横文字禁止って、意外と面白いよ!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は帰宅後に、釣り仲間達と飲みに行って来ました。
個人的にはホルモンを食べたかったんですが、釣り仲間お勧
めの蕎麦屋へ。
メニューは各種蕎麦と、各種天ぷらしか無いんです。
ってことで、天ぷらをつまみに飲んで、〆はお蕎麦。
ただ蕎麦も天ぷらも、涙が出てくるくらい美味いんです。
大将にお話を伺ったところ、
蕎麦:大将秘伝
天ぷら:長男秘伝
出汁:女将さん秘伝
だそうで、家族内でもその秘伝は守られているそうです。
「えっ?もしも大将が亡くなったら?」
天ぷら屋になるそうです。
「えっ?女将さんも亡くなったら?」
各種塩で頂いて貰う天ぷら屋になるそうです。
その道を極めた人は、家族にすら「門外不出」なんでしょう
かね~?
不思議なお蕎麦屋さんですが、気に入りました。
特に枝豆を「鞘」ごと揚げた天ぷらは「絶品」でした。
枝豆って「鞘」ごと食べれるんだ!って、新発見した次第。
但しこの揚げ方は「門外不出」だそうで、
「自宅で試しても無駄ですよ!」
って言われちゃいました。

私は横文字を使う奴が嫌いなんで、この飲みの席では
「横文字禁止!」
「1回につき、罰金100円!」
っていう時限立法を提案したところ、全員が「賛成!」って
ことで、横文字禁止飲み会の始まりです。

当然ながら釣り仲間達ですから、最初は釣りの自慢話が主と
なります。
早速ですが、横文字が出るわ、出るわ。
「フック」にブ~。
「ルアー」にブ~。
「ロッド」にブ~。
「リール」にブ~。
「リトリーブ」にブ~。
「スキッピング」にブ~。
「クリアウォーター」にブ~。
これってね、日常で使用している言葉なんで、意識はしてい
ても、無意識に出ちゃうんです。
他にも、
「シャロー」にブ~。
「マッディ」にブ~。
「ボトム」にブ~。
「ジグヘッド」にブ~。
最終的には、皆が日本語訳に変換しながらの会話になっちゃ
いましたので、殆ど会話が無くなっちゃいました。
ってことで、1時間ほど「横文字禁止」を実行したんですが、
皆が払った罰金を集計すると、何と「8600円!」。
悲しいかな、今や「横文字」って日本語に於けるステータス
になっちゃってる、ってことですよね。

例えば「マネージメント」。
直訳すると、「管理」とか「経営」といった意味を持つ単語
になりますが、「管理」とか「経営」という日本語を理解し
ていないと、日本語では説明出来ませんよね。

例えば「プロシージャ」。
元々IT用語で、
「複数の処理をまとめて1つにしたもの」
何ですが、最近では「マネージメント」でも使われているん
です。
つまり、
複数=各部署
処理=成果
これらをまとめて1つにしたものが「プロシージャ」、てな
感じでしょうか。


本日の飲み会で最も議論された横文字がこちら↓
「マーケティング」
なんです。
どのように日本語に直訳しますか、ってこと何ですけどね、
残念ながら「言葉」に直訳することは、出来ませんでした。
どうしても「文章」になっちゃうんです。

ってことで、釣り仲間が調べました↓
公益社団法人日本マーケティング協会について
(公益社団法人日本マーケティング協会HP)

ここでマーケティングの定義を、是非ともお読み下さい。
特に註訳を含めて、お読み下さい。
これらを含めて、マーケティングの定義を書き直すと、
「マーケティングとは、企業及び教育・医療・行政などの機関、
団体などを含む組織が、国内外の社会、文化、自然環境の重視
に立ち、一般消費者、取引先、関係する機関・個人、及び地域
住民を含む顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて
行う市場創造のため、組織の内外に向けて統合・調整されたリ
サーチ・製品・価格・プロモーション・流通、および顧客・環境関
係などに係わる諸活動、である」。

つまりね、マーケティングを日本語で説明しようとすると、こ
こまでの文章が必要になる、ってことなんです。
しかも「リサーチ」とか「プロモーション」ってな「横文字」
も使ってるし・・・。

