価格と値段から、価値へと飛んでしまいました!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

昨日からBLEACHを徹夜で観ていたので、目が覚めたのは昼過ぎで
した。
ってことで、散歩がてらに近くのスーパーまでお買い物です。
っていうか、外メッチャ暑いし、もう夏?とか思いながら到着。
真っ先に目に入ったのが、
「本日のお買い得品!何とキャベツ1玉のお値段が98円!」
誰が何と言おうと買いポジでしょ、これって。
これで本日の晩飯はキャベツを使うことは決定です。
ってことでとりあえずは肉買うか~、ってことで生肉コーナーに
行ったんですが、ここでは、
「米国産牛肉が、何とこの価格!100円/100g」
これも当然ですが、買いポジでしょ。
これで本日の晩飯はホイコーローに決定です。
だってレトルトの素を絡めるだけですからね。
んで、帰宅途中に、ふと気になったんです。
「何でキャベツは値段やのに、牛肉は価格何や?」
ってね。
基本的には同じ意味を持つ言葉だと思うんですが、何か使い分け
るポイントみたいなもんが、存在するんでしょう。
今回のことで考えたのは、牛肉は冷凍保存ですよね。
キャベツは冷蔵保存ですよね。
ってことは、牛肉は一度仕入れちゃうと、殆ど値打ちが変動しな
いことになります。
対するキャベツは、頻繁に仕入れる必要がありますから、必然的
に値打ちも頻繁に変動することになります。
値打ちの変動が少ないということは、一般的な価値基準を持って
いるとも考えられますので、価格とは、
「ある程度、客観的に妥当な金額」
と言えませんかね。
逆に値段とは、
「その時々の状況に応じて主観的に変化する金額」
って言えませんかね。
価格も値段も、
「商品やサービスの価値・値打ちを金額で表したもの」
と仮定すると、客観的とか主観的って言葉は、意味を為さないよ
うです・・。
結局は「同じでした!」ってことで、チャンチャン、です。
本当はさらに料金とか代金とか費用とか考えたんですが、恥ずか
しいので止めておきます。

ってことで、本日最初の記事はこちらから↓
新型コロナで憲法改正論議停滞 首相公約の20年改憲、困難に
(SPUTNIK日本 2020年05月03日 14:40 配信)

ってね、今のこの時期にこんな記事を掲載する?
どんだけ喜んでんねんって!
まあ~、それだけロシアも日本の憲法改憲に注目しているんでしょ
うけど、その前に24時間で1万人以上の感染者が出ていることに、
もっと力を入れるべきなんじゃないの!
ねえ~、プーチンさん!

お次は、個人的に衝撃的な記事です↓
イラン通貨単位の切り替え決議案が可決 リアルからトマンへ
(ParsToday May 04, 2020 18:01 配信)

ついにイランがデノミを決心したようですね~。
それだけ、イラン国内のインフレが増加してるってことです。
米国の制裁の影響もあるんでしょうが、それよりも「新型コロナの
制圧に成功した~!」って言いながら、衛星ロケットを発射させて
いますからね。
この発射にどんだけのお金を注ぎ込んだの?
そのお金を国民に使っていれば、少なくともデノミを回避すること
も、出来たんじゃないの?
イランも中国共産党と同じく、国民よりも国家が重要なんだ、って
言われても思われても仕方が無いですよ。
イラン国民に、この感情が芽生えたらデモや暴動にも発展しかねま
せん。
さらにね、やってることが北朝鮮と全く同じやないですか!
「イスラム教シーア派って、チュチェ思想と同じなの?」
って思っちゃいますよ・・・。

お次もParsTodayから↓
視点:イラン大統領が指摘する新型コロナによる世界政策の変化
(ParsToday May 04, 2020 20:25  配信)

何だか小難しい言葉を散りばめていますが、国連及びその各機関、
そして世界各国すらも米国に対して、
「口ばっかで何もしてくれへんやん!」
ってな愚痴を言ってるだけですよ、これは!
この論調も北朝鮮と、非常に類似してるんですよね。
何よりも「デノミ」をやらざるを得ない状況においても、イラン
革命防衛隊を優先し、その資金をフーシやヒズボラに流すつもり
なんでしょうかね?
マジでイランは「ヤバい!」状況に成りつつあるように思えます。

最後に、こちらの記事をご覧下さい↓
米海軍、ロシア沖バレンツ海で軍事演習 30年以上ぶり
(AFP BB NEWS 2020年5月5日 13:31 配信)

