資源の大切さ、痛感しました

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

週末は釣り仲間と海釣りに行って来ました。
一泊二日の船釣りです。
初めてお世話になった船宿だったんですが、懇切丁寧で本当に良い
釣りをすることが出来ました。
当然ですが、ルアーフィッシングです。
しかも我々がアングラーだってことがわかると、それに適した漁場
まで船を出してくれました。
主にメバルとアジだったんですが、チヌも釣れるし釣り仲間なんか
ヒラメまで釣っていましたから。
メチャクチャ寒かったんですが、やっぱ釣りは楽しいもんです。

釣ったお魚は、勿論ですが船宿でご馳走に。
特に美味だったのがチヌのしゃぶしゃぶ!
刺身よりも断然美味いんです。
チヌって、真鯛よりも美味しいかもしれません。
甘味・旨味・食感、どれを取っても。

ってことで、晩飯を食べながらご主人とお話をしていたんですが、
元々は先々代までは漁師だったそうです。
しかし漁だけでは生活が苦しくなったんで、船宿に鞍替えしたん
だそうです。
理由は単純で、漁獲量が減ったから。
そしてお魚のサイズが、明らかに小さくなって来たから。
これだけでも、素人の私でも妄想出来ますよね、つまり
「乱獲」
ってこと。
ご主人が、
「先代が残した貯蓄を食い潰してるんや」
って文言が、今も記憶に残っています。

ここからは個人的な暴想になります。
農業は、
畑を耕し、
種を蒔き、
水をやり、
肥料をやり、
って、手間暇がかかるんです。
しかし漁業って、お魚さんが自然に種族繁栄のために増えて来る
ので、手間暇がかからないんです。
そのため、お魚さんに対する愛着が無いんじゃないのかな。

最初にご主人から出て来た専門用語が「TAC」。
水産庁に、こんなんがありました↓
TACを知る!!!
(水産庁HPより)

さらに調べて見ると、世界各国でも導入されている制度なんです。
ほんじゃ、何で年々日本の漁獲量が減少してんの?
「密漁」
しか無いんじゃないのかな。
つまりこの制度が機能してへん、ってことでしょ。
しかも何故か7種類しか無いし・・・。
少なくない!
米国なんか500種類以上あるんですよ。
やるんなら、もっと徹底的にやるべきだと想いますけどね。

ついでにこちらもご参考までに↓
TAC制度、IQ・ITQ方式について
(農林水産省HPより)

ちなみにABCってのは、Allowable Biological Catch 、の略、とか、
Acceptable Biological Catch、の略とか・・・。
どちらでも構わないんですが、ABCを簡単に言うと、
「あるお魚さんの繁殖能力以上に捕獲すると、お魚さんがいなく
なっちゃうよ!」
ってこと(って理解しました)。

このように理解すると、ABCは純粋に
「お魚さんのみに焦点を当てた推測値」
と言うことが出来ます。
しかし漁業は人間にとっては経済活動ですので、これを無視する
ことは出来ませんよね。
ってことは、こうなるんじゃない↓
TAC=ABC+人間の経済活動
結局のところ、人間のエゴが入り込む余地があるんですよね。
だから米国なんかは、500種類以上にも細かく規制してるってこと
なんでしょうね。
これらの資料を見て頂ければ分かりますように、遅ればせながら
日本もこの制度を導入しつつある、ってこと。

まだ間に合うのかどうかは分かりませんが、先代が残してくれた
貯蓄(水産資源)を食い潰すことだけは、何としても回避したい
ものです。

●●●追伸●●●
他にも色々とご主人はお話をしてくれたんですが、この文言が
一番記憶に残りました。

目先のことしか考えないから、長期的な展望を考えないから、こ
のような状況になってしまったんだと想います。

人生も同じなんじゃないのかな。

少子高齢化の立役者はグローバリズムでしょ

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

色々と有料メルマガを読んでいたんですが、いや~・・・
(初月無料と、次の1か月分だけ読んで解約しています。これで
その方の思想や考え方は、大体ですが理解出来ますので)。
この方々の頭は、かなりあっちの方向に向いているようですね。
今回の衆院解散は、
「もりかけ問題の追及をかわすためだ~!」
「北朝鮮のミサイル問題は、国民の目をそらすため~!」
「政府の隠蔽体質・情報公開・清廉潔白こそ、国民が求めてる
ことなんだ~!」
ってな意味不明なことを、お金を貰って平然と述べているんで
すよ。
そもそもですけど、もりかけ問題なんて、こういった方々が先陣
切って作り上げた問題でしょ。
しかも事実という証拠を何1つとして述べず、妄想だけで述べて
いるだけなんです。
こういうのを、日本では「でっち上げ」って言います。
この「でっち上げ」にマスコミが加担したもんだから、非常に
始末が悪いんです。
このような方々は、憲法論議をしようが、国防論議をしようが、
消費税増税論議をしようが、最後は必ず「もりかけ問題」って
なっちゃうんです。
つまり、議論をする価値すら無い方々なんです。
このような方々は、皆様方からお金を貰うだけの情報を、はっ
きりと言いますが、「発信していません!」。
自分好みに「洗脳」しているだけでしょうね。