個人的に気になった言葉が、
「プロモーション」
何です。

ここからは個人的な暴想に入りますね。

ビジネスの基本って、「もの」を「誰」に「どう売るか」っ
て考えることでしょ。
そして「誰」に「どう売るか」を見極めようとしている行動
こそが、「マーケティング」何じゃない。
この「どう売るか」に特化し実行したのが「プロモーション」
でしょ。

このように考えると、「マーケティング」って売り側目線、
でしか無いんです。

あえて言わせて頂きますが、「究極のマーケティング」って
のは、
「誰もが」
「どうしても買いたい」
って思わせることなんじゃないのかな。

この状況を作り上げることが出来れば、「マーケティング」
が不要になりますからね。
ってことは、営業が必要無くなる、ってことになります。

売り側目線だから、「強み」とか「弱み」とか見極め無いと
アカンのでしょうね。

「買う側目線」も必要なんじゃ無いのかな?

●●●追伸●●●
「買う側目線」に立ったら、自社の「強み」も「弱み」も
吹っ飛んじゃいますよ。
だって、どうでもええことなんですから。

素直に考えて下さいね。
「自社の強み」が「顧客の要求」を満たしていますか?
「顧客の要求」を理解して、初めて「自社の強み」をこの
「顧客の要求」に訴求することが出来るんですよ。

どれだけ伝統があろうと、どれだけ知名度があろうと、
「顧客ファースト」
出来ない企業って・・・。

長くなりましたので、これにて終了。

プレゼンテーションの意義を考えようよ

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は仕事が遅くなったので、素直に帰宅です。
家に帰って気付いたんですが、いつも家の中に巣を張ってい
た蜘蛛がいないんです。
「死んじゃった?」って思って、畳の上を調べましたが死骸
がありません。
周囲を調べていると、発見しましたよ。
網戸と雨戸の空間に巣を張っていました。
恐らく部屋の中では十分な餌が確保出来ないため、窓と網戸
の隙間から外に移動したものと思われます。
ってことは、部屋の中には虫がいなくなったってことになり
ますよね。
改めて、「汚い部屋に住んでんだな~」って思い知らされま
した。
ただ蜘蛛の生態を観察することが出来たので、これはこれで
非常に楽しかったんです。
蜘蛛も爆睡すると踏ん張りが利かないらしく、ケツから糸を
垂らしながら落ちて来るんです。
そして畳に着いた瞬間、目が覚めたのか、慌てて糸を登って
元の巣に帰って行くんです。
でももうすぐいなくなっちゃうんですよね~。

本日最初は、営業の方々とミーティングした内容から。
自社製品を売り込むためには、やはり自社製品および自社の
強みを最大限引き出したプレゼンテーションが必要、だそう
なんです。
じゃないと、競合他社には勝てないそうなんです。
敢えて何も言いませんでしたが(これが現在の営業の基本だと
考えたものですので)、個人的には違う考え方なんです。

だってね、例えば顧客の立場になって考えて見て下さい。
競合他社全てが自社製品及び自社の「強み」ばかりをプレゼン
してくるんでしょ。
少なくとも競合他社の「「強み」は理解出来るので、各々の
「違い」というものは「理解」出来るものと思います。
ただね、そこには競合他社の「違い」が理解出来ただけでね、
「違い」=「価値」
には結び付かない、って思うんです。
何故なら、「強み」=「差別化」っていう「固定観念」に、
完全に凝り固まっているからだと思うからなんです。
何が言いたいのかといいますと、
顧客の立場になって、何にも考えていない!ってこと。
顧客からすれば、
「強み」=「違い」
競合他社からすれば、
「強み」=「差別化」
このように考えると、
「差別化」は顧客からすれば、「違い」でしか無いんです。
「違い」からは「価値」は生まれませんよ。
その「違い」が顧客が求めているものであって、初めてね、
「価値」になるんだと、思うんです。
このような状況だと、顧客は何を基準に判断します?
「価格」しかないでしょう!

これって単純明快なことで、自社の「強み」が顧客が望む
「価値」になっていない、ってことなんです。
プレゼンで価格競争に突入してしまうのは、競合他社も顧客
が望む「価値」を、「強み」に反映させ切れていない、って
考える方が自然じゃないですか?