いや~、久しぶりですね、「バレンツ海」って言葉。
ソ連とノルウェーが大陸棚(って記憶してるんですけど)に関し
て、90年代からず~っと争っていた海域なんです。
2000年代になって、いつのまにやら和解してたようですけどね。
ここで問題となるんが、「ノルウェー」なんです。
「一帯一路」を掲げて欧州に進出を企んだ中国は、ノルウェーで
も成功を収めているんです。
今年の3月でしたっけ?ノルウェーでの長い橋を開通させたとか。
これだけでは無く、その他インフラに関してもかなり中国が入り
込んでいるのが実情なんです。

ここからはチョッピリ妄想しますね。

まず初めに個人的な前提を申し上げますね。
中国共産党=反米
ロシア=対米
この2つが基本なんです。
習さんはトランプさんの貿易戦争という罠にはまりましたけど、
プーチンさんは、「アホか!」みたいな対応をしてました。
これってね、習さんはトランプさんに「対抗」してるんですけ
ど、プーチンさんはトランプさんに「対応」してる、って考え
られませんか。
この記事の中の、こちらの文言↓
「米海軍は艦船4隻が、英海軍のフリゲート艦1隻と共に「航行の
自由を主張し、同盟国間のスムーズな連係を確実にするために」
戦略的重要性が増している北極圏での演習を実施したと発表した」
特にね、
「英海軍のフリゲート艦1隻と共に」
ってのが、全てでしょ。
米英共に中国の北極圏進出を警戒してるんです。
本当はロシアも参加したいはずなんですが、表向きにそんなこと
は公表出来ませんから、
「何か米英から船が来たよ!」
程度で、済ませていると思われるんです。
そして最後の、この文言↓
「米海軍は先週も中国と周辺国の領有権係争地となっている南シナ
海(South China Sea)で「航行の自由」作戦を実施した」
つまり、同じことをバレンツ海でもやってるんだよ~!ってこと。

価値観っていうか価値ってもんは、各国各々が持つものであって、
世界で共通と言うか「共有」できるものなのかな?

価格と値段を考えた結果、ここまで妄想が発展しちゃうんです。

だって価格も値段も「価値」があればこそ、なんですから。

●●●追伸●●●
物品やサービスの価値は、金額で表すことが出来ます。
では、国家の価値は?
国民でしか表すことが出来ませんよね。
政治家でも経済界でもありません。「国民」です!

新型コロナは厄介な奴なんですが、国家とは
「国民の命を守る」
「国民の財産を守る」
「領土を守る」
ってなことを、改めて考えさせてくれた「救世主」のように思え
てなりません。

これを「ナショナリズム」って言うんですか?
我々は政府に「税金」を納めているんですよ。
いざっ!って事態に、政府を信頼しているからでしょ。
信頼してない日本国民は、「税金を払う」って言います。
この「税金を払う」って文言が、どれだけ国民意識に根付いてい
るか、政治家さんたちは考えたことあんのかな?

「ナショナリズム」のどこが、「アカン!」ねんって。
自国の国民の命と財産、そして領土を守る・・・。
何が「アカン!」のやろ?

このことは企業においても同じだと思います。
ただ、この質問を問いかければいいんです。
「利益ですか?社員ですか?パートさんですか?」

その企業が持つ「価値観」が、ジワジワと出て来そうじゃない?
posted by とんくん at 18:59Comment(0)国際

金さんのことを考えると、都市伝説が出来ちゃうんです

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、診察とリハビリのために病院へ行き、待合室でのんびりと
テレビを見ていました。
今のご時勢だからなのか昔からなのかは分かりませんが、お取り寄
せ情報の何と多いこと。
当然ながら演出もあるんでしょうけど、どれも美味しそうなもん
ばっか。
でもね、
「せめてご当地グルメを食べて、観光気分を味わって下さい」
って言うんなら、ご当地の観光スポット映像くらいDVDとかで、
「おまけ」で付けてもええんちゃうん?って思うんですよね。
「ご当地グルメを、ご当地観光DVDを観ながら味わって下さい」
ってな感じでね。
そんなにコストは掛からんと思うんですけどね。
来月中には一律給付金が給付され始めるんでしょうが、間違っても
「今からでも遅く無い、コロナショックだから儲かる投資術」
とかに手を出すよりは、日本の産業のために使って欲しい、と心の
底から思います。
ふるさと納税でも構いませんしね。
じゃないと、本当に新型コロナが収束した時、農家も酪農も飲食店
も宿泊施設も激減しちゃいますよ。
特に政府に強く要望したいですね(皆様方も、時間がある時で構い
ませんので、首相官邸に要望をぶちまけて下さい。首相官邸HPから
直ぐにアクセス出来ますので)。
この状況ではね、単に国民が叫んでも政治家の耳には届かないんで
す。
「悲鳴」を上げないと!
国民世論がバックに付けば、政治家も官庁に対する態度が変わるん
です。
我々国民の死活問題なんですから、正々堂々と「悲鳴」を上げ続け
ましょう。

