中国頼みの企業は終わりかも?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

いやま~、一昨日から本日まで出張でした。
仕事以外は特に何もすることが無いので、仕方無くテレビを見てい
たんですが、本当に「つまらん」番組ばっかですね。
やっぱスマホにした方がいいのかもしれません。
こういう時はね。
しかしスマホが無いお陰で、たっぷりと妄想する時間があったこと
も、これまた事実。

チョコっとここで、妄想を整理して見たいと思います。

初めに中国って、世界第一位の「貿易黒字国」って事実。
普通に素直に単純に考えたら、中国国内での重要がそれ程無いから
海外に輸出するんですよね。
そうで無ければ、中国国内で生産されたものは国内で消費されてい
るはずですから。
つまり、中国国内の需要そのものは「大きくない」って考えられま
すよね。
このことを裏付ける根拠となるのが、「一人っ子政策」による「少
子高齢化」及び「格差社会」、ってことになるんです。
ほんの一握りの「富裕層」と、圧倒的な「貧困層」。
そして高齢者の殆どが「貧困層」、と考えるのが自然ですから、
必然的に中国の内需の規模は、かなり小さいと思われます。
人口が人口だけに、小さいと言ってもかなりの規模ではあるんで
しょうけど、中国共産党を支えるだけの財源には「なっていない」
って意味での、「小さい」です。
この妄想が正しければ、中国財政は内需においては「赤字」ってい
う結論になります。
しかし余りある貿易黒字が、支えているんでしょう。
ただそれも、米中通称協議により大きく減少の道を辿ろうとしてい
ます。
だって中国は米国の条件を、ほぼ丸呑み的じゃないですか。
このように妄想すると、中国の経常黒字は貿易黒字に依存している
のであって、
貿易黒字減少=経常黒字減少
という結論になります。
このように妄想しますと、結論は1つしか出て来ないんです↓
「中国の没落」
しか。
「一帯一路」で考えると、海路は経済力による各国の港湾拠点の
「所有」
が目的でしょ。
では陸路では?
例えば日本で妄想して見て下さい。
日本から船舶及び飛行機でEU輸送するより、一帯一路の鉄道を使用
した方が、遥かに安価で輸送することが出来ますよね。
但し、走行距離は何千キロにも及びます。
しかも、この鉄道で繰り返し発生する「振動」によるダメージを、
最低限でも解決する必要があります。
ここまで考えると、何となく「ピン!」って来ませんか?
この長距離鉄道輸送の振動影響の軽減を、諸外国にやらせようと
してるんじゃないのかな、中国は。
そしてその技術を「盗む」。
さらに、この振動軽減技術は高速鉄道や自動車、軍艦や戦闘機に
すら応用が可能な技術でもあります。
もしもこの策略に嵌って日本の輸送企業が実際に、実験なり研究な
りしているとしたら、どのようなことしてでも、中国共産党は奪い
に来ること、間違いありません。

平成までの中国と令和の中国、全く異なる国家であることを経営者
も自覚すべきだと、個人的には思いますけどね。

●●●追伸●●●
企業にも戦略ってもんは存在するでしょう。
数年後の戦略
数十年後の大戦略
などね。
これらの戦略を考える際には、現状では無く「未来の状況」を考え
なければダメですよね。
現在の、特に中国に依存している企業ほど、「目先」しか見ていな
いように思えて仕方が無いんです。

そして中国は、世界でもトップクラスの二酸化炭素排出国ですね。
だからEVに舵を切ったんです。
しかし中国のEVの充電の源泉は、「石炭」と「原子力」です。
日本でも原子力発電に「反対」する方々は大勢いますが、だったら
何で「中国の原発」に反対しないんだろう?

EVに関しては、こちらの記事をご覧下さい↓
トヨタ、HV特許を無償開放
(産経ニュース 2019.4.3 21:17| 配信)

何故、今この時期で?って思いませんか?

事実として、「中国とEU」がEV化を推進しています。
しかしEVの燃料は、突き詰めると「発電所」やん!
「発電所」は、山のように「温暖化ガス」排出施設やん!
だからトヨタは「燃料電池」を考えたんでしょ!
しかも「水素」で。
だって酸素との結合で精製されるのは、エネルギーと「水」だけ
なんですから。

中国がこのトヨタの技術に飛び付くのも、「当然」でしょ。

中国が両天秤にかけているのは、明らかです。

トヨタは大きな「賭け」に出て来たようですね。

果たしてこの戦略は「吉」と出るか「凶」と出るか?