原因はたった1つだと思います↓
「顧客が求めている「価値」の情報収集が出来ていない」
これしかないでしょうに。

だってね、自社の「強み」なんて自社で決めるもんじゃ無い
でしょ。
顧客が決めるものです!
つまり、
①顧客がどの様な「価値」を求めているか
②その価値を見つけるためにどれだけ情報収集してんの?
③その「価値」を提供するためには、自社の「強み」をど
 のように活用すんの?
④その自社の「強み」をプレゼンで顧客に伝えていく
⑤「強み」=「価値」と顧客が認識する

ここまで運ぶことが出来れば、
「強み」=「価値」
が成立するので、「価格競争」に突入することは無くなる
と思うんですけどね~。
だって顧客が「強み」=「価値」だってことを、認識して
くれているんですから。

ただこの考え方と思いは、言いませんでした。
だって実戦経験がありませんから・・・。


ってな訳で、本日最初で最後の記事がこちら↓
動画:世界90以上の国で1000近いデモ、地球温暖化対策の強化求める
(AFP BB NEWS 2018年9月9日 13:25 配信)

この記事の内容をお読み頂いた上で、敢えて申し上げますけ
ど、
「意味不明」なんです。
「気候変動」=「地球温暖化」
ってな結論ありきの文章になっちゃってますよね。
「地球温暖化」の証拠を、我々は見たことも聞いたことも
ありません。
確かに「地域温暖化」の証拠はありますけどね。
「地球温暖化」で日本にゲリラ豪雨」が発生するメカニズム
なんて無いんです!
全て「地域温暖化」で説明が付いちゃいますよ。
「地球温暖化」で南北の氷が溶けたりしません。
気温がちょこっと上昇した程度で、氷は溶けませんよ。
氷を溶かすには海水温の上昇が不可欠なんです。
海水温を効率よく上げる元は・・・、って言うと、
「海底火山」
しかないんじゃないのかな?
だってね例えば、南極で-30度が一気に10度まで上昇する?

有り得ない話でしょ!

南極の温度がプラス温度にまで達したんなら、理解出来ます
けどね。

皆様方は「地球温暖化」をどのように考えますか?

●●●追伸●●●
地球温暖化については、裏で暗躍している企業がいる、って
個人的には考えています。
地球温暖化で儲ける企業がいるんでしょうから。

でもね、地球は「温暖化」なんかしてません。
地域では「温暖化」してますけどね。

「地域」と「地球」を上手に手玉に取ってますよね。

これって、本当に騙されちゃ「ダメ」ですよ!

ハンバーガーの話になっちゃいました・・・

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

皆様方はGWをどのように過ごされましたでしょうか?
私は家族の元に帰って、のんびり、ゆっくりとしながら釣りに行っ
てました。

どうしても家族の元に帰ると、私は手料理を食べたいんですが、
家族は外食に目が行ってしまいます。
ってな訳で、ひさしぶりにマクドナルドとモスバーガーを食べに
行きました。
ただ私が注文するもんは決まっていて、
マクドナルド: フィレオフィッシュとダブルチーズバーガー
モスバーガー:フィッシュバーガーと焼肉ライスバーガー
なんです。
何で?って言われても分かりません。
ただこれらの商品が、最も口に合っていることだけは間違い
無いんです。

これって家族が購入した商品を一口ずつ貰いながら、これじゃ
口に合わんな、とか、頭の中で論評した結果なんじゃないのか
な~。

そのマクドナルドのV字回復は、凄まじいものがあります。
翻ってモスバーガーを見ると、客数は減少傾向にあるんです。

んじゃ、マクドナルドの方が勢いがあるの?
って考えると、必ずしもそうとは思えません。
個人的には、企業理念の違いだと考えています。

マクドナルド :完全利益追求型
モスバーガー:リピーター完全確保型

ってな感じでしょうか。

マクドナルドが赤字転落した直接の原因は、何だと思います?
賞味期限切れの鶏肉ですか?
恐らく違うと思います。
原因は「フランチャイズ化」の推進なんじゃないのかな。
フランチャイズ化って、その店舗の運営に関しては店主にお任せ
することなんですから。
つまり店員教育なんかも、必然的に店主任せになっちゃうでしょ。
本社からのマニュアルはあっても、店主が使わなければ意味が
ありませんよね。
さらに徹底させなければ、もっと意味がありませんよね。
かつてのマクドナルド直営店に通っていたお客様から見ればね、
「何じゃここは!」
みたいになるんじゃないのかな?
接客とか清掃とか、その他モロモロ・・・。