ってことで、本日はかなり心配なこちらの記事から↓
英国が警戒するまれなウイルス性症候群、フランスなどでも発生
(AFP BB NEWS 2020年4月30日 0:37 配信)

この記事に関しては、妄想することも考えることもありません。
とにかく、
「子供の命を救って下さい!」
「集中治療室を子供優先でお願い致します」
「感染病かどうかの早期解明」
しか無いんじゃないのかな。
現在のところ、欧州でしか発症例が無い、ってのが非常に不気味
ですよね。
本当に欧州だけ?
どこかとは言いませんが、これまた「隠蔽」していませんか?
って、疑われちゃいますよ。
日本は大丈夫?

本日は、こちらで最後の記事と致しますね↓
金正恩氏 妹の与正氏に後継者の地位与える可能性=韓国立法調査処
(聯合ニュース 2020.04.29 08:38 配信)

ん~・・・。
韓国の国会立法調査処って何を調査して、何を分析して、何を
報告する機関なんですかね~。
だって韓国政府は金さんに関しては、
「大丈夫だ~、無事だ~、通常通り政務をこなしているぞ~!」
って発表して来たのに、いきなり、
「報告書は「党政治局会議で金与正が政治局候補委員に再任命さ
れたのは、(故金日成主席の直系の)白頭血統の統治基盤を強化
する役割を果たす」」
と分析したのに、
「金正恩委員長の復帰後、1回の正式な手続きが必要とみられる」
と予想したんだとか。
ってね、金さん復帰したのに、わざわざ後継者の地位を与えんの?
この予想が当たる状況としては、金さん復帰したけど通常通りの
政務が出来ない身体、になってた時だけでしょ。
このような状況になる可能性が高い情報があった上での、この予想
ならば、納得しますけどね。

ここからは妄想に入ります。
確かに、
「白頭血統の統治基盤」
は、北朝鮮において非常に重要です。
そしてこの正統血統者は3+1、存在します。

一人目は、金さんの妹の金与正(キム・ヨジョン)です。
でもどうかな~・・・。
北朝鮮は、儒教が色濃く残るチュチェ思想の男尊女卑国家でしょ。
どうにも金与正が最高指導者になるとは、到底思えないですね。
あくまでも「代理」が精一杯じゃないかな。

二人目は、金さんの実兄にあたる金正哲(キム・ジョンチュル)
です。
っていうか、名前以外は全然知らんし・・・。
表舞台には出て来ないし肩書きも無いし、何やってんだろ?
少なくとも粛清はされていないようですので、北朝鮮国内で幽閉
に近い状況で生活してるんでしょうね。
政治に興味があるのか無いのかは分かりませんが、白頭血統であ
ることには違いありませんので、可能性がゼロとは言えません。

三人目は、金さんの異母叔父にあたる金平一(キム・ピョンイル)
です。
何てたって北朝鮮の初代最高指導者、金日成氏の「息子」ですか
らね‘~、注目されるのも当然のこと。
外交官を数十年もやってきて、昨年の11月末くらいに帰国したん
ですよね。
帰国後、何をやってるのかは分かりませんが、少なくとも粛清は
されていないようですし。
しかもず~っと海外にいたんですから、殆ど政治基盤は持ってい
ない、と言えるでしょう。
何度でも言いますが、北朝鮮の初代最高指導者、金日成氏の「息
子」ですからね~。
ネームバリューだけは、完璧ですよ。

最後に、+1は金さんの子供です。
何人いるのかは知りませんが、確実にいることだけは確かなよう
ですので、こちらも可能性はある訳です。
ただ金さんも最高指導者になるまでは、権力闘争で精一杯だった
でしょうから、その後で生まれたとして8歳とかでしょうか。
まあ~何歳でも構わないんですが、幼少であることは間違い無さ
そうです。
さすがにこれはかなり無理がありそうですよね~。

ってな風に妄想していくと、通常政務は出来ないが意識はハッキ
リしている金さんだと、金与正による最高指導者代理の線が濃厚
なんじゃないのかな。
逆に金さん「バイバイ」とか「植物」の状態だと、後の二人って
ことになるんじゃないかな。
この二人の場合、どちらにしてもサポートが無いと自発的に何か
をやることは、現実的に不可能でしょう。
んじゃ、誰がサポートすんの?