ってな訳で、本日は少子高齢化についてちょこっと。

この少子高齢化は、「少子」と「高齢化」に分けて考える必要
があります。

高齢化とは、国民が長生きするようになった、ってこと。
少子は、子供の数が少ない、ってこと、

では何を基準にして、子供の数が少ない、って言うの?
長生きする高齢者を支える子供の数を基準にして、現在の数が
少ないから、少子ってことになりますよね。
つまり日本の社会保障制度って、高齢者向けの制度なんだって
ことなんです。
逆に考えると、現役世代の社会保障制度としては、健康保険や
年金、失業保険などが存在します。
但し、これらは正規雇用者での話であって、非正規雇用者には
ありません。
しかも正規雇用者の社会保障費は、企業が丸抱えしてるんです。
企業利益を最優先する企業ほど、非正規雇用者を増やそうとする
のも、これまた当然のこと。

これってね、独身の人だったら別に問題にはならないんです。
ただ家庭の大黒柱が非正規雇用者だと、大問題になっちゃうんで
すよ。これも当たり前のことで、一家の大黒柱に社会保障制度が
適用されないんですから。

一度、皆様方も思い起こして頂きたいんですが、以前の日本って
大黒柱は正規雇用者で、奥さんや子供たちが非正規雇用者だった
でしょ。
だから大黒柱の社会保障制度は、その家族にも適用されたんです。
このことから、非正規雇用者への社会保障制度は問題になってこ
なかったんです(全くって訳じゃないですけどね)。

現在は、非正規雇用者に大黒柱がいることから、問題化して来て
いるんじゃないのかな?

失業率は減少したんでしょうが、低所得者層は増加しているって
ことです。
そのため、晩婚化や非婚化が進んでしまい、子供の出生率低下を
加速させた、って考えることが出来ます。

では何故このような状況になったんでしょう?

私はグローバリズムが原因だと考えています。
つまり企業の理念が、
「社員優先型」から「利益追求型」
に変化したからなんじゃない?
以前の日本企業は「年功序列型」の賃金体系でした。
それ故に、年々僅かでも賃金が増加する体系を採用していたん
ですが、グローバリズム到来によって、賃金体系は「成果主義」
に変わってしまいました。

これが何を意味するんでしょうか?

私は、現在の日本の社会保障制度は、年功序列型経済を基準と
したものであって、現在の成果主義経済とは全くマッチしてい
ないんじゃない? って考えています。

年功序列は社員全員の賃金が上昇しますが、成果主義は一部の
社員の賃金しか上昇しないことになります。
つまり殆どの社員の賃金は上昇しないんですから、節約志向に
なりますよね~。

結果として、自分自身に目が行ってしまい、子孫というものに
は目が行かない、ってことになっちゃうんです。

現在の消費税は、この社会保障制度費に充填されています。
つまり高齢者優遇ってこと。
だから少子化が益々加速する結果になったんでしょ。

消費税は社会保障制度の一環として、子供たちにもっと振り分
けるべきだと、私なんかは考えています。

特に金持ち高齢者にも、この社会保障制度が適用されている事
自体が、そもそもの問題なんじゃないのかな?
現役世代だけではなく、このような金持ち高齢者にもサポート
させるべきだと思います。

最大の問題は財源ですが、金持ち高齢者から財源を確保しても
いいんじゃない?(メッチャ怒られそうですけど)。

●●●追伸●●●
一億人中、一億人に反発されるんですけど、それでも
「消え行く光より、今より輝こうとする光」
の方が、大切なんじゃないのかな~?

違うのかな~?

ちょっと気になった記事がこれ↓

イラク軍、クルド人勢力支配地の奪還作戦を開始
(AFP BB NEWS 2017年10月13日 19:56 配信)

ISの掃討という共通の目的は、イラクにとっては達成した、って
ことなんでしょうかね~?
確かに欧米諸国にとっては、また「新たな火種が・・・」ってな
感じでしょうし。

ガチで軍事衝突が起きちゃうと、かなり大事になりそうです。

日銀金融政策会合の議事録が、意味不明!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、「アンガーマネージメント」とかいうセミナーに参加し
て来ました。
怒りというよりも、如何に「イライラ」を自分で対処するのか?
が、主体のセミナーでした。
詳細はいずれまた、述べさせて頂こうかな、って考えています。

簡単に言っちゃうと、怒りもイライラも感情の1つってこと。
その感情をどのように押さえ込むのかが、ポイントかな~?
でも逆に言うと、これって間違い無くストレスを溜め込むんじゃ
ないのかな~?って思いながら、セミナーを受けていたんですけ
どね。

