何で胃は自らの胃酸で溶けないの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

土日は泊り掛けで海釣りに行って来ました。
餌釣り、ルアー釣りを満喫してきました。もちろん陸っぱりです。

ただ餌釣りは、やたらとフグばかりが釣れる状況で、何とも面白く
ない・・・。

んじゃ~、ルアー釣り!ってことでシーバス狙いでやってたんです
けど、何故かタチウオが釣れるんです。
1匹タチウオが釣れる度に、ルアーが1つパ~になる・・・。
私の合わせが遅いんでしょうね~。

メタルを使えばこんなことにはならないんですが、でもメタルだと
こちらがやりたい動きをさせることが、出来ないんです。
この差は釣果に直結しますからね~。

結局3つのルアーを犠牲にした時点で止めちゃいました。

でもやっぱ、タチウオは美味しいですよね~!!!

ということで、民宿は素泊まりなんで晩飯を食べに行きました。
昭和レトロなホルモン屋があったんで、皆で入ったんですが、こ
れまた安いのに美味い。
特に白コロは絶品でした!!!

ここでの食事の際に、センマイやミノなどを焼いているときに、
ふと友人が言ったんですが、

「何故、人間の胃は胃酸で溶けないの?」

ここでお医者さんの友人が、ここぞとばかりに胃が胃酸で溶けな
い理由を、語り始めました。

簡単に言うと、胃の中では胃酸及び消化酵素を分泌しているそう
です。
胃酸は塩酸がメインで、消化酵素にはペプシンとリパーゼがある
とのこと。
ちなみにペプシンはタンパク分解酵素で、リパーゼは脂質分解酵
素なんだそうです。

でも塩酸なんか、子供でも判るくらい強酸性ですよね。
それでも胃が胃酸で溶けない理由はなんで?

答えは、胃の内壁にアルカリ性の粘液が分泌されていて、そこで
胃液と粘液により中和されているから、ということでした。

でもですね~、ここで皆様も「?」って思いませんか。

では胃液を分泌している器官なり細胞なりは、「何故溶けないん
ですか?」

友人のお医者さんも、これには明確に答えることが出来ませんで
した。

私も色々と調べてみましたが、これだ!っといった解明は、現在
のところ、まだ出来ていないようですね。
水面上のことは理解出来ても、水面下のことはまだまだこれから
なんだな~、ってつくづく思いました。

これからも死ぬまで勉強と学習ですね!

●●●追伸●●●
日本の爪切りって3~4年前まで、外国に結構人気だったんですが、
最近はあまり売れなくなってきました。
ただ包丁なんかは、日本人職人技で鍛えられたものは、現在でも
売れていますよね~。

私もちょこっと物販をかじり出している初心者ですが、やはり、
基礎からきちんと学んだ人たちには、どうやっても勝てないです。

物販を考えている方々には、まずは基礎からきちんと学んだ方が
結果的には近道だと思います。

実はですね、正しい『物販手法』と、その手法を成功させるための
『3つの秘密』を知っていれば、たとえ完全ゼロスタートだとして
も、ネット物販だけで自由な収入と時間を手に入れる事も、本当に
可能なんだそうです。

その『物販手法』と『3つの秘密』を・・・。
完全無料で特別に教えてくれる人がいるんです。

但し、11月1日までの限定公開です。

お早めに。
https://fmclub.mambo.sg/ja/MbaMKVOBVr0ZPU9i88t1Gpzw
posted by とんくん at 20:48Comment(0)医学

赤とんぼが老化を防ぐ?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も近くの野池に釣りに行って来ました。
相変わらず先行者がいて、やっぱ良い場所は直ぐに取られてしまうん
ですね。
しかも増水状況もそのまま・・・。
結局1匹も釣れないまま退散・・・。

ただ赤とんぼが異様に多かったんですよね~。
そして産卵する赤とんぼに、バスがボイルしているのも目撃!

虫パターン、未だに顕在ってなところですね。

今度はトンボをヒントにルアーを作ってみたいと考えています。
ただ問題は、落下昆虫ではなくお尻だけを水面にチョンチョンする動
きを、ルアーにさせることが出来るかどうか?及びバスはトンボの姿
を認識しているのかどうか?
ここがルアー作りの鍵になりそうです。

ところで赤とんぼって、何て赤いんだろう~?
って考え出すと、もう調べるしかありませんよね!

てなことで調べてみたんですが、直ぐに答えが見つかりました。

何とですよ!!!