日本の立ち位置を妄想しようよ!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

炊飯器が壊れてしまいました。
炊き始めて5分位経った時に「プウ~!」って音がしたんで
すが、気にせずほったらかしにして、30分後に確認すると
冷たいまんま・・・。
どうも「プウ~!」って音がした時に壊れたんだと思うんで
すが、何でこんな音がするんか、見当も付きません。
結局、鍋に移して炊くはめに・・・。
鍋で米を炊くのって、結構難しいんですね~。
出来上がったお米はベチャベチャ・・・。
仕方が無いんで、溶き卵とめんつゆで味付けして雑炊風にし
て食べましたけど。
明日、炊飯器を買いに行って来ます。

ってな訳で、最初の記事はこちらから↓
「日本企業は強制徴用賠償せよ」 65年韓日協定を覆した韓国最高裁
(中央日報 2018年10月30日14時57分  配信)

本当に心の底から救いようが無い国家ですね。
法と事実に基いて判決するのが司法であり、その最高位にあ
るのが最高裁判所のはずなのに、あろうことか法と事実に基
かない判決を下すとは・・・。
これは間違い無く「最高裁判所」ではなく、「最低裁判所」
って言われても、仕方がありません。
こんなことを繰り返していると、今後はさらに韓国の信用を
失うだけなのに・・・。
だって協定や条約を平気で破っちゃうんですから。
残念ながら韓国は、既に国家とは言えなくなりつつあります
けど、自覚してるんかな?

お次はこちらの記事ですね↓
メルケル氏、今期限り政界引退=与党党首辞意を表明―州議選連敗で責任・ドイツ
(時事通信 2018-10-29 22:54 配信)

CDUが大敗するのも当然のこと。
だってドイツ国民が、移民政策に「No!」を付き付けた訳
なんですから。
安倍首相は、このメルケル首相の大敗を「反面教師」として
受け止めないと、いずれ同じ道を歩むことになりまっせ!
冗談抜きで慎重に対応しないと。

そしてこちらの記事↓
米国が追加の対中関税を計画、首脳会談不調の場合に備え-関係者
(Bloomberg 2018年10月30日 4:17 配信)

この記事でのポイントは2つかな↓
①11月に予定されている米中首脳会談において、両国の貿易
 対立に関する進展が望めない場合は、非対象全品目に関税
 賦課を12月初旬までに発表する用意がある。
②米国株は29日、米中貿易戦争が激化するのではないかとの懸
 念が広がり、下げに転じた。S&P500種は前営業日比0.7%
 下げて2641.25で終了。一時2.1%安を付けた。

①について。
このまま放置しちゃうと、中国はこれまで以上にメチャクチャ
なことを、平然と実行していくことを、トランプ大統領は見抜
いているんでしょう。
だから習近平国家主席に「揺さ振り」をかけているんだと考え
られます。
だってね、「貿易戦争」の最大の武器は「通貨」でしょ!
「人民元」には価値も信用度も存在しないんですから。
よく米国経済に悪影響を及ぼす、とか言ってる方々がいますけ
ど、個人的にはそうは考えていません。
これまで通りに中国が技術を盗みまくり、模倣しまくった挙句
に、さらなる経済発展を遂げた時のことを妄想すると、さすが
の米国でも中国を抑止することは不可能でしょ。
潰すんなら「今でしょ!」。

②について。
中国共産党が統治する中国政府系のファンドって、米国ハイテ
ク株を数兆円規模で取得している、って言われているんです。
そして中国が保有する外貨は、減少の一途を辿っています。
つまりね、この中国政府系のファンドが米国のハイテク株を売
りに出してんじゃないの?っていう、妄想も出来るんです。
この妄想が当たっていれば、米国の株式市場は徐々にではあり
ますが、「下げ」の方向に進むものと思われます。
このように考える理由は、米国のハイテク企業の業績ってそん
なに悪くは無いんです。
だけど株価は徐々に下がっているんです。
「何で?」って思いませんか?
下げる要因としては、「誰か」が売りに出しているから、って
考える方が自然じゃないかな。
その「誰か」こそ中国、って妄想した訳です。

もう1つの理由が、「上海株」の値動き。
先々週末で400ポイント近くまで下落したのに、先週末には150
ポイント近くも戻しているんです。
上海市場にそこまで戻す要因が、どうしても見当たりません。
ってことは、中国共産党が「介入」して来た、って考えるのが
自然でしょ。
これってね、自国内の市場では「買い」を、米国市場では「売
り」を、なんです。
つまり「人民元を買い、米ドルを売ってる」ってことなんで、
どのように妄想しても「為替操作の一環」じゃないの?
ってことは、中国も米国の貿易戦争に対して「必死」な状態、
ってことは事実なんでしょうね。

中国の覇権とは「支配者」を意味します。
米国の覇権とは「システム」を意味します。

この違いって、月とゴキブリくらいの差があるんです。

「支配者」は平気で領土を奪います。
「システム」は世界的に合意できる「考え方」を元に、世界的
に「批准」出来る法律を作り、その「法律」に則って各国が行
動することなんです。

どちらの方が「ウィン・ウィン」の関係か、一目瞭然でしょ。

「これじゃあかん!」ってことで、反トランプ派が現在までに
色々な攻撃を仕掛けて来てるんです。
例えばね↓
③INF条約破棄
④性同一性障害排除

③なんか、ソ連と米国が結んだ条約でしょ。
現在のロシアが現在も、この条約に批准してんの?

