パウエルFRB議長はトランプ大統領と仲良しなの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、さっさと帰宅してパウエルFRB議長の議会証言の確認を
しました。
ですが確認してみると、それ程大きな変革とはやらない、これま
での路線の踏襲という内容でした。
要旨は、こちらをご覧下さい↓
情報BOX:パウエル米FRB議長議会証言の要旨
(ロイター 2018年2月28日 / 00:01 配信)

つまりは現状維持ってことですね。
今月初めの株価大暴落は、相場の過熱によるもの(バブルみたいな
もんか)であり、今後はこのような状況を発生させないし、金利も
緩やかに段階的に上げていく、ってことです。
これは当然のことで、金利が市場予想より上昇するんなら、株式に
投資していた資金を、国債購入に当ててしまう可能性が非常に高い
からです。
だってリスクオフですからね。
だから金利はジワ~っと上げることで、株式への影響を最小限度に
抑えたいんでしょう。
でもこの証言で、少なくとも市場には「安心感」が広まるような気
がします。
その根拠の最大の要因が、世界経済の堅調にあるんじゃないのか、
って考えています。
米国経済のみが発展することは、現在では有り得ないので、必ず、
相手国が存在します。
その相手国の景気が良ければ、必然的に米国経済も良くなります。
つまり、世界的な経済成長があればこそ米国経済も成長していると
も考えられるんです。
ここからが妄想です。
①パウエルFRB議長とトランプ大統領は、仲がいい
②仲が悪い

①の場合は、どんな手を尽くしてでも、今年11月の米国中間選挙
まで、現状を維持させていくと妄想出来ます。
この場合、NYダウは現状維持か上昇も視野に入れる必要がありま
す。

②の場合は、せっかく世界経済の恩恵を受けているのに、貿易なん
かで摩擦を起こしてしまうと、米国経済は直ぐに下降しちゃいます
よ、ってことを暗に言っているんだと妄想出来るんです。

どっからどう考えても、①である可能性の方が高いんですけどね。

このように妄想すると、トランプ大統領もパウエルFRB議長も目指
すは「米ドル安」ってことになります。

この米ドル安を、どのように妄想するかがポイントになりそう。

ここから先は妄想ではなく暴想になっちゃうので、止めにします。

最後に、この記事を↓
北極圏で冬季の最高気温記録 例年を30度上回る
(AFP BB NEWS 2018年2月28日 9:02 配信)

ん~、この記事をどのように解釈すべきかが問題なんです。
特にこの文言↓
「成層圏突然昇温」
知らん!ちゅうねん。
何やねん、この言葉?
もっとな~、一般人にも分かるように説明出来んのかな~?

専門用語で一方的に話しかけるのも、プロパガンダの1種のよう
に、思えてしまうんですけどね。

●●●追伸●●●
調べてみると、成層圏突然昇温自体は事実なんですよ。
ただね、成層圏で温度上昇した空気の塊が何で地表に落下してく
るんでしょうか?
しかも成層圏なんて、空気自体が殆ど無い空間でしょうに。

この現象が、北極点の気温上昇を説明するとは、ちょっと無理が
あるように思えますけど・・・。

せめてね、成層圏突然昇温が発生した直下の気温データを見せて
貰えれば、まだ納得も出来そうですけどね。

ただ北極点付近の氷が解けている現象に対する、1つの回答には
なりえます。

論文なら専門用語はいくらでも使ってもらって結構なんですが、
一般人に説明するときくらいは、出来るだけ専門用語の使用は止
めましょうよ。
どうしても使うんなら、せめてその用語の説明くらいはして欲し
いもんです。

これも地球温暖化仮説の1つなんでしょうね~。
最近、この手の記事が多くないですか?
posted by とんくん at 22:53Comment(0)市場

FOMCの声明内容を考えると・・・

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、とあるセミナーに参加して来ました。
意外と面白い内容だったので、また機会があれば紹介させて頂きま
す。っていうか、まだ私の頭の中で整理が付いていないもんで。
内容を簡単に言うと、
「仕事が出来る人、出来ない人」
ってな感じかな。
確かに「ん~?」って思うところもありましたが、全体的に考えれ
ば、それなりに納得させられてしまいました。
キーワードは「期限」かな!

