確定拠出年金は国と企業のタイアップ

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

いや~、寒い寒い!
本日は釣りには行かずに、釣具屋で中古ワームの物色です。
しかし色が・・・。
レインボー的なワームも、実はいいのかもしれませんが、間違い
無く釣果は落ちます。
理由は良く判りません。
私の技術が劣っているだけかもしれませんので。

そんな中で見つけたのがこれ↓




だって6本入りで5本も入って198円ですよ!
これは買いポジです。
ちなみに色はウォーターメロンです。

っていうか、この価格でも売れないのかな~、デスアダ~って。
釣れるワームを探すバサーが多いんでしょうね。
私のように自作するバサーであれば、絶対に飛びつくと思うんで
すけど。貴重な原料ですよ。

今月の投資は、トランプ大統領のおかげでボロボロでした。
特にFXはズタボロです。
とにかく2月10日までは、何もせずに様子を見ようと思います。

それまではスワップ金利、スワップ金利ですね。

これまでず~っと、確定拠出年金のことを調べて来ました。
この制度を知る前に、まずは日本の年金制度を簡単にですけど、
おさらいする必要があります。
日本の年金は、3つの階層によって成り立っています。
第1階層:国民年金(基礎年金)
第2階層:厚生年金
第3階層:企業年金
ここに新たに加わったのが、確定拠出年金なるもの。
従来の年金は加入者が納めた掛金を、納め終わった方々に支払
うという、賦課方式でした。
しかし確定拠出年金は、完全型の拠出方式を採用しています。
つまり自分で掛金を納めて、将来の自分に給付する制度ってこ
とになるのかな。

この確定拠出年金には、個人型と企業型が存在します。
どちらにしても税制面が優遇されていることは、間違いありま
せん。

色々と調べた限りでは、確かに掛金が全額所得控除になるのは
魅力的だと思います(個人型ですけどね)。
つまり、所得税と住民税が減少するってことで、例えば年間24
万円も支払ってきた税金のうち、8万円近くが戻ってくるんです
よ~!っていう、宣伝文句に私なんかは聞こえて来るんです。
極端な例ですが、その戻って来たお金で贅沢してよ~、みたい
なことを、平気で言ってるんですから。

確定拠出年金という名の下に、国家の税収を抑えてまで国家が
この年金制度を導入する理由は何なのか?

私は以下の2つの考えが、この制度を推進しているものと考え
ています。
①現在の国家による年金制度では、今後の年金制度維持が困難
 になるので、国民個人が年金を積み立てて、自身で運用して
 自身の老後の年金を持ってくれ!
②企業としても、これ以上の社員の企業年金制度を維持するこ
 とが難しいので、拠出金は企業が出すので、その後は社員が
 何とか運用して、自分の老後に備えてよ!
この考えに賛同させるための必殺技が、
「税制優遇」
なんじゃ、無いですかね。
だから、この点をやたらと強調しているんだと、私なんかは
考えてしまいます。

但し、投資信託の面も持ち合わせていますから、掛金以上に
払い戻しを受ける方々がいてもおかしくありません。
でも国民の皆がそうなの?

この確定拠出年金の「本音」は、「自分で老後のために貯め
た年金だけ、自分に支給される」ってことです。
つまり自己責任ってことであり、国家も企業も全て投げ出し
たことを、宣言しているんです。

特に企業型拠出年金を調べて見ると、そのほとんどが退職金
の一部を利用しているケースがほとんど・・・。

何でそこまでして社員を冷遇するんだろう~?
その企業にとって、社員の存在価値はどこにあるんだろう?
そこまでして、企業の利益を上げたいのかな~?

企業年金なんか、その企業が積立を拠出して運用して来たん
ですが、既に運用し切れなくなるところまで来ちゃったんで
しょう。だから、
「もう勘弁して下さい。社員の皆様で運用して下さい」
というのが、企業の本音でしょうね。

これが国家と企業のやることなのかな~?
国民や社員のことを、どのように考えているんですかね~?

「個」の考えに走ることを、「グローバリズム」と呼ぶこと
は、私は決して間違ってはいないと思います。
だってグローバリズムって、「人、モノ、金」の垣根を取り
払う考え方ですから・・・。
「人、モノ、金」、これって全て「個」に通じる考え方であ
り、決して「和」の考えとは相容れません(ここでいう垣根
とは、その国々の価値観じゃないのかと、私なんかは考えて
います)。

日本国も日本企業もグローバリズムに突き進む以上、回避は
出来ないんでしょうね~。
つまり「利」のためなら、日本独自の価値観すら平気で捨て
去る日本と日本企業ってことです。

国民や社員を犠牲にしてまで、「利」を追求することの意味
が、私には全く理解出来ません。

結論ですが、確定拠出年金は国と企業が結託した、巧妙な罠
でしょう、ってことなんです。

●●●追伸●●●
詳細な数字を記述するのは止めました。
数字による税制優遇措置が、あまりにも顕著だからなんです。
こんなもんに騙されては、絶対にダメですからね!!!

