師の
皆さんに、日本国民を代表して、心より感謝申し上げます」
この文言そのものが、緊急事態宣言の目的だと、個人的には思う
んです。
世間では「現金支給を全国民に行え~!」って言う人もいますが、
最優先すべきは、「医療崩壊の回避」なんじゃないの?
国民に現金支給するんなら、そのお金を医療崩壊回避に使うべき
なんじゃないの?
但し「自粛要請」をさせる以上、弱者は死にます。
故に、弱者には救済措置として現金給付は当然です。
線引きは難しいんですけどね。
その上で、死にそうな企業には融資すればいいんですが、ここで
政府の「バカ度合い」が露呈しちゃいました。
各金融機関に対して、今回の特例融資を「借金としてカウントし
ないこと」を申し入れていないことなんです。
金融機関からすりゃ、多額の借金を背負い込んでいる企業に対し
て、さらなる融資なんかする訳ありませんから。
無利子・無担保は当然として、何で「出世払い」にしなかったん
だろう、って思っちゃいます。
無期限の借金ってのは、限りなく「支給」に近いんですよ。
そして、それでも失業者が増加するんなら、政府が一括して雇用
すればいいんです。
当然ですが、医療従事者へのサポートが最優先となりますけど、
例えばこちらの記事↓
「農業部隊」求人に20万人応募、フランス農相が失業者らに呼び掛け
(AFP BB NEWS 2020年4月7日 23:43 配信)

このような政策もいいんじゃないんですかね。
但し、これはあくまでも緊急雇用措置であることを明記して、
継続するものでは無い、ってことは最初に言っておく必要があり
ます。
だって共産主義の発想なんですからね。
現在は非常事態だからこのような政策もやるんです、ってことを
明確にしておかないといけません。

ありとあらゆることを実行して、良し悪しは新型肺炎が収束して
から、じっくりと議論すりゃいいんです。
スペイン風邪のように、再び猛威を振るう可能性も高いんですか
らね。

政府に「法的強制力」を持たせる以上、我々国民はそれだけの覚悟
をする必要があります。
そんな中国共産党支配化のような生活を、誰が望むんですかね?

「国民主権」を改めて考える、良い機会かもしれません。

●●●追伸●●●
経済面のみから見れば、全国民への一律現金支給は効果的やな~
と個人的にも思います。
でもね、医療崩壊阻止に対しては何にも役に立たへんのですよ。
「経済的困窮により自殺者が増加する~!」
って言う人もいますけど、こんなもん、いくらでも救済措置自体
は可能でしょ。
医療崩壊は、新型肺炎だけじゃなくその他の疾病患者の救えるは
ずだった命すら、平然と奪っちゃうんですよ。

同じレベルで論ずるべき事柄ではない、と個人的には思うんです
けどね・・・。

来年4月くらいを目処に、着実に新型肺炎を撲滅していき、5月末
辺りで、
「新型肺炎撲滅達成ボーナス!」
ってな感じで、全国民に現金給付するくらいのことをやってくれ
ると、何となくですが「達成感」もあるんじゃない。

本日は、チョット妄想が度を越えてしまいましたので、この辺で
打ち止めとさせて頂きます。

この記事へのコメント