④なんてさらに、米国はカトリックの国でしょ。
男が男に恋したり、男が心は女だ、って言われても、自然の摂
理に反しますし、何より「子孫」が生まれませんよ!
「個人の自由」は「子孫繁栄」よりも重要な課題でしょうか?
何と罵られようが構わないんですが、それでも「自分勝手」っ
て考えてしまうんです。
男が男に恋をし、女が女に恋をし、男の心が女で、女の心が男
なんて世界、生物界に存在しますか?
絶滅の道を辿るしかないでしょうに。
クローン技術なんかが確立されたら、利用されるんでしょうけ
どね・・・。

何が言いたいのかっていうと、米国の国益を守ろうとすればす
るほど、そこに反対する勢力がイチャモンを付けて来る、って
ことです。

現状、最も攻撃をされやすいのが、
「トルコ領サウジ領事館におけるカショギ氏殺害」
ですよね。
トランプ大統領としても、サウジには文句を付けざるを得ない
でしょうから。

結果的に先週開催された国際経済フォーラム「未来投資イニシ
アチブ」に参加って、ロシアとか中国とかだけやん。
これじゃ~、イラン包囲網が崩れてしまいますよね。
さらにサウジが、ロシアや中国に接近する可能性も十分に考え
られます。

正直なところ、チョット難し過ぎますね。

最後にこちらの記事↓
米、カタールとイエメン巡りサウジへの圧力強める-関係者
(Bloomberg 2018年10月30日 8:52  配信)

やっぱりカタールの「身代金肩代わり」戦略は成功だった、
って考えられる内容なんです。
カタールはサウジから一方的に追い出されてしまいました。
しかしカタールには米軍基地が存在します。
そして世界中で、最も米軍基地が集中している国こそ日本
なんです。
その日本人をカタールは身代金を肩代わりして救出。
トランプ大統領としても、このことを放置する訳には行かん
でしょう。
真実かどうかは分かりませんけどね。

ただね、この文言↓
「米国がカタールとイエメン内戦を巡り圧力を強めたかどうか
について、ワシントンのサウジ大使館当局者とホワイトハウス
の広報スタッフにコメントを求めたが、これまでのところ返答
はない」

返答が無いのは、
「真実」
「虚実」
のどちらかしか無いんです。

どっちなんでしょうかね~?

●●●追伸●●●
日本の立ち位置を考えると、ベストは、
「米中貿易戦争の仲介」
って答えになるんですが、問題はトランプ大統領から
「裏切り者!」
って、「思われる」ことだと個人的には考えています。

中国ベッタリの「経団連」は、日本に巣食う「ガン」でしか
ありません。
経団連が「ガン」である理由は、極めて簡単です。
だってね、中国には「技術革新」が存在しないんです。
つまり、「技術を盗む」しか無いんです。
しかし現在までのところ、日本は技術立国であり、製造業立
国でもあるんです。
そしてその価値は、世界中で認められているんです。
そんな国を中国が、「ほっとく」訳が無いでしょうに。

つまりね、
中国は盗むだけ盗みたい。
日本の経団連は、部品や機械・設備の輸出を維持したい。
だけでしょ。

何でもかんでも盗みたがる国家に、手を差し伸べる国家なん
て、
「バカ!」
じゃないのかなな?

自己利益が膨らんで、自社利益を最重要視するようになり、
遵法精神を社員に強制しつつも、自国愛が全く無い企業。

日本人としての「誇り」って、グローバリズムには
「不必要」
ってことなんでしょうね。

何か寂しいですね。

TPPを考えると少子化と高齢化になっちゃった(北はミサイル打つし)

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

昨日から1泊2日の出張に行って来ました。
何で出張って、こんなに疲れるんだろう。
やっぱ年かな~・・・。

ってな訳で、本日気になった最初の記事はこれ↓
中国・寧波の大爆発、原因は「違法爆発物」 警察発表
(AFP BB NEWS 2017年11月28日 20:23 配信)