独立行政法人の産業技術総合研究所が、既に研究・発表していたんで
すね~(マジでビックリ!!!)。

ちなみに2012年7月10日に発表されていますので、宜しければ皆様も
見てみて下さい。

内容を簡潔に言うと、オモクロームっていう色素の酸化還元反応によ
り、体色が赤に変化するんだそうです。

ちなみに赤とんぼって、未成熟の成虫時は黄色の体色をしているんだ
そうです。
ただオスは成熟する過程で黄色から赤色へと変色するとのこと。
これは、オモクロームが酸化型から還元型へと変化するからで、色素
の酸化還元状態の変化により、体色は大きく変わるらしいんです。

ちなみに赤くなったトンボの細胞は、還元型色素によって抗酸化状態
になっているんだそうです。

さらに言うと、真っ赤になっているのは成熟したオスだけなんですね。
メス及び未熟なオスは、黄色っぽい体色をしているんだそうです。

では何故、黄色と赤色の体色なの?

黄色と赤色の2種類を発現させるオモクローム色素が、実は含まれてい
るんだそうです。
1つはキサントマチン、もう1つは脱炭酸型キサントマチンとのこと。
いずれも酸化剤により黄色へ、還元剤により赤色へ変化する、しかも、
可逆的になんです。

いや~、ここで皆様は「ピン!」ってきませんか?

実は赤とんぼって、抗酸化状態の塊なんですよ!
抗酸化と言えば、老化防止(アンチエイジング)の筆頭ですよね。

赤とんぼが老化防止の鍵になるのかもしれません。

世の中って、本当に知らないことばかりです。
でもこんな研究もしていることには、正直驚きました!
こんな研究に税金を使っているんなら、大歓迎ですよ!

●●●追伸●●●
投資も重要ですが、コツコツと貯めることも、また重要でなんです。

私がコツコツと資金を貯めているのが、こちらです。

アンケートモニター登録

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

TVなんか見ている時間があるのなら、これらのサイトでアンケートに答えて、
1円でも稼ぎませんか?

私もこれらのサイトでルアーの原材料費を賄っています。

宜しければ、皆様も是非とも活用してみて下さい。
posted by とんくん at 21:23Comment(0)医学

何故右利きが多いの?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は仕事も早く終わりましたので・・・

もう、このウズウズを抑え切れることが出来ず、近くの野池に
行ってしまいました(とにかく一投だけでもしたくて)。

相変わらず増水状態で、陸っぱり出来る箇所が非常に限られて
いるんです(しかも先行者がいるし・・・)。

仕方が無いので、なるべく周囲に障害が無い場所を探し出して
遠投開始。

しかし・・・

釣れるのは枝ばっかり。
減水しないと判断出来ませんが、今日の内容を見る限りでは、
かなりフィールドに変化が起きているようです(特に小枝とか
幹とかが、流れ込んじゃったようです)。

釣りにならないので帰り仕度をしながら、もしも先行者が釣っ
たら悔しいな~、って思いながら見ていたんです。

この先行者は右方向にキャストすることが多く、左にキャスト
するときも、リールには左手が使われていました。
でもタバコは右手で吸っているんですよね。

このときにふっと思ったのが、確かに日本人には右利きが多い
な~!ってことです。

こうなると速攻で家に帰って、調べるしかありません。

最初に結論から言いますと、諸説はあるけどそれを証明するだ
けの根拠が無い、ってことです。

確かに全人類の9割は右利きって言われています。

また、左脳は右半身、右脳は左半身を担っています。

さらに左脳は論理・理屈、右脳は感覚・空間を担うと言われて
います。
色々と調べてみて判ったんですが、これって言われているだけ
で、科学的・医学的にはどうも証明されていないみたいなんで
すね。
こう言われている根拠は、言語中枢が左脳にある人が多いとい
うことからなんです。
つまり左脳で言語を考え、言語で事象を考え、事象から論理・
理屈を考える、故に左脳は論理・理屈を考える、ってなことだ
と思われます。

こう考えると、言語中枢が左脳にある人が多いため、左脳が
活発に動くことが多く、結果的に右利きが多くなる、っていう
ことも頷けなくは無いですね。

ただ言語中枢が、生まれつき左脳にあるのかどうかはまでは、
判明しませんでした。

私の子供の小さい頃の写真や映像を見ていても、小さい頃は
物を投げるにしても、両手、左手、右手、いずれも使ってい
ましたが、いつのまにやら右手で投げるようになっていまし
た。
そしてその頃から、片言の言葉を話すようになり、立とうと
頑張っているんです。

どうも幼児期を研究することが、右利き・左利きの謎を解く
鍵かもしれませんね。
posted by とんくん at 10:22Comment(0)医学