ってな訳で、本日はFOMCの声明に関してちょこっとだけ↓

FOMC声明全文
(ロイター ビジネス 2017年9月21日 04:51 配信)

相変わらず小難しい表現で、なんとも難解な内容。

でも真っ先に目に付いたのが、
「FRBのバランスシート縮小」
かな~。
ついにやるか~!ってな感じです。
簡単に言うと、FRBが保有する国債や証券の量を減らすぜ!ってこ
とになるのかな。
特にFRBは米国債を2兆ドル以上保有していると言われています。

この国債を縮小するとどうなるの?

間違い無く米国債の価格は下落するんでしょうから、その分だけ
金利は上昇することになります。

んじゃ、何で金利が上昇するの?

これって投資をしている方々にとっては、当然のことなんですが
あえて簡単に説明すると、
「通貨の金利と、国債の金利はまったくの別物」
だからなんです。
通貨の金利は「通貨額」に対して金利が付きます。
しかし、国債の金利は「国債額」に対しての金利じゃないんです。
国債全発行額に対する金利なんです。
つまり、発行した国債に対する金利額自体が決まってるってこと。

え~っとね、極端な例で申し訳ありませんが、例えば、
「日本が1万円の国債を100枚発行、金利は5%」
とすると、国債全発行額100万円の5%で、5万円の利子が必要に
なります。
でもね~、国債が1万1千円になっちゃうと、国際全発行額は110
万円になるんです。
でも利子の総額は5万円って決まってますから、5万円を110万円で
割ると0.455%になっちゃうんです。

だから国債価格が上昇すると、金利は減少するんです。
逆に国債価格が下落すると、金利は上昇するんです。

ここで注目すべきがFF金利(フェデラルファンド金利)ですよね。

このFF金利って、日本で言うコール市場と同じだってこと。
つまり、FRBを仲介役として資金不足の銀行が、資金豊潤な銀行に
お金を借りるときの利子ってこと(しかも無担保で)。
ってことは、FF金利が下がるときって、米国経済が減速していると
き、ってことなんです。

でもFOMCは目標誘導レンジを、1~1.25%に維持することを決定
しました。
つまり米国経済は後退していないんだぞ!
ってなことを、強調したかったんじゃないのかな?

最大の関心事は、「利上げすんの?」ってこと。

確かにバランスシート縮小により、国債の金利が上昇することは
考えられますが、現時点では下降方向にありますし・・・。
10月のバランスシート縮小を発動して、果たして金利がどのよう
に動くか、ここが肝になりそうですね。

●●●追伸●●●
やっぱね~、素人が勉強して色々と考えても、その道で食べてる
プロには敵わないんでしょうね~。

っていうか、本当のプロってこんなことまで考えているのかな?

やっぱ授業料払ってでも、教わりたいですよね~。

ただ、誰が本当のプロなのかが分からない!

コツコツやるしかないか。
posted by とんくん at 21:31Comment(0)市場

仏大統領誕生から見る市場への影響

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

せっかくいい時期になってきたのに、何でトラブルが発生するん
だろう?
おかげで帰宅時に釣りにも行けないやん・・・。
ってことで、本日も釣りには行けず、さっさと帰宅。

それにしても右のお尻に出来た腫れ物が、半端無く痛い!!!
しかも膿んでるし・・・。
でも何故か中学や高校時代を思い出すんですよね~。
当時はしょっちゅう出来てましたから。