ただ、私個人が考える確定拠出型年金の最大のメリットは、
「日本人もやっと、投資に関して勉強できる環境が整った」
程度なんです。
だって勉強しないと、拠出金がドンドン目減りするだけです
からね。

「何故プラスなのか?」
「何故マイナスなのか?」

ここを皆様自身でしっかりと理解し、次につなげていく必要
がありますよ。
posted by とんくん at 23:09Comment(0)年金

企業と確定拠出年金

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

今週に入って特に涼しくなりました。
本当に秋が到来したんですね~。

本日も帰宅前に、近くの野池にバス釣りに行って来たんですが、
さすがに夏のポイントは、もう意味を成さなくなっていました。

以前にも述べたことがあるかと思いますが、やはり秋は回遊して
いるバスの多いこと。
結局のところ、表層、中層、深層とクランクで攻めてみましたが、
釣れるのは子バスばかり・・・。

しかもバスの口はボロボロ・・・。
相当に釣られているんだな~、って思い、そこで止めました。
もう少し、今年のデカバスを釣る方法を考えてから、攻めてみよ
うと思います。

今日は、確定拠出年金について、考えてみたいと思います。

実は、私が勤めている会社もこの制度を導入しています。

元々の年金制度の基本は、確定給付型年金でした。
つまり将来、給付される額が事前に決定している年金なんです。
ただこの制度では、以下のような問題が発生しているのも、また
事実なんです。
①運用状況に関係無く、給付額が決定している
②積立金が給付額に満たない時は、企業が補填する

つまり、運用状況が良くないから積立金が不足する事態を生じて
いるのであり、その補填を企業が行っていたんです。
これじゃ、さすがに企業も「勘弁してくれ~」ってなります。

大企業ほど、この補填額が大きいため、そのような企業を中心に
確定拠出年金に、現在移りつつあります。
簡単に言うと、確定拠出年金とは、企業が準備した拠出金を従業
員が自身で運用して下さい、っていう、年金制度なんです。

しかも調べたところでは、従業員の将来の退職金を拠出金として
使用している企業がかなり多いんです。
つまり、従業員自身が自身の退職金の一部を、自分で管理しろ!
ということですね。

ただ、確定拠出年金にもメリットはあります。
①運用した利益は、全て非課税
②運用コストが安価
③売買が自由で、全て非課税

①の非課税は確かに魅力的だとおもいますね。

②に関しては、売買手数料が無料であることが多く、さらに信託
報酬も安いところが多いようです。
ざっくりですが、信託報酬も2%前後が最も多いみたいです。

③は、特に資金配分を考慮する際に重要になります。
だって、その時々で資金配分を変更しても、税金が掛からないん
ですから。

ではデメリットは?
①60歳まで(定年まで)引き出し不可
②60歳まで(定年まで)解約も不可
この2点かな~。

いずれも、60歳になるまで如何なることがあろうとも、使用する
ことが出来ないってことなんです。
これはこれで、きついですよね~!

ちなみに確定拠出年金には、2種類あります。
1つが企業型で、もう1つが個人型です。
企業型は強制加入になりますので、入らざるを得ません。
個人型は自営業の方々などが、加入出来るものになります。

私が思うに、個人が加入するだけのメリットがあるのか?
この点だけなんです。

私の考え方を述べさせて頂くと、個人は止めた方が絶対にいい!
という結論です。
最大の原因は、企業の力では確定給付型年金の資金運用が困難に
なったため、「止~めた!」っていう状態だからです。
でも私のようなサラリーマンは企業型に、強制的に入らざるを得
ないんですが、個人までが無理して入る必要性は全く認められま
せん。

だって、他の投資方法も数多く存在するんですからね。
何も確定拠出年金にこだわる必要も無いと思います。
私も証券会社や保険会社なんかに資金を任せるより、自分で運用
したいと、常々考えていますので・・・。

はっきりと言いますが、証券会社や保険会社に投資の専門家は、
存在すると思いますか?
本当にいれば、その方々はとっくに会社を辞めて一儲けしている
はずです。
そんな方々は間違い無く、自分でファンドを立ち上げているはず
ですよ。

例えば、確定拠出年金にも元本保証の商品も、確かに存在します。
定期預金なんかそうなんですけど、ようするに、手数料が金利を
上回ることもありえるってことなんです。
結局のところ、元本保証になってないやん! ってなことも考え
ないといけないんですよね~。

私個人的には、確定拠出年金なんていう投資をするよりも、個人
で投資をする方が、よっぽど利益を生む機会が増えると思います。

特に個人型の確定拠出年金を考えている人は、もう一度、じっくり
と考えて頂きたいんです。

はっきりと言いますが、現在の経済及び市場状況では、どの商品に
手を出してもマイナスですから(特に今年に無いってから・・)。

こんなもんに頼るよりも、もっと自身の投資技術を磨きましょう!

●●●追伸●●●
本当に、リアルに偽者投資会社(株もFXも競馬も全て含みます)の
実情を判りやすく情報提供してくれる企業があります。

これだけでも知っておくだけで、かなりの情報を知識として蓄積す
ることが可能となります。

宜しければ、是非ともご覧下さいませ。



絶対に!
役に立つ情報源となりますよ。
posted by とんくん at 22:21Comment(0)年金