ここからは、サッパリ分かりません。
分かりませんが、北朝鮮が独立して政権運営を出来るとも思えま
せんので、どこか大国にぶら下がると考える方が自然です。
ってことで、トランプさんの記者会見を思い出しちゃいました↓
「北朝鮮は短距離ミサイルを実験してるようだ。最近彼から良い
手紙を貰った。良い手紙だった。」
でも、その翌日には北朝鮮の外交部が、
「我々最高指導部は、そんな書簡は一切送ったことが無い!」
ってな反応・・・。

このことから私の頭を暴想させると、北朝鮮内部においても実は
親中と親米で闘争してんじゃない、ってこと。
だって金さん復帰なら今まで通りだし、実務が無理なら金与正を
代理にして、金さんの子供が成長するまで継続させればいいだけ
なんですから。

ただね、北朝鮮に派閥が存在するのか、高官同士の結び付きとか
各部署の力関係とか、我々には分かりようもありません。

ただトランプさんとしては、金平一が最も御しやすいんじゃない
のかな。
だって数十年に渡って世界を見て来たんだし、最もチュチェ思想
から遠い白頭血統ですからね。
しかも北朝鮮の初代最高指導者、金日成氏の「息子」なんですか
らね。

対する習さんとしては、金正哲が最適なんじゃないのかな。
何てったて、金正哲自身に統率力とか指導力があるとは考えられ
ませんので、必然的に「摂政」のような存在が必要になります。
習さんとしてはこっちの方が、当然ですが御しやすいですよね。
しかも北朝鮮が保有する「核」のコントロールもしやすい訳です
から。

ってことで、本日の暴想はここまでと致します。

これじゃ~、まるで「都市伝説」ですからね!

●●●追伸●●●
本日は改めて痛感しました。
一片の情報をかき集めて妄想しても、その結果は「都市伝説」に
しかならんのやな~、ってことに。

でもね、これもまた楽しいもんです。
時々刻々と伝えられる「一片の情報」により、アッ!という間に
「都市伝説」が崩れていくんですから。

身体はかなり老化しちゃってますが、せめて脳みそだけでも老化
を遅らせないと・・・、ね。

筋肉も脳みそも鍛えないと、老化するだけですから。
posted by とんくん at 22:49Comment(0)国際

新型コロナを利用した中国の戦略を妄想してみました(マジで適当ですよ)

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

今の状況じゃ、投資どころじゃありませんよね。
私は単身赴任なんで、投資に集中することは出来そうなんですが、
やっぱり家族のことが心配になっちゃいます。
こんな精神状態で投資なんかやっても、まあ~間違い無く失敗し
ますよね。
それでもメールを見ると、「今がチャンス!」ってのが多いんで
すよね~。
確かに「ピンチはチャンス」って言いますけど・・・。
「金儲け」
しかないんじゃないの。
相手も「金儲け」が出来ているんなら、文句はありませんけどね。
本日は「接触率」に関して、妄想していました。
確か、防疫学の数理モデルに接触率なんか無かった、って記憶して
るんですけどね。
ここからはマジで適当ですから、あしからず。
ウィルスが存在しない国に、感染者は存在しませんよね。
何らかの理由でウィルスが存在するから、感染者が存在するんです。
この感染者が接触者に感染させる人数を、A0とします。
最初はそんな病気のことは分かりませんので、増加した感染者数
をAとすると、
A=A0
で、感染者が増えて行きます。
特効薬もワクチンもありませんから、この単純な方程式のままに
増えていくことになります。
しかし感染しても、生き延びる方々はいるんです。
そして、この生き延びた方々のことを
「免疫保持者」
と呼ぶことにします(どんな用語が使われてるか知らんから)。
この免疫保持者は、接触しても感染しない方々となります。
一度感染した方々でも、ワクチン投与された方々でも一緒。
だって免疫は免疫なんだから。
これってね、接触者は多くても「免疫保持者」が多いほど、A
は減少することになります。
この「免疫保持者」の割合をaとすると、以下のような単純な
方程式が成立しちゃうんです↓
A=(1-a)A0
この方程式こそが、「集団免疫」を主張する礎じゃない。
だってAが1より小さくなれば、感染者数は減少するんですから。
逆を言えば、免疫保持者の人数と接触しなければ、同じ効果が
ある、ってことにもなるんです。
もう少しネットリと言いますね。
10人中8人が免疫保持者とすると、2人が感染を拡大させている
ってことになります。
ってことは、免疫を持たない我々は8人との接触を避ける、って
ことと同じことになります。
恐らくなんですが、免疫を持つ人の数と接触すべき人の数とを
同列に考えた結果、
「8割減の接触率」
って方針が、出て来たんじゃないのかな。
何気無く考えただけですので、本当はもっと複雑な計算をしてい
るんでしょうけどね。

