地球温暖化ってプロパガンダにしか思えないんです

釣りバカ親父です。
趣味の釣りを継続するために、ガチで投資を考えています。

本日もパートさんたちと、昼飯を食べていました。
話題はやっぱり新型肺炎なんですが、クルーズ船の食事の話題か
ら、いつのまにやら料理自慢の話に・・・。
ただ私も知っている内容ばかりだったので聞き流してたんですが、
思わず耳を傾けた内容がありました。
「野菜ジュースでカレーを作ると、メッチャ美味しいんやで」
思わず心の中で「へえ~」ってなっちゃいました。
私にはこんな発想は思い付きませんでしたし・・・。
でも確かに「理に適った」料理法とも言えそうです。
野菜ジュースのほとんどは、還元濃縮汁を使用してるんでしょう
から、野菜の旨味などは十分にあるはず。
問題は具材を煮込むのに、どうしても時間が必要になるので、そ
こで野菜ジュースにどんな影響が出てくるのか、ってこと。
私と同じ疑問を持ったほかのパートさんが、質問したんですが、
答えは簡単。
「具材なんか入れへんで」
「え~!本当にスープカレーみたいなやつなん?」
「そう、具材はトッピングで入れるんや」
これも成程、って思いました。
「ほな、どんなもんトッピングしてんの?」
「必ず入れるんは、ポテトフライと焼き豚」
「焼き豚~!?」
「これがメッチャ合うねん!ほんま食べてみ~!」
恐らくなんですが、色々と試した結果、焼き豚に落ち着いたん
でしょうね。
「ほんでな、もし作るんやったら必ず2種類以上のカレールーを
入れた方がええよ!」
ここが一番のポイントなんやろな~、って思いました。
野菜ジュースも配合も含めて色々な種類がありますし、そもそ
も1種類のカレールーだけでは、野菜ジュースで作るカレーの美味
しさが、出て来ないんでしょう。
つまり、野菜ジュースカレーの選択肢は「無限」だってことです。
私も勇気が湧いたら、チャレンジしてみようかと思います。
ってことで、本日の晩飯はレトルトカレーに焼き豚をトッピング
してみました。
まあ、普通に美味しいんですが個人的にはローストビーフの方が
合うかな、って思います。
しかし野菜ジュースカレーだと、焼き豚の方が合うのかもしれま
せん。
こういう無限の選択肢がある発想料理って、楽しいですよね。

一通りこの話題で盛り上がった後は、子供の話になりました。
「最近、ウチの子がグレタカしてしもて大変やねん」
「グレタカ?」
子供がヤンキーになったんかいな、って思いながら聞いていると
そうじゃないみたい。
「PETボトル商品はアカン!アルミ缶か紙製パックやないと」
ここで私も気付きました。
「グレたか」じゃなく「グレタ化」ってことに。
つまり子供さんが、環境問題に目覚めた!ってことでしょう。
問題は、間違った方向の環境問題に向かっているってこと。
上空の二酸化炭素濃度が上昇している、なんて研究結果も報告
されていますが、地上で発生した二酸化炭素は上昇気流にでも
乗らない限り、上空に上ることはありません。
上空の二酸化炭素濃度が上昇している原因は、航空機でしょ。
本当に地球温暖化の原因が温室ガスというんなら、電気自動車
よりも、真っ先に電気航空機を開発すべきですよ。
なによりも、現在の太陽は冬眠状態なんですからね
SpaceWeather.com
太陽の活動指標となる黒点が、ほとんど無いんですから。

さらに理解出来ないのが、
「牛などの動物のゲップには、高濃度の温室ガスが含まれる」
お花畑を通り越して、妖精が住む世界に行ってしまっているんで
しょうね。
牛肉を食べたくないんなら食べなくても構いませんが、それとね、
地球温暖化と何の関係があるんでしょうか?
世界中の牛を絶滅させるつもりなんですかね~?

さらにプラスチック排除。
そもそも原油から石油を精製する段階で出る副産物は、全て燃や
していました。
しかし、その副産物から人類はプラスチックを製造することに成
功したんです。
その結果、人類は衛生面も含めて飛躍的に環境を進歩させること
が出来ました。
元々燃やしていた副産物をプラスチックとして利用することで発
展し、そのプラスチックを利用後に燃やして処分する。
副産物の状態で燃やすのと、プラスチックにして燃やすのとでは
二酸化炭素の発生量が桁違いに異なるんでしょうかね?
プラスチックの環境問題って、単なる
「ポイ捨て」
だけなんじゃないの。

最後に低炭素社会、ってやつ。
あのね、地球上の生物は全て炭素と水素からなる分子で構成され
ているんですよ(有機と言いますよね)。
そして劇薬だけどエネルギーを大量に摂取出来る酸素を取り入れ
ることで、生物はここまで進化して来たんです。
酸素呼吸をする以上、生物が二酸化炭素を放出するのは当然。
火力発電も自動車も航空機も、原理原則から言えば同じなんです。
極端な話ですけど、地球規模の太陽光発電を考えて見て下さい。
成層圏に太陽光パネルを設置出来れば、ほぼ無限に電力供給が可
能となります。
こんな世界では電気自動車や電機航空機も飛び交っているでしょ
う。
二酸化炭素を排出するのは、生物しか存在しなくなります。
それでも生物は酸素呼吸を必要とします(嫌気性は別ね)。
二酸化炭素が少ない世界では、初めに植物が光合成出来ずに、
絶滅の危機に瀕して行きます。
ってことは、地球上の酸素濃度が減少することになります。
特にダメージが大きいのは、地上の植物よりも水中(海中)の
植物プランクトンじゃないですかね。
地球上において、もっとも酸素を供給している生物こそ、
「植物プランクトン」
なんですから。
そんな植物も太陽光が無い環境では、酸素呼吸によるエネルギー
で生命維持をしているんです。
これって、光合成により自然に産出される酸素が激減するって
ことでしょ。
確かに人類は水から酸素を産出する方法を知っていますし、実用
も可能です。
しかし人類以外の動物においては、死活問題になります。
草食動物が激減するので、必然的に肉食動物も激減します。
さらに水中(海中)では溶存酸素が薄くなりますので、魚類も
激減します。

結果、人類と家畜が生き残り、自然動植物は絶滅、なんて世界に
なっちゃうかもしれません。

環境問題と気候変動は個別の問題ですが、
「地球温暖化」
だけは、個人的に「問題」ですらないと考えています。

こんな言い方は失礼だと承知で申し上げますが、
「プロパガンダ」
としか思えません。

どこの誰かは分かりませんけどね・・・。

●●●追伸●●●
地球上に住む生物は有機生命体なんです。
つまり炭素を基礎とした生物ってことです。
炭素で成り立っている生物から、低炭素社会を構築するなんて、
「妖精世界を通り越して、魑魅魍魎世界」
に突入しているとしか思えません。

お金や利益のためなら人類は、「天」をも超える存在になろう
とするようですね。

こりゃ~、妄想というより「愚痴」の部類に入っちゃいそうで
すね。

でもせっかくですので、「グレタ化」って言葉は使わせて頂き
ます(気に入っちゃったんで)。

"地球温暖化ってプロパガンダにしか思えないんです"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: