「義務感、責任感、使命感」、勉強も仕事も一緒やん!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日も帰宅時にスーパーに寄ってお買い物です。
店内を徘徊していると、奥様方の会話が聞こえて来ました。
「これまでテスト直前しか勉強せえへんかったAちゃんが、何でか
しらんけど、テスト前でも無いのに勉強するようになってん!」
「だからな、チョット、カマかけてみてん」
「好きな女の子でも出来たん?」
「そしたら「エッ!」ってな顔して、自分の部屋に戻って行ってし
もたんや」
「あれって絶対、自分の好きな女の子と同じ高校に入りたいんと
ちゃうかな~?」

この奥様の子供は中学生で、男子だということは直ぐに理解出来ま
すよね。
そしてこれまでテスト前しか勉強しなかった、ってことは
「嫌々」
やってたってことですよね。
しかし好きな女の子が出来たことで、この「嫌々」は消え去り、
自身に「好きな女の子と同じ高校に受かる」という、目標が出来た
ことになるんですよ。
そして目的は「デート」すること、ってな感じかな。
中学生だと、まだ「義務教育」の段階です。
この子供は「嫌々」勉強をしていたんですから、義務には
「嫌々」
という言葉が含まれることになります。
しかし好きな女の子が出現した途端、目標が出来ました。
そして「嫌々」が消えて目標が出来たんですから、これは
「責任」
ということになります。
そしてデートが目的だと仮定しても、色々な目標をクリアして
いかなければなりません。
この色々な目標をクリアするためには、色々な責任を負う必要が
あります。
これこそが
「使命」
ってもんじゃないんでしょうかね。
以上が個人的な妄想なんですが、さらに暴想すると、
「義務感から責任感へ、そして使命感へ」
ってのが、私の持論なんです。
但し義務感から責任感への変換は、
「嫌々から愛着」
への変換だと考えているんですが、責任感から使命感への変換が
今いち、ピンとこないんですよ。
ただ責任感の積み重ねが「使命感」になるだろう、とは考えてい
ますけどね。
このように暴想すると、社会人にも3つのパターンが存在すること
になります↓
①義務感で働く社会人
②責任感で働く社会人
③使命感で働く社会人

①について。
「嫌々」働くのは「生活のため」。

②について。
「周囲に迷惑をかけない」、「自身の評価のため」。

③について。
「意義」と「価値」を見出した。
つまり、「目的」が鮮明になった。

って考えると、①は「依存型」に属する社会人であり、②と③は
「自立型」に属する社会人、と言うことも出来ます。

チョット極端な例ですが↓
①の場合。
「誰か代わりにやってくれへんかな~」
「誰かもっと楽な方法を考えてくれへんかな~」
ってなるでしょう。

②の場合。
「何とかして出来る方法を見つけなアカンな」
「少し位、自身の時間を犠牲にしてもやらんとな」
ってなるんじゃない。

③の場合。
「何が何でもやる、と決めたらやる!」
「自身で最も大切な命すら捨てる覚悟でやる!」
ってなとこでしょうか。

この暴想が、
「義務感から責任感へ、そして使命感へ」
の根拠となってるんです。

個人的に子供たちにこの話をするときは、「税金」を良く使い
ます。
但し大前提として↓
国民の命を守る
国民の生活を守る
国民の土地を守る
は、最低限でも国家が行うべきことなんです。
このような国家に対して税金を払うのは、
「国民の義務」じゃなく、
「国民の責任」でもなく、
「国民の使命」なんやで、
ってことです。
しかし国民に目を向けず、企業や財政に国家が目を向けると、
「国民の義務」
に成り下がってしまうんです。
つまり「嫌々」税金を納めてる、ってこと。

こんな国民感情を植え付けちゃダメなんですけどね。

本日最初で最後の記事がこちら↓
社内失業状態の社員、特徴は「50代の一般社員」? 「仕事をしている風のまま、定年を目指している様子」という声も
(キャリコネニュース 2019.2.28 配信)

これって、その企業の社員教育の問題だと思いませんか?
新入社員のときは「義務感」から出発するのは当然でしょ。
そこから「責任感」を教育し、「使命感」にまで社員を育てる
のが企業の「教育」なんじゃないのかな?
特にこちらの文言↓
「やる気の無さや意識の薄さをどのように改善させていけばよいの
かが課題」
そのような社員に育てたのは企業側なんじゃないの?
「やる気の無さ」なんて「適材適所」で、かなり改善出来るんじゃ
ないのかな?
私は「社内失業」ってのは、企業が生み出した失業だと考えるんで
すよ。
例えばね、
「新しい仕事の変化についていけない古参社員」
って文言がありますが、この「古参社員」ってのは、ある意味で
「差別用語」にもなりかねませんよ。
企業と個人が「契約」を結んで、初めて「社員」になるんでしょ。
「契約」を結んだ以上、「古参」って言葉は使っちゃダメでしょ。

何だか日本企業も変な方向に向かいつつあるかもしれません。

●●●追伸●●●
この記事でビックリしたのが、こちらの文言↓
「「社内失業者本人の改善意識が希薄で苦悩する様子が伺えます」
と調査元と伝えている」
これって完全に「企業側」に立った考え方ですよね。
こんなことをアンケートで回答している限り、その企業は同じ社員
を生み出すことになるんです。

何でこんなことに気付かないんだろう???
posted by とんくん at 22:21Comment(0)経営

人の評価は「コミュニケーション」と「背伸び」、から?

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は、他部署も交えての会議に出席。
これがまた、とんでもなく酷い会議・・・。
さすがに内容は言えませんが、例えば、
「我が部署では・・・ということもあり、」
ってところで、他部署の方が、
「それは違う!」
発言・・・。
やってはいけないことを、2つもやってるんです↓
①横槍
②全否定

①は相手の話を中断させること。
②は、そのまんま。

かと思えば、
「我が部署では、このような事情のため・・・」
ってところで、
「それはこちらの部署でも同じで、結局我が部署でも・・・」
って発言・・・。
これもやってはいけないことを、2つやっちゃってます↓
①横槍
③横取り(すり替えも含みます)

③は、相手の話の内容を自身の内容に移し変えてしまうこと。

さらに、
「我が部署では、このような状況下にあるため、必然的にこうし
た対応を取らざるを得ない、他にありますか?」
これもやってはいけないことを、3つやってるんです↓
④尻拭い
⑤独占
⑥自己満足

④は、相手に責任を押し付けること。
⑤は、自身の内容に集中させること。
⑥は、そのまんま。

出席していて、マジで
「こいつらアホか!」
ってなっちゃいました。

セミナーとか研修で「コミュニケーション」は学んで来たはず
なんですけどね~。

「コミュニケーション」の原則は、これのみ↓
「相手の話を最後までしっかりと聞き、腹に落とすこと」
腹に落とさずして、相手の内容を「理解」することなんか不可
能なんですから。
こんなにやっちゃいけないことをやってちゃ、意見も出ないし
会議もまとまらないし、結論も出ないし・・・。
ハッキリ言って「無駄」でしかありません。
「朝まで生テレビ」の見過ぎちゃうか?

ってことで、本日最初の記事はこちら↓
100点満点の小学校のテストで102点! 学力が伸びる担任の秘策が話題
(おたくま経済新聞 2019/2/22 16:54 配信)

これは非常に面白いアイデアだと、個人的にも思います。
この記事の内容には、個人的には2つの要素があります。
⑦発想力
⑧評価

⑦について。
例えば、算数の「つるかめ算」。
2次方程式を使えば、簡単に解けちゃいます。
しかし2次方程式を使うなと言われたら、発想力が必要でしょ。
「全てが鶴だったら足の本数が多過ぎてしまうので、その多い分
を亀に割り振ればいいんだ」
ってな感じでね。
つまりね、二次方程式を使えば誰でも解けてしまうんです。
これこそが「標準化」だと思いませんか?
ってことは、「標準化」が進めば進むほど「発想力」は減退して
いくことになります。
パートさんやアルバイトならこれで結構なんでしょうけど、社員
にまで適用するのは「どうかな~?」。

⑧について。
小学生のノルマは、期間内で教えられたことを勉強し、テストに
おいて満点を取ること、ですよね。
そしてこのノルマを達成した上で、まだ習っていない漢字を覚え
て使うことで、ボーナスを貰ってるんですよね。
何が言いたいのかといいますと、この記事の小学生は自身で出来
る範囲で「背伸び」をしてる、ってこと。
この表現がいいのかどうかは分かりませんが、「背伸び」っての
は両足を大地に着けてる状態でしょ。
ただ踵が大地から離れているだけ。
つまり、今の自身で出来る精一杯のことをやる、ってことでしょ。
この評価制度は、企業も導入する余地があるんじゃないのかな?
確かに企業は成長が目的ですから、「何ヵ年計画」が存在するし、
その計画達成に向けての目標もあるでしょう。
ただね、「背伸び」して着地出来る目標なんでしょうか?
ひょっとしたら、「ジャンプ」しないと到達出来ないかもしれな
いんです。
「背伸び」だと、個人の能力が「身長」ということになりますか
ら、次の「背伸び」も考え易いんですが、「ジャンプ」となると
個人の「跳躍力」が能力ということになりますので、これを正確
に判断するには、実際に「跳躍」させるしかありません。
このやりかたには、必ず「思い込み」が発生するんです。
「もっと飛べると思ったのに・・・」
「想像以上に飛びよんな」
ってな感じで。
こんなんで社員を評価してちゃ、その企業は衰退の一途を辿るだ
けなんです。

何で例えで「つるかめ算」にしたかと言うと、
鶴=ジャンプ
亀=背伸び
っていう考え方が、ふと思い浮かんだから。

社員に「ジャンプ」を強要するより、社員に「背伸び」を要請し
た方が、結果的には企業の発展に、より繋がるような気がするん
ですけどね。

最後にこちらの記事を↓
インドで、豚インフルエンザ感染者数百人が死亡
(ParsToday 2019年02月21日20時57分 配信)

記憶が確かなら、2009年近辺で米国中心にパンデミックに近い状況
になりましたよね。
この時に初めて、「人から人」にも感染するんだ、って理解したん
です。
でもね、既にワクチンは存在しているはずだし、予防接種を受けて
いれば、死に至る病気でも無かったと思うんですよね。
これも貧富の差が生み出した結果なんじゃない?

以前の日本は、強制的に子供達に予防接種を受けさせていました。
何故なら、子供達の「命」を守るためです。
しかし現在は、「任意」になっちゃいました。
これってね、
「自身の身は自身で守れ!」
ってことでしょ。

何で、そこまでして緊縮財政をやんの?

●●●追伸●●●
借金とは「お金を借りる」ことですよね。
「お金を借りる」以上、借りる「相手」が必要でしょ。
「相手」が中国とか韓国なら大問題ですので、緊縮財政も必要悪
かと思いますが、日本政府の借金は「円建て」であり、その殆ど
は「国民」からの「借金」でしょ。
「お金は何ぼでも貸してあげるから、その代わり国民を大事にし
てね」
ってことなんじゃないの。

日本国民なんですから税金は払いますけど、その税金の使い道が
国民のためじゃ無い、ってところが問題なんじゃないのかな。

日本国民からこれまで以上に借金してもいいから、日本国民のた
めの政治をすればいいだけ、って思うんですけどね。
国民を犠牲にして、国民からの借金を縮小させる意味が、本当に
あるんでしょうか。

「財務省はアホ」
「財務省は東大卒が多い」
=「東大卒の多くはアホ」

ってなモダスポーネンスを言われても、仕方が無いんじゃない。
posted by とんくん at 22:18Comment(0)経営

現場を見直すべきじゃない?日本企業は!

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日は後輩及びパートさんたちと、昼飯を食べていました。
何だか現在のマスコミは、「とある動画」で盛り上がっているみた
いですね。
私は知らなかったので、後輩のスマホでその動画を見せて貰いまし
た。
見た印象は、
「悪質な世間知らずがやらかした動画」
ってこと。
回転すし、ファミレス、コンビニの3つを見ましたが、どれも同じ
印象でした。
間違い無く、当事者達は「店名」も「企業名」も公にされるとは、
これっぽっちも考えていなかったんだろう、と推測出来ます。
恐らくなんですが、身内だけでの「ギャグ感覚のようなもので撮影
した」、ってことなんだと思います。
まず、あの動画だけで店名とか企業名を特定したのは「誰?」、
って思いませんか?
その職場に従事している人以外、特定するのはかなり無理があるん
じゃないのかな。

そしてこれってね、かなり奥深い問題なんですよね。何故なら、
①賠償金
②人生
に関係するからなんです。

①について。
マスコミが全国記事にしちゃったから、賠償金の額は膨大になる
ことが、予想されます。
店舗内に監視カメラとか無かったんでしょうかね。
これで発見出来ていれば、賠償金額はかなり低額で済んだ可能性
が高いと思うんです。
ただ、ここまで全国記事になっちゃうと、この動画にアップされ
た企業名がガタ落ちになるのも当然となります。
ってことは、必然的に賠償額も大幅にアップしますよね。
個人や1家庭がが賠償出来る額なんでしょうか?

