中国共産党の魅力、ってあるの(ヤバイのに!)?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は朝早く目が覚めてしまったので、ご近所を散歩して来ました。
5時前だったんですが、爺さん婆さんが歩く、歩く・・・。
畑に目をやれば、爺さん婆さんが手入れをするわ、するわ・・・。
見た目はこんなに元気なのに、新型コロナに感染すると亡くなっちゃ
うんですかね~・・・。
ただ気付いたんですが、交差点でプラカード持って座ってた爺さんや
婆さんもいたんです。
話しかけたい誘惑を我慢しながらの散歩でした。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
中国、コロナ禍で「日米企業撤退の動きに緊張」と韓国紙、火消しに追われる当局
(Record China 2020年4月25日(土) 12時10分 配信)

この記事で重視すべきは、韓国の中央日報が伝えてる、ってこと。
文さんは今でも中国と北朝鮮に恋焦がれていますが、
「それでもええんか~?」
って訴えているように思えます。
だってね、普通に素直に単純に中国の実情を考えて下さい。
①3月開催予定だった全人代が、未だに未開催
②新型コロナを世界中に蔓延させた責任追及
③発生源の他国へのなすりつけ
④中国国内の新型コロナ収束自慢
⑤マスク・防護服など不良品の売りつけ
これだけでも世界を敵に回しますよね。

さらに中国には根深い問題が存在します↓
⑥土地の国有化
⑦一帯一路
私は専門家ではありませんので、ザックリと妄想しますね。

⑥について。
中国の土地は、中国共産党の所有物なんです。
だから「相場」というものは存在しません。
故に中国共産党は土地の価値を上げ続けて来たんです。
土地の価値は、不動産の価値に直結しますよね。
つまり、中国共産党は意図的に「不動産バブル」を発生させて
いた、ってことなんです。
この「不動産バブル」で、中国のGDPをここまで上げて来たん
です。
これってね、日本のバブルと全く同じなんです。
こんなもんは、いつかは弾け飛びます。
ただ日本と違うのは、土地の相場を中国共産党が握っている、
ってこと。
だから、未だにバブルが発生しないんです。
親中国家、親中団体、親中企業、親中政治家、親中国民などが
いる限り、こいつらは全力で中国を守りに来ますので、そう簡
単には弾けないかもしれません。

⑦について。
一帯一路の動線を確認して頂ければ分かると思いますが、その
ほとんどが「途上国」なんです。
しかも「AIIB」の貸付のほぼ全額が、中国負担なんです。
これら一帯一路に参加した途上国が、中国からどれだけお金を
融資されたんでしょうかね?
中国共産党は、融資未返済の肩代わりとして土地の使用権取得
をやっているようですが、当事国のお金を産ませるような政策
は、一切やっておりません。
つまり、一帯一路をやればやるほど「反中国家」が誕生しちゃ
う、ってこと。
それでもアフリカ連合は、大人しく中国に対して負債の軽減と
か延長を申し入れています。
ここでポイントとなるのが、
「アフリカ連合は、IMFにも支援を要請している」
ってことなんです。
AIIBにおいて、各国にどれだけの金利で中国が融資したのか、
全く分からなかったんですが、IMFが支援決定すれば、その
金利も判明するんじゃないのかな。
これでもAIIBの金利が判明しないんなら、IMFも中国の手先部門
ってことなんです。
いや~、WHOと同じですね~。

こんな風に世界が妄想してくれると、「脱中国」がより一層進
むんですけどね。

さらに中国経済が復旧しにくいと思われる要因として、
⑧日欧米での新型コロナ収束が不透明
⑨途上国での新型コロナ感染拡大
などが、挙げられます。

これだけでも理解頂けると思いますが、日欧米で収束しても、
その頃には途上国で感染拡大しているんです。
さらに言えば、この途上国の感染拡大が再び日欧米に拡散する
可能性も、非常に大きいんです。
中国共産党も、これに関してはいち早く察知しているんでしょ
うね。
だから、武力に訴え掛けて来るんです。
だから、食料を買い込むんです。
だから、原油を買い込むんです。
だから、新型コロナ克服を宣言するんです。
だから、医療用具を売り込むんです。

ある意味、すごい奴らですよね。

最後にこちらの記事を↓
中国の禁書扱った香港書店、店長が台湾で再開 蔡総統も祝意
(AFP BB NEWS 2020年4月25日 20:04 配信)

この記事で注目すべき文言は、これのみ↓
「ただこの書店をめぐっては21日、林氏がカフェにいた際に男か
ら赤いペンキをかけられた。またこの前日には、同書店名ですで
に商標登録済みだと主張する人物から、法的手段を取ると脅す手
紙を受け取っていた」
この文言を補足してるのが、こちら↓
「林氏を攻撃した人物は、林氏の書店再開に向けた資金調達プロ
ジェクトが、台湾と中国の関係に「悪影響を与えた」と話したと
伝えられている」
360度パノラマで、中国共産党しかあらへんやん!
ここでチョコット驚いたんですが、AFPでこの文言は珍しくない↓
「中国政府にとって疎ましい存在である台湾の蔡英文総統」
世界的な中国批判を目の当りにして、少しは目覚めたんでしょう
かね?
日本のメディアでは、この文言は絶対に無視する文言ですよ。

目先のことしか考えられない日本政府と企業、そしてメディアって
ことなんでしょうね。

中国共産党の、どこに何の「魅力」があるんでしょうか?
マジで理解出来ないんですけど・・・!

●●●追伸●●●
日本の領土を中国に買われても、何も感じない国民。
日本の領土を中国に脅かされても、何も言わない国民。
そんな国民が選んだ政治家・・・。

皆様方に喧嘩を売るつもりはありませんが、どうしてもこんな
妄想になっちゃうんです。
「頭が良過ぎるバカ」
ほど、「親中なんかな~?」ってね。

親中派日本「企業・政治家・団体」を、しっかりと見極めれる、
「良い機会」
なんじゃないかな。

この記事へのコメント