この記事の最後の文言に注目して下さい↓
「アルミニウム粉末と硝酸バリウムを含む材料を処理しようとして
いた際に発生したという」。
これらの材料って、爆竹にも使用されています。
特にアルミニウム粉末はね。
アルミニウム粉末って、燃焼速度が桁違いに速いので、必然的に爆
竹に使用されることになります。
だって、それだけ大きな音を発生させることが出来るんですから。
硝酸バリウムは色火剤として使用されています。
この2つを含む材料を処分しようとして爆発したんなら、爆竹製造
工場だったんじゃないの?
って言うか、普通に考えたら材料を売捌くんじゃない?
売捌かずに処分しようとした、って点は、確かに怪しいし何か他の
爆発材料を、人知れず製造していたことも十分に考えられます。
ただ大きな音を発生させるアルミニウム粉末と、色火剤として使用
される硝酸バリウムが含まれる爆弾、って思い付かないんです。

次に注目した記事がこちら↓
イケメン首脳2人のトランプ封じはTPP11
(Newsweek日本版 2017年11月28日 16時20分 配信)

特にカナダに対して言えば、私個人的にはNAFTA再交渉の不利にな
るために、TPPにイチャモンを付けたんだと考えていたんですが、
このような考え方もあるんですね~・・・!
ただね、カナダは貿易に関しては、大きく米国に依存している国。
いきなりTPPに依存する訳は無いでしょうね。
ただこの記事は、カナダの米国依存貿易からの脱却を示唆している
とも考えられます。
ここで皆様方には思い出して頂きたいのですが、カナダは韓国とス
ワップ協定を結びましたよね~!
カナダから見れば、取るに足らない小さな小さなスワップ協定かも
しれませんが、これこそカナダの脱米国の第一歩かもしれません。

カナダ国家の戦略としては当然で、NAFTAは今後も継続すべきもの
なんですが、緩やかに縮小させていきつつTPPによる穴埋めを考え
るのは、至極当たり前なんじゃないですか。

これこそ今後の、米国抜きのTPPの強みになるのかもしれません。
RCEPみたいに中国主導だと、中国のことしか考えない意味不明な
貿易機構が出来上がってしまいます。

そうじゃなくてね、日本主体のTPPの方向に持って行き、最低でも
日本主体のTPPには、改めて「和」の心を世界に広めて頂きたいも
のと考えています。

そして日本人が持つ「和」の心と、日本政府が掲げる「人手不足に
よる移民援助」なんか、融合するわけがありません。
だってこの場合の、なりたい職業となりたくない職業の違いって、
賃金だけでしょ!

移民援助の前に、「なりたくない職業」に援助すべきです。
「なりたくない職業」を「なりたい職業」に変えるためにも。

私はこんな考え方をしているからこそ、「少子高齢化」って言葉
が理解出来ないんです。

だって「少子化」と「高齢化」って、別々の問題のはず。

高齢者が子孫に甘える制度こそ年金です。
年金目当てでライフプランを考えていない、としか思えないんで
すよ。
そしてグローバリズムが浸透するすることにより、「子供」より
も「自分勝手」が増えちゃいました。

つまり、グローバリズムに「子孫繁栄!」なんて言葉は存在しな
いんです。
グローバリズム女子は自身の繁栄のみを追及し、子孫繁栄ってこ
は追求しないんじゃない?

今も「ボロッカス」に反論されますけど、でも、人間という生物
として、っていうか生物として「子孫を残す」。
これって最優先なんじゃない。

だって子孫を残さない道を選択した生物は、「絶滅」しか無いん
ですから。

●●●追伸●●●
まあ~、当然といえば当然なんですけど、本日未明にあの北朝鮮
がミサイルを発射しました↓
北朝鮮がICBM級の弾道ミサイル、米本土への到達能力も
(ロイター 2017年11月29日 05:58 配信)

ポイントは以下の2点になるのかな↓
①中国共産党大パーティ及びトランプ氏のアジア歴訪の期間中、
 北朝鮮が沈黙していたこと。
②しかし口撃は続行されていたこと。

①について。
これはアジア及び周辺国の北朝鮮に対する反応を見るため、って
考えるのが自然じゃないのかな?
米国務長官の「60日間大人しくしていれば・・・」っていう文言
も、「自身で状況と情勢を判断せんかい!」ってことなんじゃな
いのかな?

②について。
北朝鮮としては、米国との交渉を少しでも有利に持って行きたい
のですから、口撃するのは当然のこと。
そして①が終了して、現在の北朝鮮を取り巻く状況と情勢を綿密
に分析した結果、本日のミサイル発射という結論意至った、って
考えるべきでしょう。

この次期にミサイル発射されると、さすがの中国もロシアも国連
での庇い立てが難しくなりますけど、そんなことは北朝鮮も織り
込み済みなんでしょうね。

冗談抜きで、長期化するように感じるのは私だけでしょうか?