つまり直営店をフランチャイズ化することで、目先の利益を追求
した、ってことが言えるんです。
このように妄想できるのは、新しい日本マクドナルド社長の政策
があるからなんです。
だって特別なことは、何もやっていませんから。
単純に現場を主体として、挨拶、清掃、店舗改装、及び老若男女
を再び引き寄せる政策をやっただけですから。
ここが重要なんです。
日本全国でマクドナルドを知らない方々はいない、と思います。
つまり元々「ネームバリュー」を過去から築いて、現在も持ち続け
ている企業ってことなんです。
ってことは、お客様たちの足が遠退いた原因を潰せば、お客様
は再び戻ってきてくれることが期待出来ます。
結論なんですが、現在の日本マクドナルド社長は、
「本当に現場をよく理解出来ている」
ってことです。

ではモスバーガーは?

確かに客数は減少傾向なんですが、別に売り上げが減少してい
る訳ではないんです。

これって非常に重要なことなんです!
客数は減少傾向なのに売り上げは減少しない・・・。

つまり完全なリピーターが存在している、ってことの証明なんです。
では何で完全なリピーターが存在するようになったんでしょう?
理由はこれしかないんじゃないのかな、
「お客様のための、徹底した品質のこだわり」
ってこと。
だから品質を最低限維持するためには、原材料費の高騰による
値上げとか、やっちゃいますからね。
普通だったら、原材料費高騰分を人件費の節約なんかで乗り切ろ
うとするんですが、モスバーガーはこの点に関しては一貫して徹底
しています。
「人件費削減=品質低下」
を見抜いているんでしょう。

マクドナルドは「安くて手軽に」
モスバーガーは「高くても上品質」

みたいなことになるのかな。

高いといっても、だかだか100~200円程度なんです。
でもね、そこにある価値観の差は、はっきり言って、違い過ぎるん
じゃないのかな。

マクドナルドはグローバル企業と言えます。
だって原材料費削減のために、中国に鶏肉加工を頼むくらいなん
ですから。
ここには「経費削減>品質」が成り立っています。
モスバーガーは「経費削減<品質」を貫いているように見えます。
そのためなら、「値上げ」も辞さないという。

どちらの企業理念を尊重したいと思いますか?

●●●追伸●●●
両方の企業とも「美味しさ」が必要最低条件であることは、分かっ
ているんです。
ただお客様に対するアピールが、異なっているんです。

これこそ企業理念なんじゃないのかな?

自社の強みをいくら並べてみても、お客様に響かなければ強みに
は成り得ないんです。

マクドナルドは過去からのネームバリューによる、V字回復です。
モスバーガーは、リピーターの心を持続させるための品質維持を
最優先にしています。

何かモスバーガーを応援している内容になっちゃいましたけど、
「違います」
からね。

モスバーガーは、現在の企業理念が続く限り、安価な労働力を
求めて海外での原材料処理を行うようなことはしないんじゃない、
ってことを言いたいんです(やってるんかもしれませんが・・・)。

日本国内の需要が無いから世界に進出する企業と、日本国内に
しっかりと根付いた需要を持つ企業、どちらが「強み」を生かして
いると思いますか?

確かに自社の「強み」と「弱み」を把握することは大切なんですけ
ど、そんなもんだけで消費者を制御出来ると思ったら大間違い。

消費者の欲求が「需要」なんです。
その欲求の中で「差別化」出来るものこそ、「強み」なんです。

企業の「強み」を売りつけても、「需要」に結びつかないと何の
意味もありませrん。

消費者の欲求こそが、「需要」の原点なんですから。

但し、現在のマスゴミを利用すれば、まだ数年は消費者の欲求を
自ら作り出すことは、出来そうですね。

でもね、いつか終了しちゃうんじゃないのかな?

その時、「どうする?」
ってことです。

イランに関して述べるつもりが、これで終わっちゃいました!

申し訳ありません。

でもやっぱ、「焼肉ライスバーガー」は最高です。