土曜日は釣りに行って来たんですが、あっさりとギブアップ!
ダメだ~、まだ体力が回復してなかった。

ってな訳で、日銀の金融政策決定会合の内容を読んでいました。

金融政策決定会合の運営
(日本銀行HPより)

7月20付をご覧下さい(但しPDFですよ)。

とにかく第一印象は、「何が言いたいのか、さっぱり分らん!」
でした。

これを読み込むだけで頭痛がしてきたので、ちょこっとだけ私個
人の見解、っていうか{?}を・・・。

◎何でインフレ率は2%なの?
明確な回答がありませんでした。
何かと言えば「中長期的なマクロ的な需給ギャップ改善」の連打。
ミクロ的な需給ギャップは上下するんでしょうが、マクロ的に見た
場合は上昇基調にあるんですよ、ってなことを、何としても植え付
けたいんでしょうね。
私のような素人から見れば、ただ単純に「世界の主要国中央銀行の
インフレ率設定が2%だからじゃないの?}、って考えますよ。
だって他国の中央銀行と同レベルのインフレ率推移を実現出来るん
なら、かなり為替レートが安定する方向に向かうからなんです。
インフレ率の差が金利差になり、その金利差が為替レートに大きく
影響を及ぼしますからね。

ここからさらに細かく考えて行きますと、

①賃金増えないやん!
確かに雇用も増えているし、失業率は減少してるんですけどね、
肝心の賃金がほとんど上昇していません。
賃金が上昇しないのに、何で物価が上昇するんですう?
「中長期的なマクロ的な需給ギャップ改善」では、賃金上昇とい
うのは見込めないってことなんです。
これは各企業各々の考え方でありポリシーであって、金融政策と
は全くの別物なんじゃない?
それでも年功序列のときは、少しずつでも賃金は上昇しましたか
ら、このようなマクロ的な考え方でもコントロール出来たのでは
ないかと、思います。
しかし現在は「グローバリズム」の世界に突入しています。
個人成果主義になっています。
しかも小さい成果は評価されません。
つまり賃金が増えないんです。
賃金が増えないのに、物価が上昇することを誰が容認しますう?

②金融政策で物価上昇させれるって、本気で考えてるの?
詳細なデータを検索して、皆様にお見せする事が出来ればと思っ
たんですが、見当たりませんでした。
だから何と無くの私個人の雰囲気だけでいいますけど、世界的に
みてインフレ率って低くないです?
特に先進国って呼ばれている国々において。
以前は自分で足を運んで、同一商品において、少しでも安いとこ
ろを探して買い物したもんです。
つまり、これこそミクロ的な安価探しだったんです。
しかし現在は、日本どころか世界中からネットを使っ安価な商品
を選ぶ事が出来ます。
金融政策なんかで、この流れが止まるとは到底思えません。

③インフレ目標達成って、いつ訪れるの?
何回先延ばしにして来ましたか?、日銀は・・・。
数えてみると6回ですよ!
さすがに私のような素人でも、「ちょっと外し過ぎじゃない!}
って思っちゃいますもん。
今回は2018年から2019年に先延ばししましたが、信じる方々が
どれだけいることやら・・・。

④毎年6兆円近いETF買い入れを行って、誰が儲かるの?
こんなもん、起業と株主だけでしょ!
従業員の賃金には反映されないんですから!!!!!!
個人成果主義においては、一定の賃金上昇は存在しません。
つまりインフレを上昇させる要素を持たない考え方なんです。
先進国と呼ばれる各国がインフレ率上昇に苦しむ原因は、ここ
にあるんじゃないんですかね~?
株主は大切ですが、社員は株主なんかより遥かに上位に位置する
存在なんじゃないのかな?

企業が大切にすべきものって、
○社員
○社員の家族
○取引先
○顧客
○株主
何じゃないのかな~?

違うのかな~?

いずれにしても、金融政策ではインフレ上昇は見込めないって
判断した次第であります。

寂しいな~・・・・。

●●●追伸●●●
賃金カーブを上昇させないことは、逆にその企業の売上にすら
直結するって事が分らないんですかね~。
このことを打破するために「強み」とか言い出すんです。
私も釣り仲間なんかと一杯飲んでいて、それとなく話をするん
ですけど、自社製品を買っている人って相当少ないんじゃない
のかな(nが少な過ぎるので、強くは言えないんですが)。
企業が儲けて、その儲けた分の一部でも全社員の賃金に上乗せ
すれば、社員は自社製品を益々買うようになるでしょうしね。
社員の賃金を上昇させずに、企業のキャッシュフローのみ増や
すことを考えて、個人成果主義みたいな賃金体系を実施するか
ら、自らの首を締めていくことになっちゃってるんじゃないの
かな~?

どこかで標準化とか平準化とかの弊害も、述べて見たいと思い
ます(ちょこっと述べてたかな?)。