ってことで、本日最初の記事を↓
パスワード流出にポルノ動画再生 大人気のZoomに潜むリスク
(SPUTNIK日本 2020年04月25日 16:21 配信)

この記事で重要な文言は、これのみ↓
「Zoomが使用していた暗号化キーは、中国のサーバーに送られる
ことも時々あった」
これだけでも「大問題」でしょ。
こんな脆弱だし使用者数もうなぎ登りの通信システムを、中国が
ほっとく訳無いやん。
Zoom社も懸命にセキュリティ強化に努めているようですが、中国
がそんなことで諦める訳無いし。
本当に、転んでもただでは起きない国ですよね~。
今一度、考え直した方が良いかもしれません。

その一方で、こんな記事も↓
北京で、野生動物の消費と取引が禁止
(ParsToday 4月 27, 2020 06:12 配信)

この文言が全てですよね↓
「北京市の新たな条例は、コウモリの肉を食することでの発症を
疑われている新型コロナウイルス感染症への回答です」
少なくとも、この文言が世界の共通認識ってことです。
発生源は分かりませんが、発生場所は武漢であり、最初の感染者
も武漢に居た、ってことです。
他の地域から武漢に来たことも考えられますが、それだったら、
他の地域でも武漢と同時期に感染が拡大するはずですので、この
考えは説得力がありませんね。
個人的に不思議に思うのは、中国共産党が何故この問題を政治問題
にしたのか、ってことです。
本来、この問題は科学の問題なので、科学者に任せるべきであり、
国家はそれに協力すればいいだけのこと。
それを無理矢理他国に責任を押し付けるもんだから、世界も
「ふざけんな~!」
ってなっちゃうんです。
ここからは、個人的な妄想に入ります。
中国は一帯一路により、アフリカの多くの国を援助という名の貸付
により、属国化しつつあります。
これは東側欧州でも同じことが言えます。
ってことで、敢えて感染拡大を他国に責任転嫁することで、これら
チャイナマネーにどっぷり浸かった国々が、どのような反応を示す
か確認しようとしたんじゃないのかな。
中国になびく様な対応をとれば、中国に従属している証しになりま
すからね。
ですが実際は、中国の思惑通りの反応を示さなかった。
WHOくらいですか、中国の思惑通りの反応を示したのは。
しかし何よりも「メンツ」を重んじる中国共産党ですから、
「すんまへん!」
とは口が裂けても言わないでしょう。
ってことで、中国の地方政府から小出しにこの記事のようなことを
言わせて行ってるように思えるんです。
そしてこのことをトランプさんが、見逃すはずもありません。
だって中国の属国に成りつつある国々を、再び米国側に取り戻す、
絶好のチャンスだからです。
だから
「チャイナウィルス」
「パンデミックを起こした原因は、中国の情報隠蔽」
「WHOは中国のいいなり」
って声高々に叫んだんだと。
さらにドイツやフランスなど西側欧州もトランプさんに同調して
いることを考えると、西側欧州も東側欧州に延びる中国の従属化
戦略を危惧しているものと推察できます。

それ故に、米国も西側欧州も一刻も早いロックダウン解除を進め
ているんです。
経済力を復活させないことには、中国に対抗出来ませんから。

そして後から気になった記事がこちら↓
イスラエルがシリア首都を空爆【動画】
(SPUTNIK日本 2020年04月27日 12:02 配信)