②について。
①があるから、当事者とその家族の人生に直結するんです。
とてつもない賠償額が請求されたら、当事者もその家族も終了に
なっちゃいます。

個人的な「偏見」であることは、十分に承知の上で申し上げたいん
ですが、
当事者に対する刑事罰は、「何十年」でもいいんです。
但し、民事訴訟における賠償金は、当事者の家族が終了するような
金額には、して欲しく無いんです。
っていうか、当事者が刑務所で働いて返済していけばいいんじゃな
いの、ってことなんです。

ここからは、得意の「妄想」に入ります。
そもそもなんですけど、こんな職場環境を生み出したのは企業なん
じゃないの?
バブル崩壊後、日本企業の経営方針を改めて思い出して下さい。
業績悪化の回復手段として、真っ先に行ったのが「労働賃金」の
見直しなんですよ。
しかも「増えない」方向への・・・。
っていうか、「低賃金化」への道を進んだんです。
つまりは「アルバイト」や「派遣社員」雇用の「増加」ってこと。
そして、何も知らないこれらの雇用者でも仕事が従事出来るように
「標準化」が進められました。
しかし、作業手順は標準化出来ますが、就労意識までは「標準化」
出来ない、ってことなんです。

アルバイトが「この企業、ええわ~!」って言ってくれてますか?
派遣社員が「この企業、ええわ~!って言ってくれてますか?

本当に「ええわ~!」って思ってるんだったら、その中から数人で
も、その企業への就職を目指す人々もいるはず・・・。
で無ければ、もっと周囲に「宣伝」して来れてるはず・・・。

これらの動画の根本原因は、「企業の経営理念」が間違った方向に
向かってしまったこと、って感じちゃうんですよね。

回転すしは、個人の熟練すし職人のお店を潰しています。
ファミレスは、個人の和食・中華・その他のお店を潰しています。
コンビニ(スーパーもね)は、さらにその街に根付いていた商店を
潰しています。
「安価」「便利」だから、って理由でね・・・。

もちろん、皆が皆じゃないことだけは、申し添えて置きます。

さらに爆想しちゃいますが、
「時給」
って概念は、限りなく「共産主義」に近いんです。
だって、
「働いても働かなくても賃金は同じ」
なんですから。
だから「社員」なり「本部」なりがしっかりと監視すべきなんです。
その上で、出来れば、
「能力時給」
にまで、発展させたいところです。

経営者の理念を疑わざるを得ません。

●●●追伸●●●
今回の動画に出て来た企業って、回転すし・ファミレス・コンビニ
ですよね。
いずれも「現場」に支えられてこその企業なんじゃないんですか?
本来であれば、「現場が儲かる経営方針」を打ち出すべき、だとね、
個人的には思ってるんです。

冗談抜きで、日本企業は「現場」を「軽視」し過ぎじゃない!

●●●追伸の追伸(なの?)●●●
最後にどうしても、こちらの記事だけ↓
韓国国会議長 日本の抗議に「謝る事案ではない」=天皇に謝罪求める発言
(聯合ニュース 2019.02.13 13:34 配信)

「天皇陛下」という「言葉」で煽りながら、落ち着く先は何とも
「安倍首相」なんですよね。
冗談抜きで、「天皇陛下」に謝罪を求めようもんなら、ごく一部の
「バカ」以外の日本人は、本当に「韓国」に見切りを付けてしまい
ます。
だから、すかさず「安倍首相」に置き換えたんでしょうね。
韓国からすれば、この問題は「未来永劫」続けたい、ってことなん
でしょう。
さらにこの発言で、「レーダー照射問題」が吹っ飛んじゃいました
からね。

「真摯(しんし)な謝罪の一言で終わる」
ふざけんなって!!!
これこそ未来永劫、
「真摯(しんし)な謝罪」
を求める、って宣言してるだけやん!!!

さらに、
「存命の被害者の手を握って謝罪したりしていれば問題の本質は
全て解消していた」
ふざけんなって!!!
全てが「自称」被害者やんけ!

韓国ってところは、「事実」に基づかないところ、ってことなんで
しょうね。
それ故に、私とは異なる「妄想国民」の集まりなんだと思います。
自分の利益、自社の利益のみを追及する。

韓国ってところを見ていると、日本企業を見ているように感じます。

posted by とんくん at 23:23Comment(0)経営