本日は仏大統領選挙も終わって、この結果が市場にどのような
影響を及ぼすんだろう?ってことを、妄想したいと思います。

初めに大前提として、これだけは考えておく必要があると思い
ます。
簡単に言いますと、
仏大統領選において、1/3の国民は無効票または棄権しています
ので、実質投票率は2/3しかありません。
その中で、マクロン氏は2/3の得票数を得ました。
つまり、仏国民の44.4%の支持を得たってことになります。
しかし第1回大統領選では国民の24%の支持を得ています。
何が言いたいのかと言いますと、決選投票において他候補支持
者の20%程度しか、取り込めていないってことです。
このことが何を意味しているか判りますか?
私は、「どちらも嫌やけど、どっちか選ぶんやったら、まだ、
マクロンの方がマシかな~?」ってな考えを仏国民が持ってい
たものと思うんです。
つまりは「消去法」ってやつです。
そしてこの「消去法」により、どちらも消去してしまった仏国
民が、1/3いるんだろう(無効票や棄権)と考えています。

私の結論を言いますと、マクロン大統領の政策を実行する上で
この結果は、かなり大きなハードルになるものと考えています。

このハードルの大小を決定付けるのが仏議会選挙、というのが、
私の位置付けなんです。

この大前提を元に、市場に目を向けて行きますと、親EUであり
緩やかな改革路線を進もうとする仏大統領が誕生したことは、
市場にとっては欧州リスクを、「とりあえず回避出来た」って
ことになります。
特に欧州の政治リスクから見ると、欧州政治リスクが減少した
分だけ、ユーロ圏の経済情勢とか地政学的リスクとか、米国経
済、といった欧州政治リスク以外のところに、今後は市場の焦
点が移っていくものと思われます。
簡単に言いますと、市場の方向性がこれらの焦点に向きやすく
なるのではないか、ってことです。

初めにユーロ圏の経済情勢で言いますと、FXをやっている方
はご承知だと思いますが、FX会社から直ぐに直近のあらゆる指
標や指数が提供されています。
これらを見る限り、ファンダメンタルズにおいては比較的良好
という事が出来そうです。
だってGDP成長率もPMI(購買担当者景気指数)も上昇してい
るんですから。
難解なのは、ユーロ圏の消費者物価指数(HICP)位かな。
動きがメチャクチャ過ぎて、トレンドも何もあったもんじゃな
いんですから(本当に何じゃこりゃ~)。

次に地政学的リスクを考えて見ますと、「シリア」しか無いで
しょ。
EU政治リスクが減少したんだから、市場はシリア情勢に目を向
けていくはず・・・、なんですけどね。
この点に関しては、私は何とも言えないんです。
だってロシアが絡んで来ますからね~。

ってなことで、私の妄想の結論としては、米国経済に世界市場
が益々目を向けて行くんじゃないのかな~、ってことです。

ファンダメンタルズを重視する私のような貧弱投資家は、今後
も米国のあらゆる指標や指数に目を向ける必要があるってこと
です。

●●●追伸●●●
結局は、最終的に世界の市場動向を左右させるのは、「米国」
やんけ!って結論になっちゃいました。

ただ、色々と考え、思い、妄想した挙句、この結論に達するん
であれば、やはりそうなのかもしれませんね。

とにかく現在の米国経済は、未だに堅調ですかから。
FOMC会合のレポートもこれを裏付けているし・・・。
FRBの追加利上げも「本格化」しそうな勢いです。

ってことは、ドル/円安に進むんじゃないの?

現在の私の投資戦略の基本というか根幹というか。

ユーロ/ドルとユーロ/円に関しては、皆様方で考えてみて下さ
いね。

ちなみにユーロ/ドルは、米国経済が今後も堅調に推移すれば、
確実にドル買いが進むはず。

ユーロ/円は、ドル/円とユーロ/ドルの影響をモロに喰らいま
すので、この2つの通貨ペアの傾向からどのように推移するか、
考えていくしかありません。

暫くの間は、ドル/円で取引していくつもりです。
posted by とんくん at 22:06Comment(0)市場