シリアにはロシア最新鋭地対空ミサイルシステムS400が配備され
ていますよね(昨年でしたっけ?)。
ステルス戦闘機すら探知可能なのに、何故
「複数のミサイルを打ち落とすことに成功した模様」
なんでしょうか?
戦闘機は迎撃しなかったんでしょうか?
この辺りにロシアの思惑が絡んでいるように思えます。
中国はアフリカへの影響力を強めつつあり、ロシアはシリアを始
めとした中東に影響力を強めようとしています。
下手に攻撃機を撃墜させてしまうと、影響力が弱まる何かがある
のかな?
ここから再び妄想に入りますね。
私が妄想するに、中国のアフリカに対する影響力強化と、ロシア
の中東に対する影響力強化は、根本的に異なっているんじゃない、
ってことです。
影響力強化を「覇権」と呼ぶのなら、
中国は、「属国化という名の覇権」、
ロシアは、「エネルギーという名の覇権」、
を狙っているように見えるんです。
だから中国とロシアは互いを警戒しつつも、手を取り合っている、
ってことになります。
狙う覇権の本質が異なるから。
そしてロシアはサウジと原油減産でやりあうことで、原油価格を暴
落させて、シェール企業に大打撃を与えました。
つまりはここでシリアがイスラエル攻撃機を撃墜させると、再び米
国の目が中東に向くことになり、ロシアの覇権強化の邪魔になる。
これだけはロシアとしても回避したいでしょうからね。
但しこの記事は第一報ですので、攻撃機も撃墜しているようでした
ら、この妄想もその時点で終了です。

最後に、こちらの記事をご覧下さい↓
中国、北朝鮮に医療専門家などのチームを派遣 金正恩の健康問題に助言へ
(Newsweek日本語版 2020年4月25日(土)12時02分 配信)

信憑性の程は何ともいえませんが、習さんとしても金さんのこと
は気になるはずですから、別に送ったとしても当然でしょうね。

「今月20~21日にかけて、平壌が完全封鎖された」
「今月21~23日にかけて、元山にある金一族専用駅に金さん専用
列車が停車していた」
ってな情報から、中国の一団は元山に行った可能性が高いですね。
しかし辿り着けたかどうかは、不明のままです。
っていうか北朝鮮としては、間違い無く追い返すんじゃないかな。
だって習さんに「弱み」を握られるは、絶対に拒否したいはずで
すからね~。
今の段階で言えることは、少なくとも金一族による統制は取れて
いる、ってことでしょうか。
ここから最後の妄想に入りますね。
平壌の封鎖からも新型コロナの蔓延が推測出来ますし、さらに情報
統制の意図も考えられます。
現在の習さんが最も恐れているのが、北朝鮮内での新型肺炎の蔓延
と、金一族の弱体化と仮定すると、一団を送ったのも納得出来るん
ですよね。
この蔓延と弱体化は混乱を呼び、それが暴動やクーデターに発展す
る可能性がありますから。
こうなってはもはや「核のコントロール」なんか出来る訳がありま
せん。
従って習さんの理想としては、「北朝鮮の実効支配」の状態にする
こと、なんじゃないのかな。
といっても北朝鮮を占領するような愚行は、さすがにしないでしょ
うから、中国の傀儡政権を樹立させて、北朝鮮の核のコントロール
の実権を握る、ってなところでしょうか。
理由としては、中国の直轄地にするよりも、米国との干渉地域とし
て存在させておく方が、はるかに価値があるから。
その上で、韓国の朝鮮半島統一の夢を利用して韓国も傀儡国家に
していく・・・。

こんな妄想が出来上がったのは、米軍の戦略爆撃機がグアムから
撤収させたからなんです。

新型コロナで世界の安全保障の構図が、ガラリと変わっちゃうかも
しれませんね。

チョット妄想のし過ぎかな~。

●●●追伸●●●
世界各国が新型コロナの封じ込めと経済の建て直しで精一杯の状況
なんです。
習さんからすれば千載一遇の機会であること、間違いありません。
南シナ海での行動を見れば、一目瞭然です。
そんな中での「金さん、やばいんちゃう?」説ですからね~。
単なる偶然なのかもしれませんが、単なる偶然とは思えないんです
よ、これが・・・。
余りにもタイミングが良過ぎるから。

今一度、日本は国家の自給自足を目指してもいいんじゃない。

新型コロナが世界をかき回してくれたんですから。
posted by とんくん at 17:33Comment(0)国際